世論調査

青少年問題に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和39年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
青少年非行に対する国民の関心を調べ,青少年問題施策の参考とする。

・調査項目
(1) 青少年の非行問題に対する関心
ア 青少年の非行原因について
イ 非行防止策について
(2) 少年法の適用年令について

・調査対象
(1) 母集団 全国の30才以上の者
(2) 標本数 3,000人
(3) 抽出方法 層別二段無作為抽出

・調査時期 昭和40年2月26日〜昭和40年3月2日

・調査方法 調査員による個別面接

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 2,494人(83.1%)
(2) 調査不能数(率) 506人(16.9%)
 
−欠票内訳−
転居 89 長期不在 85 一時不在 175
住所不明 66 拒否 46 その他 45



調査票

Q1 あなたのお子さんで,19才までのお子さんはいますか,何人ですか,今家にいない方も含めて下さい。
 
(34.3)   0人 →Q10へ
(18.6)   1人
(27.1)   2人
(14.0)   3人
(6.1)   4人以上



Q2 お子さんは何才と何才ですか……学校ですか,職業についていますか……学校は何年生ですか。(M.A.)
 
(20.7)   0〜6才(学令前) →Q10へ
(18.9)   6〜9才(小1〜小3) →Q3へ
(21.6)   9才〜12才(小4〜小6) →Q3へ
(26.2)   12〜15才(中1〜中3) →Q3へ
(21.0)   15〜18才(高1〜高3) →Q3へ
(7.7)   15〜19才(有職) →Q3へ
(1.8)   15〜19才(家事手伝い) →Q3へ
(1.6)   18〜19才(大学生) →Q3へ



〔Q3からQ9までは小学1年生から19才までの子供を持つ親にきく〕
Q3 お子さんについて,あなたが一番気にしているのはどんなことですか。
(N=1,404)
 
(21.2)   勉強(成績,進学受験)
(20.9)   健康
(6.0)   就職,家業をつぐ問題,結婚
(12.0)   悪の道に走らぬこと
(5.1)   交友関係
(5.4)   しつけ
(5.3)   子供の性格
(1.8)   その他( )
(22.2)   ない・わからない



Q4 あなたは,お子さんに将来どんな人間になつてほしいと思っていますか。(M.A.)
(N=1,404)
 
(32.5)   他人に迷惑をかけない人,他人に嫌われない人
(16.4)   健康な人
(19.4)   普通の人
(29.3)   やさしい人,まじめな人,すなおな人
(8.3)   親孝行な人
(19.9)   責任感が強い人,独立心が強い人
(4.3)   出世すること,人の上に立つ人
(5.1)   その他( )
(6.8)   ない・わからない



Q5 いま考えてみて,あなたのご両親の「しつけ」でよかつたと思うのはどんな点ですか。(M.A.)
(N=1,404)
 
(10.8)   自主性や責任感を重んじた
(21.3)   しつけが厳しかつた
(9.5)   子供を信頼した
(8.4)   親としての威厳があつた
(10.9)   子供を理解した,民主的だつた
(5.8)   その他( )
(42.3)   とくにない,わからない



Q6 あなたは,お子さんの考え方や行ないに,ついて行けないという気持を持つていますか,そういう気持はもつていませんか。
(N=1,404)
 
(15.1)   ついて行けない
(75.3)   そういう気持はもつてない
(9.6)   わからない



Q7 お子さんにどういうしつけをしたらよいかわからなくて困ることがよくありますか,そういうことはありませんか。
(N=1,404)
 
(21.4)   わからなくて困る
(70.8)   そういうことはない
(7.8)   わからない



Q8 あなたは,お子さんが悪い友だちとつき合つたり悪い遊びをおぼえはしないかと心配することがありますか,そういうことは気にしたことがありませんか。
(N=1,404)
 
(48.0)   心配することがある
(48.4)   気にしたことはない
(3.6)   わからない



Q9 お子さんがいくつぐらいになつたら,不良化しないように気をつけなければならないと思いますか。
(N=1,404)
 
(2.6)   学校にあがる前から
(3.5)   6〜9才(小学校1〜3年)
(9.6)   9〜12才(小学校4〜6年)
(53.7)   12〜15才(中学生)
(19.7)   15〜18才(高校生)
(4.1)   18才以上
(6.8)   わからない



〔全員に〕
Q10 ところであなたは,青少年の犯罪や非行は最近ふえていると思いますか,ふえてはいないと思いますか。
 
(81.5)   ふえている →SQへ
(8.7)   ふえていない →Q11へ
(9.8)   わからない →Q11へ



SQ テレビや新聞などをみてそう思うのですか,身近なことでそう感じるのですか。
 
(64.8)   テレビや新聞
(7.5)   身近なこと
(8.2)   両方
(1.0)   わからない



Q11 非行少年は,大人になればたいていは犯罪者になると思いますか,そういうことはないと思いますか。
 
(10.1)   たいていは犯罪者になる
(30.2)   一部は犯罪者になる
(46.6)   そういうことはない
(13.0)   わからない



Q12 あなたは街で不良少年をみかけることがありますか。
 
(33.9)   ある →SQへ
(66.1)   ない →Q13へ



SQ そういう人をみて,どういう感じを受けますか。(O.A.)
(N=846)
 
(35.1)   不愉快だ(こわい,反感を覚える)
(12.6)   家庭(親)のしつけが悪い
(3.7)   取締りを強化すべきだ
(11.5)   自分の子供にはあゝなつてほしくない(子供が仲間入りせぬかと心配だ)
(3.4)   親の気持を察すると気の毒だ
(16.0)   同情する(可愛そうだ,更生させてやりたい)
(10.0)   その他
(7.7)   何も感じない。無回答



Q13 青少年の非行問題は重大な問題だと思いますか。
 
(91.7)   重大な問題 →SQ1へ
(2.9)   そうは思わない →Q14へ
(5.4)   わからない →Q14へ



SQ1 国や市町村が対策を考えなければならない問題だと思いますか,そういう問題ではないと思いますか。
 
(72.8)   国や市町村
(12.8)   そういう問題ではない
(6.0)   わからない



SQ2 実際問題として,あなたご自身,本当に困つたことだと感じていらつしやいますか,それほどには思いませんか。
 
(49.0)   本当に困つたことだ
(38.5)   それほどには思わない
(4.1)   わからない



Q14 あなたは,近ごろの家庭をごらんになつて,子供のしつけに力を入れていない家庭が多いと思いますか,そういうことはないと思いますか。
 
(23.3)   力を入れていない家庭が多い →SQへ
(49.5)   そういうことはない →Q15へ
(17.6)   一概にいえない →Q15へ
(9.6)   わからない →Q15へ



SQ そういうことが,非行少年がふえる大きな原因になつていると思いますか,そうは思いませんか。
 
(18.8)   大きな原因になつている
(3.7)   そうは思わない
(0.7)   わからない



Q15 あなたは,近ごろの小学校や中学校では,児童や生徒の人間教育に力を入れていると思いますか,力を入れていないと思いますか。
 
(43.1)   力を入れている →Q16へ
(21.7)   力を入れていない →SQへ
(15.3)   一概にいえない →Q16へ
(19.9)   わからない →Q16へ



SQ そういうことが,非行少年がふえる大きな原因になつていると思いますか,そうは思いませんか。
 
(14.7)   大きな原因になつている
(5.7)   そうは思わない
(1.4)   わからない



Q16 あなたは,近ごろの社会環境や社会の風潮は青少年の人間教育という点からみて好ましい状態だと思いますか,好ましくない状態だと思いますか。
 
(5.6)   好ましい →Q17へ
(53.2)   好ましくない →SQへ
(23.6)   一概にいえない →Q17へ
(17.6)   わからない →Q17へ



SQ そういう状態が,非行少年がふえる大きな原因になつていると思いますか,そうは思いませんか。
 
(45.8)   大きな原因になつている
(5.1)   そうは思わない
(2.4)   わからない



Q17 あなたは,職業についている青少年と,学校へ行つている青少年とでは,どちらの方に非行をおかす危険が多いと思いますか。
 
(19.4)   職業についている青少年
(21.2)   学校へ行つている青少年
(43.6)   一概にいえない
(15.7)   わからない



Q18 (回答票1)この中で,青少年の非行化のおもな原因と思うものを1つか2つおつしやつて下さい。(M.A.)
 
(17.2)   本人の素質
(35.0)   家庭
(2.0)   学校
(32.8)   友だち
(31.3)   周囲の環境
(28.1)   映画,雑誌,テレビ
(10.4)   社会風潮
(5.8)   ない・わからない



Q19 (回答票2)この中で,青少年の不良化にもつとも影響するのはどれだと思いますか。
 
(7.5)   片親または両親がいない
(10.4)   親が留守がちである
(4.4)   家庭が貧しい
(32.3)   家庭の不和
(6.7)   親が子供を甘やかしている
(18.9)   親が子供を放任している
(7.0)   親が子供を理解できない
(12.9)   ない・わからない



Q20 職業についている青少年が非行化する原因としてはどんなことが大きいと思いますか。(O.A.)
 
(11.4)   悪友に誘惑される
(10.1)   職場(仕事)の不満,雇い主の無理解
(7.7)   家庭教育が悪い
(3.7)   同僚や上役が悪い遊びを教える
(8.9)   周囲の環境,社会環境が悪い
(3.4)   大人のみにくさを早く知る。酒,タバコ等を覚える
(3.8)   お金とひまが自由になる
(1.6)   親の目が届かなくなる
(1.5)   学校に行つている子に対し劣等感を感じる
(3.2)   本人の素質による
(5.3)   その他(金がないため欲求不満になる,将来の見通しがつかない 等)
(39.3)   意見なし



Q21 (回答票3)この中で,どういうことをしているかあなたが知つているものがあればあげて下さい。(M.A.)
 
(51.4)   少年院
(44.1)   少年鑑別所
(24.1)   少年補導センター
(43.2)   児童相談所
(18.7)   児童委員
(8.4)   教護院
(10.4)   少年教育センター
(28.5)   知つているものはない



Q22 (回答票4)あなたが,青少年の非行防止のために,国や県や市町村に一番やつてほしいと思うのはどれですか,この中から1つだけおつしやつて下さい。
 
(23.4)   青少年保護条例などを作つて,青少年に有害な興業・営業・出版などの取締りを強化する
(23.5)   児童相談所を充実して,一般家庭のしつけや非行問題の相談に応じる
(31.8)   遊び場や図書館その他青少年の健全育成のための施設を充実する
(7.0)   警察官による青少年の街頭補導を強化する
(1.0)   その他( )
(13.3)   ない・わからない



Q23 職業についている青少年の非行化を防ぐためには,国や県や市町村がどんなことをやるべきだと思いますか。(O.A.)



Q24 一般に,非行少年に対する処分は軽すぎると思いますか,そうは思いませんか。
 
(38.9)   軽すぎる
(21.7)   そうは思わない
(23.2)   一概にいえない
(16.1)   わからない



Q25 大人と同じ犯罪をやれば,少年も大人と同じ処分にすべきだと思いますか,それとも少年は大人と違つた扱い方をすべきだと思いますか。
 
(22.9)   同じ処分にすべきだ
(49.7)   違つた扱い方をすべきだ
(19.6)   一概にいえない
(7.8)   わからない



Q26 あなたは少年法という法律があることをご存じですか。
 
(53.4)   知つている →SQへ
(46.6)   知らない →Q27へ



SQ 少年法では何才未満を少年として扱うことになつていると思いますか。
 
(0.5)   14才未満
(1.2)   15才未満
(1.9)   16才未満
(1.2)   17才未満
(20.7)   18才未満
(2.6)   19才未満
(21.0)   20才未満
(0.1)   23才未満
(0.0)   25才未満
(4.0)   知らない



Q27 少年法で少年として扱う年令を引き下げるべきかどうかが論議されているのをあなたは知つていますか。
 
(28.9)   知つている
(71.1)   知らない



Q28 (回答票5)いまでは20才未満を少年として扱い,少年が非行や犯罪を犯した場合は,保護を重視した処分をすることになつています。少年法で何才までを少年として扱つたらよいかについて,あなたのお気持に近いものをこの中で1つえらんで下さい。
 
(31.4)   20才未満を少年とし,それ以上は大人として扱うのがよい(現状どおり)
(49.2)   18才未満を少年とし,それ以上は大人として扱うのがよい(年令引下げ)
(0.8)   23才未満を少年とし,それ以上は大人として扱うのがよい(年令引上げ)
(6.9)   18才未満を少年とし,23才以上を大人として扱い,18才から22才の間は少年と大人の中間の扱い方がよい(三段階に分ける)
(11.8)   わからない



<フエース・シート>
F1 〔性別〕
 
(44.6)  
(55.4)  



F2 〔年令〕 あなたのお年は満でおいくつですか。
 
(32.8)   30代
(26.9)   40代
(21.0)   50代
(19.4)   60才以上



F3 〔職業〕 あなたのお仕事は何ですか。
 
(13.2)   自営 農林漁業 →F4へ
(11.3)   自営 商工サービス,その他 →F4へ
(7.8)   家族従業 農林漁業 →F4へ
(4.3)   家族従業 商工サービス,その他 →F4へ
(2.4)   被傭者 管理職 →F4へ
(10.1)   被傭者 専門技術職・事務職 →F4へ
(11.7)   被傭者 労務職 →F4へ
(30.5)   無職 主婦 →SQへ
(8.7)   無職 その他 →SQへ



SQ 世帯主の方のお仕事は何ですか。
(N=977)
 
(16.7)   農林漁業
(15.0)   商工サービスその他
(5.1)   管理職
(30.1)   専門技術職・事務職
(20.6)   労務職
(12.5)   無職



F4 〔学歴〕 あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退も含む)
 
(6.5)   大学・短大卒(旧高専)
(28.6)   高卒(旧中・女学校)
(45.9)   中卒(旧高小)
(19.0)   小卒以下
(0.0)   不明



F5 〔生活程度〕(調査員判断)
 
(2.0)  
(16.9)   中上
(57.5)  
(20.4)   中下
(3.3)  



F6 〔地区別〕(調査員判断)
 
(38.9)   農林業地区
(2.6)   漁業地区
(4.3)   工鉱業地区
(14.2)   商業地区
(37.7)   住宅地区
(1.5)   その他( )
(0.9)   判断できない



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)