世論調査

税務職員の応接態度等に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和38年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
(1)税務職員の応接態度に対する納税者の意見を調査して,応接態度改善の参考とする。
(2)「税の相談日」,「共同納税相談」の周知率等を調査し,施策の参考とする。

・調査項目
(1) 税務署および税務職員に対する一般的評価(親近感等)
(2) 税務署における職員の応接態度に対する評価
(3) 納税者宅での職員の調査態度に対する評価
(4) 「税の相談日」の周知率とその媒体
(5) 「共同納税相談」の周知率とその評価
(6) 税務署,税務職員に対する不満,要望

・調査対象
(1) 母集団東京都区部,大阪市,名古屋市,札幌市,仙台市,新潟市,金沢市,広島市,高松市,福岡市,熊本市の従業員50人未満の中小企業の経営主
(2) 標本数2,843人 (重みづき)〔重みなしで6,000〕
(3) 抽出方法層化副次無作為抽出法(重みづき) 東京都区部と大阪市は1/3,名古屋市は1/2の重みをつけた。

・調査時期 昭和39年2月25日〜昭和39年3月2日

・調査方法 調査員による訪問面接聴取

・調査実施委託機関 社団法人 中央調査社

・回収結果
(1) 有効回収数(率)
重みづき 2,206人(77.6%)
重みなし 4,532人(75.5%)
(2) 調査不能数(率) 637人(22.4%)
 
−欠票内訳−
転居 82 長期不在 64 一時不在 101
住所不明 122 拒否 136 不適格,転業 120
その他 12
計637



調査票

Q1 近ごろの税務署は,だいぶ近づきやすくなつたと思いますか,まだまだそうは言えないと思いますか。
 
(48.8)   近づきやすくなつた →Q2へ
(51.2)   まだまだそうは言えない・不明 →SQへ



SQ 5,6年前と比べてどうでしようか……近づきやすくなつたと思いますか,そうでもありませんか。
 
(22.2)   近づきやすくなつた
(14.5)   そうでもない
(14.5)   不明



Q2 税務署の職員は,県(都道府)庁や市(区)役所などの一般公務員とくらべて,いばつているとか横柄(おおへい)だと思いますか,そうは思いませんか。
 
(21.9)   いばつている・横柄だ
(66.0)   そうは思わない
(12.2)   不明



Q3 税務署の職員は,納税者の利益になることを親身になつて考えてくれると思いますか,そうは思いませんか。
 
(20.4)   考えてくれる
(55.6)   そうは思わない
(24.1)   不明



Q4 あなたは税務署へは気軽に行けますか,それとも,税務署へ行くとなると重苦しい感じがしますか。
 
(29.0)   気軽に行ける
(45.2)   重苦しい感じがする
(25.8)   不明(別になんとも感じない)



Q5 あなたは,この1年間に,税務署へ行つたことがありますか。
 
(63.8)   ある →SQへ
(36.2)   ない →Q12へ



SQ 何回ぐらい行きましたか。
 
(23.4)   1回
(28.3)   2〜3回
(6.2)   4〜5回
(5.5)   6回以上
(0.4)   不明



Q6 税務署員の応対の仕方(客扱い)はどうでしたか,感じがよかつたでしようか,あまりよくなかつたでしようか。
(N=2,892)
 
(84.9)   よかつた(普通)
(15.1)   あまりよくなかつた(よくなかつたこともある)



Q7 (回答票G)税務署へはどんな用件で行つたのですか。この中ではどれでしようか。 (2つ以上答えた場合は,下記の順位で回答を優先させて1つだけにした)
(N=2,892)
 
(15.7) 法人税・所得税の,税額の高い安いについての交渉(相談)に行つた →Q8へ
(2.5) その他の税金の,税額の高い安いについての交渉(相談)に行つた →Q8へ
(8.1) その他のことで交渉に行つた →Q8へ
(49.3)   法人税,所得税の申告に行つた →SQ1へ
(14.3)   税金のことで問い合わせや相談に行つた →SQ2へ
(10.2)   その他の用件で行つたおよび用件不明 →Q12へ



SQ1 税務署では,お宅の申告通り簡単に認めてくれましたか,なかなか認めてくれませんでしたか。
(N=2,892)
 
(16.2)   なかなか認めてくれなかつた →Q8へ
(33.1)   簡単に認めてくれた・不明 →Q12へ



SQ2 問い合わせや相談に行つたとき,係の人は親切に相談にのつてくれましたか。
(N=413)
 
(86.4)   相談にのつてくれた
(10.7)   相談にのつてくれなかつた
(2.9)   不明



SQ3 あなたが問い合わせに行つたり,相談したことについては,十分納得のいくように話してくれましたか。
(N=413)
 
(82.3)   納得いくように話してくれた →Q12へ
(13.8)   納得いくように話してくれなかつた →Q12へ
(3.9)   不明 →Q12へ




Q8 あなたが税金のことで交渉したとき,係の人は,あなたの言い分を頭から信用しないような態度でしたか,一応はまじめに聞いてくれましたか。
(N=1,227)
 
(20.9)   信用しない態度
(73.3)   まじめに聞いてくれた
(5.7)   不明



Q9 そのとき,税務署の係の人は,法律や規則をわかりやすく説明しながら話してくれましたか,それとも十分に説明しないで,頭から「そう決つているのだから」というような話し方でしたか。
(N=1,227)
 
(57.5)   わかり易く説明しながら話してくれた
(35.4)   十分に説明しなかつた
(7.1)   不明



Q10 あなたが税務署の人と交渉した用件については,だいたい満足のいく結果が得られましたか,そうでもありませんでしたか。
(N=1,227)
 
(52.6)   だいたい満足 →Q12へ
(43.2)   満足できなかつた
(4.2)   不明 →Q12へ



Q11 交渉の結果は別として,係の人は,あなたのいい分を一応はわかつてくれましたか,それとも全然わかつてくれませんでしたか。
(N=1,227)
 
(9.9)   わかつてくれた
(24.0)   少しはわかつてくれた
(8.4)   わかつてくれなかつた
(0.9)   不明



Q12 この1年間に,お宅へ税務署の職員がやつて来たことがありますか。
 
(50.8)   ある →SQへ
(49.2)   ない →Q14へ



SQ 調査に来たのですか,ほかの用で来たのですか。……何の用で来たのですか。(M.A.)
 
(44.2)   調査
(1.3)   指導 →Q14へ
(4.9)   徴収関係 →Q14へ
(1.3)   その他 →Q14へ
(0.5)   不明 →Q14へ
  (M.T.=52.2)



Q13 調査のやり方は,一方的で信頼できないやり方でしたか,それともあなたの言うことも聞いてくれて信頼できるようなやり方でしたか。
(N=2,003)
 
(13.8)   信頼できないやり方
(52.7)   信頼できるやり方
(33.5)   一概にいえない(不明)



Q14 話は変わりますが,税務署では毎月3回,「5」の日(5日,15日,25日)を「税の相談日」として,納税者の相談に応じていますが…… あなたは「税の相談日」というものがあることはご存じでしたか。
 
(41.6)   知つていた →SQへ
(58.4)   知らなかつた



SQ (回答票H)何でお知りになりましたか,この中ではどれとどれでしようか。(M.A.)
 
(23.9)   税務署・県・市役所からの文書(申告書,パンフレツト,広報誌など)に書いてあつた・見た
(6.9)   ポスターで見た
(3.1)   知人・友人から聞いた
(4.6)   税務署・県・市役所の職員から聞いた
(2.2)   業界新聞・組合新聞で見た
(3.9)   (一般の)新聞で見た
(2.4)   ラジオ,テレビで聞いた.見た
(2.1)   その他
(1.2)   おぼえていない
  (M.T.=50.3)



個人組織の者→Q15へ
法人組織の者→Q16へ



(個人組織の者に)
Q15 ところで,所得税の確定申告の期間中に「共同納税相談」の会場をもうけて,所得税,事業税,住民税などの申告手続きが同じ場所で同時に済むようになつていますが,ご存じですか。
(N=3,193)
 
(47.5)   知つている →SQ1へ
(52.5)   知らない →Q16へ



SQ1 納税者にとつて非常に便利になつたと思いますか,それほどには思いませんか。
(N=1,517)
 
(74.3)   非常に便利になつた
(15.8)   それほどには思わない
(1.8)   一概には云えない
(8.1)   不明・意見なし



SQ2 「共同納税相談」について,もつと改善した方がよいと思われることがありますか,……どんなことでしようか。(O.A.)
(N=3,193)
 
(4.4)   ある( )
(43.1)   ない



Q16 今までおうかがいしたことのほかに,税務署や,税務署の職員に対する不満やご意見はありませんか,……どんなことでも結構ですが……。(O.A.)
 
(23.7)   ある
(76.3)   ない



Q17 ところで,お宅の一番最近の{法人税,所得税}の確定申告は,お宅の申告どおり,税務署で認めてくれましたか,それとも修正申告を出すとか,更正処分や決定処分を受けましたか。
 
(63.4)   こちらの申請通り
(12.5)   修正申告を出した
(4.6)   更正処分を受けた
(1.6)   決定処分を受けた
(8.3)   まだ結果がわからない
(9.6)   申告しない
(-)   不明



<フエイス・シート>
F1 〔業種〕 お宅のお仕事はどんなことですか。
 
(23.5)   製造業
(8.2)   卸売業
(41.3)   小売業
(19.2)   サービス業(修理業を含む)
(7.7)   その他
(0.0)   不明



F2 〔対象者の経営内における地位〕
 
(88.0)   経営主
(12.0)   その他( )
(-)   不明



F3 〔年令〕 お年は満でおいくつですか。
 
(6.6)   20〜29才
(22.3)   30〜39才
(28.9)   40〜49才
(26.5)   50〜59才
(15.7)   60才以上
(0.1)   不明



F4 〔学歴〕 学校はどこまでいらつしやいましたか。
 
(15.4)   旧高専・大・新大卒
(33.0)   旧中・新高卒
(39.6)   高小・新中卒
(11.5)   小卒
(0.5)   不明



F5 〔納税貯蓄組合の加入の有無〕 お宅は納税貯蓄組合にはいつていますか。
 
(32.1)   加入している
(67.9)   加入していない



F6 〔役職経験の有無〕 あなたは組合の役員やその他の役員を何かやつていますか。……これまで,やつたことがありますか。どんな役ですか。(M.A.)
 
(3.2)   納税貯蓄組合の役員
(20.1)   その他の組合の役員
(7.3)   その他の役職( )
(72.2)   役職経験なし
  (M.T.=102.8)



F7 〔産業分類別〕(対象者名簿の対象事業所の産業分類記号を転記)
 
(0.1)   鉱業
(3.9)   建設業
(23.0)   製造業
(50.4)   卸売小売業
(1.0)   金融保険業
(2.2)   不動産業
(1.0)   運輸通信業
(0.0)   電気・ガス・水道業
(18.0)   サービス業
(0.3)   不明



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)