世論調査

中小企業施策に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和38年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
中小企業施策に関して,中小企業者の知識や要望を調査し,施策の参考とする。

・調査項目
(1) 中小企業基本法に対する関心
(2) 中小企業者のための諸制度についての知識と利用の有無
ア 診断制度,研修制度等について
イ 金融機関,貸し付け制度について
ウ 組織制度について
(3) 経営の見通しと経営改善の方向
(4) 政府に対する要望
(5) ラジオ放送「これからの中小企業」の利用率
(6) 後継者について

・調査対象
(1) 母集団東京都区部,大阪市,名古屋市,札幌市,仙台市,新潟市,金沢市,広島市,高松市,福岡市,熊本市の従業員50人未満の中小企業の経営主
(2) 標本数2,843人 (重みづき)〔重みなしで6,000〕
(3) 抽出方法層化副次無作為抽出法(重みづき)

・調査時期 昭和39年2月25日〜昭和39年3月2日

・調査方法 調査員による訪問面接聴取

・調査実施委託機関 社団法人 中央調査社

・回収結果
(1) 有効回収数(率)
重みづき 2,206人(77.6%)
重みなし 4,532人(75.5%)
(2) 調査不能数(率) 637人(22.4%)
 
−欠票内訳−
転居 82 長期不在 64 一時不在 101
住所不明 122 拒否 136 不適格,転業 120
その他 12
計637



調査票

中小企業施策について

Q1 まず,政府の中小企業に対する政策についてお聞きしたいと思います。 去年の7月に「中小企業基本法」という法律が出来ましたが… あなたは「中小企業基本法」という法律が出来たことはご存じでしたか。
 
(42.2)   知つていた →SQへ
(57.8)   知らなかつた →Q2へ



SQ あなたは,この法律が政府施策の中で「今後どのように生かされるか」ということに関心を持つていらつしやいますか,あまり関心がありませんか。
 
(18.0)   関心を持つている
(24.2)   あまり関心がない・不明



Q2 (回答票A)ここに中小企業のためのいろいろな制度が書いてありますが,この中であなたがご存じのものはどれでしようか。(M.A.)
 
(25.3)   中小企業診断制度
(12.6)   中小企業経営管理者研修制度
(13.7)   中小企業技術者研修制度
(21.9)   経営指導員
(33.1)   信用保証協会
(29.1)   中小企業退職金共済制度
(46.4)   どれも知らない →Q4へ
  (M.T.=182.1)



Q3 (回答票A)その中で,現在あなたが利用していらつしやるものや,これまでに利用したことのあるものがありましたらおつしやつて下さい。(M.A.)
 
(4.1)   中小企業診断制度
(0.8)   中小企業経営管理者研修制度
(1.5)   中小企業技術者研修制度
(1.7)   経営指導員
(9.4)   信用保証協会
(3.2)   中小企業退職金共済制度
(37.2)   どれも利用したことがない



Q4 (回答票B)中小企業に対する国の金融機関として,こういうものがありますが,あなたはこの中ではどれとどれをご存じですか。(M.A.)
 
(59.9)   中小企業金融公庫
(54.9)   商工組合中央金庫
(79.0)   国民金融公庫
(13.8)   どれも知らない
  (M.T.=207.6)



Q5 (回答票C)中小企業の近代化をはかるために,このような資金の貸付制度がありますが,あなたがご存じのものがありましたらおつしやつて下さい。(M.A.)
 
(33.1)   設備近代化資金
(13.3)   工場集団化資金
(10.4)   卸商業集団化資金
(16.1)   共同施設資金
(14.5)   企業共同資金
(19.5)   小売商業店舗共同化資金
(20.1)   商店街近代化資金
(49.2)   どれも知らない →Q7へ
  (M.T.=176.2)



Q6 (回答票C)その中にあなたが現在借りていらつしやるものや,これからぜひ借りたいと思つていらつしやるものがありますか。…どれですか。(M.A.)
 
(9.8)   設備近代化資金
(0.6)   工場集団化資金
(0.5)   卸商業集団化資金
(1.1)   共同施設資金
(0.5)   企業合同資金
(2.3)   小売商業店舗共同化資金
(1.6)   商店街近代化資金
(36.8)   ない



Q7 (回答票D)中小企業の人が,協同して事業を行なうための組織制度として,このような組合がありますが,あなたがご存じのものはどれでしようか。(M.A.)
 
(41.3)   事業協同組合
(13.3)   事業協同小組合
(26.7)   火災共済協同組合
(24.7)   信用協同組合
(23.3)   企業組合
(38.4)   商工組合
(27.0)   商店街振興組合
(18.4)   酒造組合・酒販組合
(24.6)   環境衛生同業組合
(54.2)   商工会議所
(17.7)   どれも知らない →Q9へ
  (M.T.=309.6)



Q8 (回答票D)あなたが,はいつていらつしやるのはどれですか。(M.A.)
 
(16.7)   事業協同組合
(2.8)   事業協同小組合
(9.8)   火災共済協同組合
(1.7)   信用協同組合
(2.7)   企業組合
(6.9)   商工組合
(5.8)   商店街振興組合
(1.6)   酒造組合・酒販組合
(7.2)   環境衛生同業組合
(5.6)   商工会議所
(37.4)   はいつていない



Q9 ところで,これからのお宅の経営は,楽になると思いますか,苦しくなると思いますか,あまり変わらないと思いますか。

(1)ここ1年ぐらいの見通しとしてはどうでしようか。
 
(8.1)   楽になる
(35.8)   苦しくなる
(48.5)   (あまり)変わらない
(7.6)   わからない



(2)4,5年先の見通しとしてはどうでしようか。
 
(11.8)   楽になる
(27.6)   苦しくなる
(27.9)   (あまり)変わらない
(32.6)   わからない



Q10 (回答票E)あなたは今,ここに書いてあるようなことを何か考えていらつしやいますか。…どれですか。…このほかに何か経営改善のために考えていらつしやることがありますか。(M.A.)
 
(44.0)   店舗・工場の修繕,改装,改築をする
(22.3)   近代的な機械や設備をとり入れる
(15.8)   技術の研究に力を入れる,有能な技術者を養成する
(19.2)   近代的な経営管理方法をとり入れる
(15.3)   企業規模(経営規模)を大きくする
(5.2)   事業の一部を共同で行なう
(5.1)   合併して共同経営にする
(3.4)   同業者が1ヵ所に集まつて,店または工場の団地を作る
(4.0)   今の事業をやめて,ほかの事業を始める
(24.8)   (労働力を確保するために)従業員の待遇を良くする
(1.0)   その他
(30.5)   別に考えていない
  (M.T.=190.6)



Q11 お宅では,どのお子さんがあなたの仕事をつぐか,決まつていますか。
 
(25.5)   決まつている(現に従事している) →SQ1へ
(74.5)   まだ決まつていない(子供がいない) →SQ2へ



SQ1 お子さんは喜んであなたの仕事をついでくれると思いますか。
 
(14.9)   喜んで →Q12へ
(4.6)   そうではない →Q12へ
(6.0)   わからない →Q12へ



SQ2 あなたは将来,お子さんにあなたの仕事をつがせたいと思つていますか,つがせたくないと思つていますか,どちらでもよいと思つていますか。
 
(11.8)   つがせたい(多分つぐと思う)
(18.6)   つがせたくない(多分つがないと思う)
(29.3)   どちらでもよい(本人しだい)
(14.8)   不明



Q12 (回答票F)中小企業対策として,あなたが特に強く望むことをこの中から言つて下さい。…このほかに何かありますか。(M.A.)
 
(48.0)   低利資金の貸付
(13.0)   経営改善のための指導・助言
(9.5)   中小企業者の組織制度の改善・充実
(23.0)   過度の競争を防ぐための措置をとる
(16.2)   中小企業の分野に大企業が進出するのを抑える
(11.2)   大企業が無理な取引条件を押しつけないよう保護する
(28.6)   中小企業の労働力を確保しやすくする
(62.9)   中小企業者に対する減税
(2.1)   その他
(15.0)   ない
  (M.T.=229.5)



Q13 ○○放送で○曜日の午後○時から15分間「これからの中小企業」という番組を放送していますが,ご存じですか。
 
(20.0)   知つている →SQへ
(80.1)   知らない →Q14へ



SQ 今年になつてから,この番組をお聞きになりましたか。
 
(12.5)   聞いた
(7.5)   聞かない



Q14 あなたは,新聞,雑誌,テレビなどで中小企業に関係の深い記事や番組がある時には,気をつけて見るようにしていらつしやいますか,特に気をつけて見るということはありませんか。
 
(34.4)   気をつけて見るようにしている
(60.1)   特に気をつけては見ない
(5.5)   不明



<フエイス・シート>
F1 〔業種〕 お宅のお仕事はどんなことですか。
 
(23.5)   製造業
(8.2)   卸売業
(41.3)   小売業
(19.2)   サービス業(修理業を含む)
(7.7)   その他
(0.0)   不明



F2 〔対象者の経営内における地位〕
 
(88.0)   経営主
(12.0)   その他( )



F3 〔年令〕 お年は満でおいくつですか。
 
(6.6)   20〜29才
(22.3)   30〜39才
(28.9)   40〜49才
(26.5)   50〜59才
(15.7)   60才以上



F4 〔学歴〕 学校はどこまでいらつしやいましたか。
 
(15.4)   旧高専・大・新大卒
(33.0)   旧中・新高卒
(39.6)   高小・新中卒
(11.5)   小卒
(0.5)   不明



F5 〔役職経験の有無〕 あなたは組合の役員やその他の役員を何かやつていますか。……これまで,やつたことがありますか。どんな役ですか。(M.A.)
 
(3.2)   納税貯蓄組合の役員
(20.1)   その他の組合の役員
(7.3)   その他の役職( )
(72.2)   役職経験なし



F6 〔産業分類別〕(対象者名簿の対象事業所の産業分類記号を転記)
 
(0.1)   鉱業
(3.9)   建設業
(23.0)   製造業
(50.4)   卸売小売業
(1.0)   金融保険業
(2.2)   不動産業
(1.0)   運輸通信業
(0.0)   電気・ガス・水道業
(18.0)   サービス業
(0.3)   不明



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)