世論調査

放射能に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和37年度調査インデックスへ




調査の概要
・調査目的
この調査は国民一般の放射能に対する知識と関心を調査して,今後の行政施策の参考にするためである。
 
・調査項目
 
(1) 放射能一般についての知識と関心
(2) 放射性降下物についての知識と関心
(3) 放射能対策についての知識と関心
 
・調査対象
 
(1) 母集団20才以上の男女
(2) 標本数3000
(3) 抽出方法層化副次無作為抽出法
 
・調査時期
 
昭和37年7月3日〜昭和37年7月8日
 
・調査方法
 
質問票による個別面接調査
 
・調査機関
 
社団法人 中央調査社
 
・回収結果
 
(1) 有効回収数(率)2547人(85%)
(2) 調査不能数(率)453人(15%)
   −欠票内訳−
転居107  長期不在65  一時不在134
住所不明(該当者見当らず)63  拒否42  病気10
その他32
計453


調査票

Q1あなたは「放射能」という言葉を聞いたことがありますか
        (96)ある
        (4)ない→F1へ



〔以下「放射能という言葉を聞いたことがない」ものは質問から除外した〕
Q2 「放射能がある」とか「放射線を出す」とかいわれるものには,核爆発によってできる灰やチリ以外にもいろいろあるのですが,そういうことはご存じでしたか。
        (43)知っていた→Q3へ
        (53)知らなかった→Q4へ



Q3どんなものがあるか,おっしゃって下さい。(M.A.)
        (30)X線(レントゲン)写真や人工アイソトープなど→Q6へ
        (16)自然の元素(ラジウム,ウラニウムなど)の名前をあげたもの→Q6へ
        (9)宇宙線,ラジウム温泉など自然の中にある→Q6へ
        (1)その他→Q6へ
        (5)不明→Q6へ
(M.T.=61)



Q4レントゲン写真とかX線写真とかいわれる写真をとるときに,人工的な放射線が出るということを聞いたことがありますか。
        (23)聞いたことがある
        (30)聞いたことがない



Q5ラジウム温泉とか宇宙線の中には自然の放射能が含まれているということを聞いたことがありますか。
        (13)聞いたことがある
        (40)聞いたことがない



Q6〔回答票〕去年から今年にかけてソ連やアメリカが核爆発の実験をしたために雨やチリの中の放射能が多くなるかも知れないといわれていますが,あなたは放射能の害についてどう考えていますか,この中〔回答票〕では,どれがあなたの気持に一番近いでしょうか。
        (45)今は危険はないが,永い間にはどんな害を受けるかわからないから不安だ
        (21)今でも危険だと思って心配している
        (10)危険でも危険でなくてもどうしようもないから仕方がないと思っている
        (8)日本国内で暮らしている者にとって,今のところ危険はないだろう
        (3)よくわからないが危険だとは思いたくない
        (9)わからない



Q7核実験のため,雨やチリの中の放射能が多くなったら,日常生活ではどういうことに気をつけたらよいと思いますか。(M.A.)
        (61)雨にぬれないようにする(雨にぬれたらすぐ頭や身体を洗うなど)
        (46)野菜をよく洗って食べる(中性洗剤で洗うなど)
        (33)飲み水に気をつける(天水はろ過して飲む,井戸にはふたをするなど
        (2)その他
        (2)何もする必要はない
        (15)わからない
(M.T.=159)



Q8去年の秋,ソ連が実験を始めてから放射能による被害をうけないように,あなたはいつも気をつけていますか,そういうことはありませんか。
(「そういうことはない」「不明」のものに)放射能が多くなったということが新聞に出たり,テレビやラジオで放送されたときには気をつけるようにしていますか,そういうときにもあまり気になりませんか。
        (28)いつも気をつけている
        (28)新聞やテレビ,ラジオで放送されたときには気をつけるようにしている
        (40)そういうときにもあまり気にならない(不明)



Q9 あなたは放射能の害を防ぐために政府がどんなことをしているかご存じですか。
        (53)どれかを知っているもの→SQへ
        (43)どれも知らない→Q10へ



SQこのなかで〔回答票〕知っているものをおっしゃて下さい。(M.A.)
        (26)放射能対策本部の設置
        (26)全国の放射能監視組織による雨や野菜の放射能の測定・分析
        (25)太平洋の危険区域周辺への放射能調査船の派遣
        (13)放射線医学総合研究所における放射能の研究
        (6)天水ろ過装置のための補助金の交付
        (0)その他



Q10 放射能は原子爆弾などの核兵器に使われるだけでなく,平和な目的のためにもいろいろ利用されていることをご存じですか。
        (60)どれかを知っているもの→SQへ
        (36)どれも知らない→Q11へ



SQ〔回答票〕このなかで〔回答票〕あなたが知っているものをおっしゃって下さい。(M.A.)
        (54)ガンの治療その他の医学上の利用
        (17)品質改良その他の農業上の利用
        (11)品質管理,非破壊検査などの工業上の利用
        (1)その他



Q11〔回答票〕あなたが放射能について,いま一番知りたいと思っていることはどんなことでしょう,このなか〔回答票〕ではどうでしょうか。
        (14)放射能の灰の害をさけるためには日常生活でどういうことをしたらよいか知りたい
        (13)現状において放射能が人体に害があるかどうか知りたい
        (12)日本や世界中の世論が核実験に反対しているのにソ連やアメリカはどうして実験を続けるのか知りたい
        (10)放射能を受けたらどんな害があるかということを知りたい
        (10)空気中や雨の中の放射能がどの程度になったら害があるかという規準量を知りたい
        (7)放射能は現在どんな平和目的に利用されており,将来もどんなことに利用される可能性があるか知りたい
        (6)核実験の放射能は,どういう経路を通って身体に入ってくるかということを知りたい
        (6)政府がソ連やアメリカに対して実験反対をどの程度強く訴えているか知りたい
        (18)どれも知りたいとは思わない,不明



Q12あなたは放射能対策や放射能の平和利用について政府にどんなことをやってほしいと思いますか。(M.A.)
        (22)意見をのべたもの 核実験反対,米ソの斡旋などについてのべたもの
        (15)意見をのべたもの 放射能の平和利用について述べたもの
        (6)意見をのべたもの 放射能対策について述べたもの
        (5)意見をのべたもの もっと早くとか,もっと積極的にというだけで内容についてはふれなかったもの
        (51)意見なし,不明



<フェース・シート>
F1〔性別〕
        (47.0)
        (53.0)



F2〔年令〕
        (24.0)20〜29才
        (25.4)30〜39才
        (20.4)40〜49才
        (15.4)50〜59才
        (14.8)60才以上



F3〔学歴〕
        (19.7)小卒
        (44.0)高小・新中卒
        (28.9)旧中・新高卒
        (7.4)旧高専大・新大卒



F4〔世帯主職業〕
        (30.9)自営者 農林漁業
        (19.8)自営者 商工サービス業
        (3.3)自営者 自由業
        (3.8)被傭者 管理職
        (20.3)被傭者 専門技術職・事務職
        (17.0)被傭者 労務職
        (4.8)無職



F5〔本人職業〕
        (15.5)自営者 農林漁業
        (10.6)自営者 商工サービス業
        (1.6)自営者 自由業
        (2.0)被傭者 管理職
        (12.6)被傭者 専門技術職,事務職
        (11.4)被傭者 労務職
        (10.1)家族従業 農林漁業
        (4.5)家族従業 商工サービス業,その他
        (0.7)無職 学生
        (22.8)無職 主婦
        (8.0)その他の無職



F6〔市町村別〕
        (17.7)6大都市
        (45.9)その他の都市
        (36.3)郡部
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)