世論調査

売春防止に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和36年度調査インデックスへ




調査の概要
・調査目的
売春防止法および売春の取締り等について一般国民の知識・意見を調査し,行政施策の参考とする。
 
・調査項目
 
(1) 売春防止法についての知識と態度
(2) 売春関係事犯の取締りおよび売春婦の更生の現状についての意見
(3) 売春対策および売春防止法の改正についての意見
 
・調査対象
 
(1) 母集団全国の20才以上の日本人
(2) 標本数3000
(3) 抽出方法層化多段無作為抽出法
 
・調査時期
 
昭和36年6月17日〜昭和36年6月22日
 
・調査方法
 
調査員による訪問面接聴取
 
・調査機関
 
社団法人 中央調査社
 
・回収結果
 
(1) 有効回収数(率)2522人(84.1%)
(2) 調査不能数(率)478人(15.9%)
   −欠票内訳−
転居129  長期不在81  一時不在145
住所不明52  拒否33  死亡9
病気20  精神欠陥6  抽出不備・その他3
計478


調査票

注 以下は「暴力犯罪の防止に関する世論調査」の調査票の問8以降により作成した。

II〔売春防止〕
Q8 あなたは,このあたりで売春婦を見かけたり,売春が行なわれているということを聞いたことがありますか。
        (13)見かける,行なわれているそうだ→Q9へ
        (…)そういうことはない わからない→SQへ



SQどこか,ほかのまちではどうですか。
        (28)見かける,行なわれているそうだ
        (59)見かけない 聞かない



Q9ここ2.3年,売春が少なくなったように思いますか,ふえたように思いますか,別に変わらないと思いますか。
        (28)少なくなった
        (12)ふえた
        (21)変わらない
        (39)わからない



Q10 あなたは,4.5年前に売春防止法という法律ができたことをご存じですか。
        (84)知っている→SQ1へ
        (16)知らない→SQ3へ



SQ1 売春防止法ができてよかったと思いますか,そうは思いませんか。
        (48)よかったと思う→Q11へ
        (20)そうは思わない→SQ2へ
        (16)わからない→Q11へ



SQ2それは何故ですか。(M.A.)
        (4)売春がかえってふえたから→Q11へ
        (4)性病がそのためにふえたから→Q11へ
        (7)不純な性交がそのためにふえたから→Q11へ
        (13)性犯罪がそのためにふえたから→Q11へ
        (1)その他(   )→Q11へ
        (1)別にない わからない→Q11へ
(M.T.=30)



SQ3 あなたは,売春は法律で禁じた方がよいと思いますか,性道徳の問題として法律ではふれない方がよいと思いますか。
        (6)法律で禁ずるのがよい→Q16へ
        (1)法律でふれないのがよい→Q16へ
        (9)わからない→Q16へ



Q11今の売春防止法では,売春した女は,すべて罰することになっていると思いますか,かげでこっそりやった場合には,売春をしたことがわかっていても,処罰されないことになっていると思いますか。
        (33)すべて罰することになっている
        (22)罰されないことになっている
        (29)わからない



Q12今の売春防止法では,売春の相手方の男も,処罰されることになっていると思いますか,男の方は処罰されないと思いますか。
        (28)処罰される
        (25)処罰されない
        (31)わからない



Q13売春婦や売春に関する犯罪の取締りのことについてうかがいます。 警察は売春婦が道路や公園などの人目につく所で,客にさそいをかけたりしないように,よく取り締まっていると思いますか,あまり取り締まっていないと思いますか。
        (19)よく取り締まっている
        (28)あまり取り締まっていない
        (11)一概にいえない
        (26)わからない



Q14女に売春をさせて金もうけをしたり,売春婦に部屋を貸したり,売春婦を世話してやったりしている者に対する取締りは,よく行なわれていると思いますか,あまり行なわれていないと思いますか。
        (13)よく行なわれている
        (34)あまり行なわれていない
        (9)一概にいえない
        (28)わからない



Q15 売春婦を更生させるために,婦人補導院・婦人寮などの施設が作られていることをご存じですか。
        (57)知っている→SQへ
        (27)知らない→Q16へ



SQ売春婦を更生させる仕事は,よく行なわれていると思いますか,あまり行なわれていないと思いますか。
        (7)よく行なわれている
        (26)あまり行なわれていない
        (7)一概にいえない
        (17)わからない



Q16〔回答票D〕売春をなくするために,どのような点にとくに力を入れたらよいと思いますか,この中〔回答票D〕ではどれでしょうか。(M.A.)
        (27)純潔教育の推進,性道徳の確立
        (16)売春は罪であるという意識を広める
        (18)性病のおそろしさをよく教える
        (20)売春の取締りをもっときびしくする
        (24)売春をした女の更生にもっと力を入れる
        (35)社会福祉の施策を強化する
        (29)売春業者をきびしく処罰する
        (1)その他(   )
        (14)別にない わからない
(M.T.=184)



Q10 SQ3を答えたもの→F1へ



Q17売春をなくするためには,今の売春防止法を改正する必要があると思いますか,それとも,法律はいまのままでよいと思いますか。
        (22)改正する必要がある→SQへ
        (25)法律はいまのままでよい→F1へ
        (37)わからない→F1へ



SQ〔回答票E〕どのような点を改めたらよいか,この中〔回答票E〕であなたが賛成のものを言って下さい。……そのほかにも何かございますか。(M.A.)
        (5)売春をした女はすべて処罰できるようにする
        (8)売春の相手方の男も処罰できるようにする
        (8)売春婦のかせぎで生活している者はすべて処罰できるようにする
        (11)売春婦を保護更生させるための制度を充実させる
        (1)その他(   )
        (1)別にない,わからない
(M.T.=34)



<フェース・シート>
F1(1)〔性・年令〕 あなたのお年は満でいくつですか。

(1)男
        (10)20代
        (10)30代
        (9)40代
        (9)50代
        (7)60才以上



F1(2)(2)女
        (12)20代
        (16)30代
        (13)40代
        (8)50代
        (6)60才以上



F2〔未既婚別〕 あなたはご主人(奥さん)はいらっしゃいますか。
        (14)未婚
        (76)配偶者あり
        (10)配偶者と死別又は離別



F3〔学歴〕 あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退は卒業とみなす)
        (20)小卒
        (48)高小・新中卒
        (26)旧中・新高卒
        (6)旧高専大・新大卒



F4〔本人職業〕 あなたの職業はなんですか。
        (17)自営者 農林漁業
        (10)自営者 商工鉱,サービス業
        (1)自営者 その他(   )
        (1)被傭者 管理職
        (12)被傭者 専門技術職,事務職
        (10)被傭者 労務職
        (11)家族従業 農林漁業
        (2)家族従業 商工鉱,サービス業,その他
        (1)無職 学生
        (27)無職 主婦
        (8)無職 その他無職(   )



F5〔世帯主職業〕 お宅の生計を主として支えている方(実質上の世帯主)の職業はなんですか。
        (36)自営者 農林漁業
        (19)自営者 商工鉱,サービス業
        (2)自営者 その他(   )
        (3)被傭者 管理職
        (19)被傭者 専門技術職,事務職
        (18)被傭者 労務職
        (3)無職



F6〔生活程度〕(調査員判断)
        (3)
        (17)中上
        (56)
        (20)中下
        (4)



F7〔地域〕
        (9)東京都区部
        (8)5大市(大阪,京都,名古屋,横浜,神戸)
        (46)その他の市
        (37)郡部
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)