世論調査

暴力犯罪の防止に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和36年度調査インデックスへ




調査の概要
・調査目的
この調査は,暴力犯罪の防止・根絶についての国民の関心と意見を調査して,行政施策の参考とするために,法務省刑事局の依頼に基づき,内閣総理大臣官房審議室で行なったものである。
 
・調査項目
 
(1) 暴力犯罪に対する関心
(2) 暴力犯罪の取締りについて
(3) 暴力犯罪の処罰について
(4) 暴力犯罪の防止・根絶のための方策について
 
・調査対象
 
(1) 母集団全国の20才以上の日本人
(2) 標本数3000
(3) 抽出方法層化多段無作為抽出法
 
・調査時期
 
昭和36年6月17日〜昭和36年6月22日
 
・調査方法
 
調査員による訪問面接聴取
 
・調査機関
 
社団法人 中央調査社
 
・回収結果
 
(1) 有効回収数(率)2522人(84%)
(2) 調査不能数(率)478人(16%)
   −欠票内訳−
転居129  長期不在81  一時不在145
該当者見当らず52  調査拒否33  病気20
死亡9  精神欠陥6  その他3
計478


調査票

I〔暴力犯罪の防止〕
Q1あなたは,暴力団やぐれん隊のゆすり,たかり,暴行,脅迫などの犯罪は,ここ1,2年ふえていると思いますか,へっていると思いますか,あまり変わらないと思いますか。
        (50)ふえている
        (9)へっている
        (23)あまり変わらない
        (18)わからない 一概にいえない



Q2 あなたは,ここ1,2年の間に,暴力団やぐれん隊にゆすられたり,いんねんをつけられたりしたことがありますか。
        (5)ある→Q3へ
        (…)ない→SQ1へ



SQ1 あなたは,まちの盛り場などに出かけた時,暴力団やぐれん隊からなぐられたり,いんねんをつけられたりしないかと不安を感じることがありますか。
        (21)ある→Q3へ
        (…)ない,わからない→SQ2へ



SQ2あなたは,盛り場などでは,暴力団やぐれん隊のような人たちに近づいたり,かかりあいになったりしないように気をつけていますか,そういうことは,全然気にしていませんか。
        (28)気をつけている
        (46)気にしていない,わからない



Q3暴力団やぐれん隊がゆすり,たかり,暴行,脅迫などをした場合には,どんな小さな事件でも,警察はつかまえていると思いますか,つかまらぬものもかなり多いと思いますか。
        (17)だいたいつかまっている
        (55)つかまらぬものも多い
        (13)一概にいえない(大物はつかまらない,など)
        (15)わからない



Q4 ゆすり,たかり,暴行,脅迫などの犯人がなかなかつかまらないのは,被害者や関係者が警察に協力しないからだという話を聞いたことがありますか。
        (57)ある→SQへ
        (43)ない→Q5へ



SQ被害者や関係者が警察に協力しないのは,そういう人達の自覚がたりないからだと思いますか,警察が犯人のしかえしを十分取り締まらないからだと思いますか,……おもにどちらだと思いますか。
        (13)自覚がたりないから
        (19)警察が取り締まらないから
        (17)両方に同じ程度に責任がある
        (8)一概にいえない わからない



Q5 このような暴力犯罪の犯人に対する処罰は,一般に軽すぎると思いますか,重すぎると思いますか,だいたい適当だと思いますか。
        (58)軽すぎる→SQ1へ
        (1)重すぎる→Q6へ
        (16)だいたい適当→Q6へ
        (25)わからない→Q6へ



SQ1 〔回答票A〕どういう点から軽いとお考えになっているのかを,もう少しくわしくお聞きしたいのですが,あなたのお考えは,この中〔回答票A〕のどれにあたりますか,おもなものを選んで下さい。(注:2〜8はM.A.)
        (22)はっきりしたことはわからないが何となく軽いと思う(不明を含む)→Q6へ
        (11)警察が微罪処分でかたづけることが多いようだから→Q6へ
        (4)検察庁で起訴猶予にすることが多いようだから→Q6へ
        (14)罰金だけですむことが多いようだから→SQ2へ
        (12)懲役の刑期が短いようだから→SQ2へ
        (8)執行猶予になることが多いようだから→Q6へ
        (7)裁判の途中に保釈で出所することが多いようだから→Q6へ
        (7)仮釈放で早く出所することが多いようだから→Q6へ
(M.T.=85)



SQ2〔回答票B〕現在のように軽いのは,なぜだと思いますか,この中〔回答票B〕では,どれだと思いますか,……1つだけ選んで下さい。
        (14)今の法律が重く罰しないようになっているから
        (1)検察官が重い求刑をしないから
        (2)裁判官が求刑よりもずっと軽い判決をするから
        (5)わからない(どれでもない,全部,というものを含む)



Q6 ゆすり,たかり,暴行,脅迫などの犯罪は,法律を改めないかぎり,十分な取締りができないと思いますか,それとも法律をかえなくても十分取り締まれると思いますか。
        (30)法律を改めないかぎりできない→SQへ
        (36)法律をかえなくてもできる→Q7へ
        (34)わからない→Q7へ



SQ〔回答票C〕どのような点を改めたらよいと思いますか,この中〔回答票C〕ではどうでしょうか。
        (6)もっと簡単な証拠で有罪にできるようにする
        (9)軽い事件でも罰するように新しく罰則をつくる
        (10)いまある罰則の刑を重くする
        (5)保釈制度をもっと制限する
        (4)仮釈放の制度をもっと制限する
        (7)暴力団の解散ができるようにする
        (1)その他
        (2)わからない
(M.T.=44)



Q7 暴力犯罪をへらすためには,取締りをきびしくするだけでは駄目だと思いますか,そうは思いませんか。
        (47)きびしくするだけではだめ→SQ1へ
        (32)そうは思わない→F1へ
        (21)わからない→F1へ



SQ1取締りだけでは駄目だとしても,取締りはやはり第一にやってほしいと思いますか,それよりもほかの対策の方に力を入れるべきだと思いますか。
        (31)第一に取締りを
        (8)一概にいえない わからない
        (8)それよりはほかの対策を



SQ2どんな対策をやるべきだと思いますか。(O.A.)
         (   )



<フェース・シート>
F1(1)〔性・年令〕 あなたのお年は満でいくつですか。

(1)男
        (10)20代
        (10)30代
        (9)40代
        (9)50代
        (7)60才以上



F1(2)(2)女
        (12)20代
        (16)30代
        (13)40代
        (8)50代
        (6)60才以上



F2〔未既婚別〕 あなたはご主人(奥さん)はいらっしゃいますか。
        (14)未婚
        (76)配偶者あり
        (10)配偶者と死別又は離別



F3〔学歴〕 あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退は卒業とみなす)
        (20)小卒
        (48)高小・新中卒
        (26)旧中・新高卒
        (6)旧高専大・新大卒



F4〔本人職業〕 あなたの職業はなんですか。
        (17)自営者 農林漁業
        (10)自営者 商工鉱,サービス業
        (1)自営者 その他(   )
        (1)被傭者 管理職
        (12)被傭者 専門技術職,事務職
        (10)被傭者 労務職
        (11)家族従業 農林漁業
        (2)家族従業 商工鉱,サービス業,その他
        (1)無職 学生
        (27)無職 主婦
        (8)無職 その他無職(   )



F5〔世帯主職業〕 お宅の生計を主として支えている方(実質上の世帯主)の職業はなんですか。
        (36)自営者 農林漁業
        (19)自営者 商工鉱,サービス業
        (2)自営者 その他(   )
        (3)被傭者 管理職
        (19)被傭者 専門技術職,事務職
        (18)被傭者 労務職
        (3)無職



F6〔生活程度〕(調査員判断)
        (3)
        (17)中上
        (56)
        (20)中下
        (4)



F7〔地域〕
        (9)東京都区部
        (8)5大市(大阪,京都,名古屋,横浜,神戸)
        (46)その他の市
        (37)郡部
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)