世論調査

テレビ視聴に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和35年度調査インデックスへ




調査の概要


・調査対象
(1) 母集団満20才以上の男女
(2) 標本数3000
(3) 抽出方法層化多段無作為抽出法
 
・調査時期
 
昭和35年10月19日〜昭和35年10月24日
 
・調査方法
 
質問票による個別面接聴取法
 
・調査機関
 
社団法人 中央調査社
 
・回収結果
 
(1) 有効回収数(率)2588人(86%)
(2) 調査不能数(率)412人(14%)


調査票

Q1 テレビは毎日,ごらんになりますか,たまに見る程度ですか,それとも全然見ませんか。
        (36)(ほとんど)毎日見る→Q2へ
        (37)たまに見る→F1へ
        (27)全然見ない・不明→F1へ



Q2 最近のテレビ番組の中には,犯罪や暴力や男女関係を刺激的に取扱っていて,家庭での娯楽として適当でないと思われる場面がありますか,そういうものは,ほとんどありませんか。
        (25)ある→Q3へ
        (11)ない・不明→Q5へ



Q3(Q2で「ある」と答えたものに)
そういう場面は,かなり多いですか,それほど多くはありませんか。
        (11)かなり多い
        (14)それほど多くない
        (0)不明



Q4(Q2で「ある」と答えたものに)
そういう場面は,青少年が好んで見ていると思いますか,青少年は,あまり見ていないと思いますか。
        (15)好んで見ている
        (4)あまり見ていない
        (6)不明・その他



Q5お宅には,10才以上,18才未満の子供さんがいますか。お宅では,子供さんに見せたくない番組は,はじめから誰も見ないようにしていますか。……
        (10)いる 誰も見ないようにしている
        (8)いる その他
        (3)いる 不明
        (15)いない



Q6子供の教育という点から見たとき,家庭にテレビはあった方がよいと思いますか,ない方がよいと思いますか。
        (15)あった方がよい
        (5)ない方がよい
        (15)一概にいえない
        (1)不明



Q7あなたは,テレビ局の中に,主として教育番組を放送するテレビ局があることを知っていますか。……何という局でしょうか。
        (26)知っている
        (10)知らない



Q8テレビの番組を作るときには,おもしろさということ,見る人の教養を高めるということと,どちらに重点をおいてほしいと思いますか。
        (7)おもしろさ
        (16)教養を高める
        (13)どちらともいえない・不明



<フェース・シート>
F1〔都市・郡部別〕
        (17)六大都市
        (45)その他の都市
        (38)町村



F2〔住居地域〕
        (11)商店街,盛り場及びその付近
        (31)住宅地域
        (5)工場地域
        (51)農漁村地域
        (2)その他



F3〔性,年令〕
        (11)男 20代
        (11)男 30代
        (9)男 40代
        (13)男 50才以上
        (15)女 20代
        (16)女 30代
        (12)女 40代
        (13)女 50才以上



F4〔学歴〕
        (55)旧制 小・高小卒
        (18)旧制 旧中卒
        (4)旧制 旧高専・大卒
        (10)新制 新中卒
        (11)新制 新高卒
        (2)新制 新大卒



F5お宅には,10才以上18才未満の人がいますか。
(「いる」と答えたものに)
あなたは,その人の(10才−17才)何にあたりますか。
        (17)
        (24)
        (17)その他
        (1)不明
        (41)いない
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)