世論調査

祝日に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和34年度調査インデックスへ




調査の概要


・調査項目
(1)祝日の数について
(2)時期的な偏りについて
(3)建国を祝う日について
(4)祝日と日曜日とが重なった場合
 
・調査対象
 
(1) 母集団満20才以上の日本人
(2) 標本数3000
(3) 抽出方法層化多段無作為抽出法
 
・調査時期
 
昭和35年2月上旬
 
・調査方法
 
調査員による面接聴取法
 
・回収結果
 
(1) 有効回収数(率)2666人(88.9%)
(2) 調査不能数(率)334人(11.1%)


調査票

Q1 〔回答票〕ご承知のように,いま祝日としては,このようなもの(回答票)☆がありますが,あなたは祝日の数は,いまよりもふやした方がよいと思いますか,それともいまのままでよいと思いますか。
        (15)ふやした方がよい→Q2へ
        (73)いまのままでよい→Q3へ
        (12)不明→Q3へ



Q2〔回答票〕〔Q1で「ふやした方がよい」というものに〕あなたが,あらたに祝日にした方がよいと思う日がありますか,この中(回答票)ではどうでしょうか。
        (8)建国記念日〔時期は別として〕
        (1)節分の日〔2月3日頃〕
        (0.2)発明記念日〔4月18日〕
        (4)労働者の日(メーデー)〔5月1日〕
        (1)国民体育日〔5月の中旬〕
        (2)お盆の日〔7月または8月〕
        (4)平和記念日(終戦の日)〔8月15日〕
        (1)クリスマス〔12月25日〕
        (1)その他☆



Q3「いまの祝日は,時期的に偏っているから,この点を改めた方がよい」という意見がありますが,あなたもそう思いますか,それとも,いまのままでよいと思いますか。
        (9)改めた方がよい
        (76)いまのままでよい
        (15)不明



Q4あなたは,祝日として,日本の建国を祝う日があった方がよいと思いますか,それとも,そのような祝日はなくてもよいと思いますか。(あった方がよいというものに)建国を祝う日としてはいつが一番よいと思いますか。
        (18)あった方がよい 2月11日
        (4)あった方がよい その他
        (18)あった方がよい いつでもよい,不明
        (39)なくてもよい
        (21)不明



Q5アメリカなどでは,祝日と日曜が重なった場合には,月曜日も休日にしていますが,あなたは日本でもそのようにした方がよいと思いますか,それとも,そのようにするのはよくないと思いますか。
        (32)よい
        (33)よくない
        (35)不明



<フェース・シート>
F1〔性〕
        (45)
        (55)



F2〔年令〕
        (22)20〜29才
        (26)30〜39才
        (21)40〜49才
        (16)50〜59才
        (14)60才以上
        (1)不明



F3〔学歴〕
        (5)旧高専大・新大卒
        (29)旧中・新高卒
        (46)高小・新中卒
        (20)小卒
        (0)不明



F4〔職業〕(本人)
        (17)自営者 農林漁業
        (13)自営者 商工業,その他
        (1)被傭者 管理職
        (11)被傭者 事務職及び専門技術職
        (9)被傭者 労務職
        (12)家族従業 農林漁業
        (4)家族従業 商工業,その他
        (32)無職
        (1)学生



F5〔地域〕
        (16)六大都市
        (44)中小都市
        (40)郡部



F6〔生活程度〕
        (4)
        (16)中上
        (57)
        (20)中下
        (3)
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)