世論調査

大学に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和25年度調査インデックスへ




調査の概要


調査票

只今社会学研究室では,国立世論調査所と協同して世論調査を実施しております。これは学生の皆さんの文化方面や厚生施設の改善をはかるための資料です。お忙しいところ恐縮ですが,宜しくお願い致します。
<フェース・シート>

F1〔性別〕
(…)
(…)



F2〔年令〕 満(   才)



F3〔学友会各部役員〕
(…)役員
(…)非役員



F4〔学部〕
(…)神学
(…)文学
(…)法学
(…)経済学
(…)商学
(…)工学
(…)教養学



F5〔学年〕(   年)



F6〔入学年月〕(昭和   年   月)



F7〔出身学校〕



F8〔父兄の職業〕



F9〔宗教〕
(…)(自己の信ずる)
(…)(家の)



F10〔軍隊の経験〕
(…)
(…)



F11〔現住所〕
(…)(   府県   市町村   区)



〔注意〕……◎印のある質問は相手の言葉通り記入する自由質問です。
Q1あなたは自宅からお通いですか。それとも寮や下宿にいらっしゃるのですか。
(…)自宅
(…)寮(合宿)
(…)下宿
(…)その他(   )



Q2学校迄どの位時間がかかりますか。
(…)(   分)



Q3aアルバイトをしておられますか。
(…)している(定期)→Q3bへ
(…)している(不定期)→Q3bへ
(…)していない→Q3fへ



Q3b一週間のうち何時間位なさっていますか。
(…)(延)(   時間)



Q3c主としてアルバイトは何をなさっていますか。(O.A.)



Q3dそれは生活費のためですか。小遣のためですか。
(…)主として生活費→Q3eへ
(…)両方→Q3eへ
(…)小遣のみ→Q4aへ
(…)不明→Q3eへ



Q3e(小遣のみの者を除き)
生活費の何割位をアルバイトでまかなっておられますか。
(…)(   割)→Q4aへ
(…)不明→Q4aへ



Q3fアルバイトをなさる必要はございませんか。
(…)必要
(…)不必要
(…)どちらとも言えない(不明)



Q4aあなたは一週間に何講時うけることになっていますか。
(…)(   講時)



Q4b実際には一週間に何講時位出ておられますか。
(…)(   講時)



Q5aあなたは今,同志社の学友会の何か部に——例えば,法律研究部とか,ラグビー部とか,映画研究部とかいうようなものに——はいっていますか。
(…)加入している→Q5bへ
(…)加入していない→Q5iへ



Q5bどんな部ですか。
(…)(   団   部)



Q5c前に入っていて,今は参加していない部がありますか。
(…)ある(   )→Q5dへ
(…)ない→Q5eへ



Q5dどうしてやめられたのですか。(O.A.)



Q5e他に何か,是非はいりたいと思っている部がありますか。どんな部ですか。
(…)ある(   )
(…)ない



Q5f今,部生活の御経験からよいと思われる点は,どんなことですか。(O.A.)



Q5g困ることは何ですか。(O.A.)



Q5h大ざっぱに言って,部に参加してよかったと思いますか,それともよくなかったと思いますか。
(…)よかった→Q6aへ
(…)よくなかった→Q6aへ
(…)判断がつかない→Q6aへ



Q5iあなたはまだ部のどれにも入ったことがないのですか。
(…)前に加入→Q5jへ
(…)全然ない→Q5lへ



Q5jどんな部ですか。
(…)(   団   部)



Q5kどうしてやめられたのですか。(O.A.)



Q5l何かおはいりになりたいと思っている部はありませんか。
(…)ある→Q5mへ
(…)ない→Q5oへ



Q5mどんな部ですか。
(…)(   団   部)



Q5nどうしてはいりたいと思いますか。(O.A.)



Q5o〔Q5i−全然部に入っていない者に〕
まだどの部にもはいらないのは何故ですか。(O.A.)



Q6aあなたが参加したいと思うようなもので,現在,同志社の学友会にはない部が何か思い浮びませんか。
(…)ある→Q6bへ
(…)ない→Q7aへ



Q6bどんな部ですか。(O.A.)



Q6cそういう部が出来たら,あなたはそれに割く時間があると思いますか。
(…)ある
(…)ない
(…)不明



Q7a(学友会の部についてお考えをお伺いしたいと思います。)
学友会の部が学生の参加を奨めることについてですが,一般的に言って,それは非常に大切なことでしょうか。全然大切なことでないでしょうか。あなたのお考えは次のように分けますと,そのどれにあたるでしょうか。
(…)部生活に参加を奨めることは極めて重要である
(…)部生活に参加を奨めることは重要でしょう
(…)部生活に参加を奨めることは重要とも言えるし,そうでないとも言える
(…)部生活に参加を奨めることは重要でないでしょう
(…)部生活に参加を奨めることは全然重要でない
(…)部生活に参加を奨めることは自分にはよくわからない



Q7bそれを今お見せする物差で表わすと,どの辺になりますか。×印で書いて下さい。〔別紙を見せる〕



Q7c更にお伺いしますが,それをお選びになった理由をお聞かせ下さい。(O.A.)



Q7d調査員判断
(…)極めて重要
(…)重要
(…)なんとも言えない
(…)重要でない
(…)全然重要でない
(…)判断がつかない



Q8(少し話が変りますが)一般的に言ってですね。学生はできるだけ多くの時間を,自分自身でコツコツと本を読んで勉強するのと,先生と膝を交えていろいろディスカッションして教えを受けるのと,どちらが得るところが多いと思いますか。(O.A.)
(…)自分自身
(…)先生とのディスカッション
(…)どちらとも言えない(不明)



Q9日本の大学生は,授業時間外には先生達と膝を交えて,ディスカッションするチャンスが,殆んどないと言う人もありますが,あなたはそう思いますか。それともそうは思いませんか。(O.A.)
(…)そう思う
(…)そう思わない
(…)不明



Q10同志社では学生と先生と膝を交えてディスカッションするチャンスに恵まれていると思いますか。
(…)恵まれている
(…)恵まれていない
(…)不明



Q11a同志社では,そういう機会をもっと増すのに,何か妨げになっているとお気付きになるものがありますか。
(…)ある→Q11bへ
(…)ない→Q12aへ
(…)不明→Q12aへ



Q11bそれはどういう事でしょうか。その他にはありませんか。(O.A.)



Q12aあなた御自身についてはどうですか。あなたは先生達と十分打ち解けた話し合いをする機会があると思いますか。どうですか。
(どういう理由で,どんな点から,そう思われますか。)(O.A.)



Q12b〔Q12aで十分話し合う機会がないと云う者に〕
それをよくするには,どうしたらよいでしょうか。(O.A.)



Q13a(ところであなたが先生達と実際におつき合いなさっていることについてお伺いしたいと思いますが)
今学期になってから先生のお宅を訪問されたことがありますか。
それは何回位ですか。
(…)ある(   回)
(…)なし



Q13b先生のお宅以外で——正規の授業時間は除いて——先生と膝を交えて教えを受けたことがありますか。
(…)ある(   回)
(…)なし



Q13c先生と一緒にピクニックに行ったりコンパをしたことがありますか。
(…)ある(   回)
(…)なし



Q13d先生と手紙のやりとりをしたことがありますか。
(…)ある(   回)
(…)なし



Q13eその他に何か先生との交渉がありましたか。
(…)あった(   回)→Q13fへ
(…)なし→Q13gへ



Q13fどんな事ですか。(O.A.)



Q13gそんな風にしてあなたが交際される先生は何人位おられますか。
(…)(   人)



Q13hその中で,親しく話し合われる先生は幾人おられますか。
(…)(   人)



Q13i話し合われる時間はどの位ですか(先生毎に)。
(…)(   時間)
(…)(   時間)
(…)(   時間)
(…)(   時間)



Q14(いろいろと先生との御関係をお聞きしましたが)今あなたが先生に対して一番要望されることはどんな事ですか。(O.A.)



Q15a(学校として非常に大切なことは,学生にできるだけ立派な講義をすることは申すまでもありませんが)あなたとしては,大学時代はそれだけやれば十分だとお考えですか。それとも学校として何か他にいろいろのことをしなければ学生生活は満足できないとお考えですか。
(…)他にする→Q15bへ
(…)立派な講義だけで十分→Q16へ
(…)不明→Q16へ



Q15b例えば,どんな事ですか。(O.A.)



Q15c今おっしゃったことは,学生にとって立派な講義を聞くより実際には為になると思いますか。
(…)為になる
(…)講義よりは為になならない
(…)どちらとも言えない(不明)



Q16(これからお尋ねすることは,勿論大学によってそれぞれ事情が違うでしょうが,)次の事柄のうち,(同志社にかぎらず)一般に大学の学校当局者はどれに力を入れなければならないでしょうか。必要と思われる順に3つ選んで下さい。〔別表を見せる〕
(…)学生寮の拡充
(…)精神的な問題や個人的な問題,例えば将来の職業の選択等について学生の相談相手として助言する制度
(…)奨学資金〔事情によって学費を支給し返済を要しない制度〕
(…)貸与金〔事情により返済を条件として学費を貸与する制度〕
(…)社会科学の研究グループの助成
(…)自然科学の研究グループの助成
(…)教師の俸給増額
(…)授業料の値下げ
(…)学生アルバイトの斡旋



Q16c補導課長や厚生課長,或いは学部の学生主任のような人達から助言を得たいと思いますか。それとも何かの理由でそうした気分になれませんか。なぜですか。(O.A.)



Q17あなたは次にあげる事柄について同志社の先生と相談したり,或いは助言なりを受けたことがありますか。それは具体的に言ってどういう事でしょうか。〔別表を見せる〕
(…)生活費の問題
(…)学科目選択の問題
(…)生涯の職業選択又は適正に関する問題
(…)健康
(…)精神的な問題
(…)性並びに恋愛や結婚問題
(…)家族との関係,その他一身上の諸問題
(…)別にない



Q18aお伺いしたような事柄で,今あなたは相談なり,助言なりを必要とする問題にぶつかっておられますか。
(…)ある→Q18bへ
(…)なし→Q18cへ



Q18bそれは具体的に言ってどういう事でしょうか。(O.A.)



Q18c補導課長や厚生課長,或いは学部の学生主任のような人達から助言を得たいと思いますか。それとも何かの理由でそうした気分になれませんか。なぜですか。(O.A.)



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)