世論調査

税制(第2次)に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和24年度調査インデックスへ




調査の概要
・調査項目
(1) シャウプ使節団の来朝をどの程度知っているか
(2) どういう期待を持つか
(3) 実際の納税の体験を通じての意見
 
・調査対象
 
(1) 母集団東京都区内の営業者
(2) 標本数788
 
・調査時期
 
昭和24年7月30日〜昭和24年8月3日
 
・調査方法
 
面接調査
 
・回収結果
 
(1) 有効回収数(率)530人(67.3%)
(2) 調査不能数(率)258人(32.7%)


調査票

Q1今アメリカから日本の税制を改革するために特別な使節団の来ていることを御存知ですか。
(80)知っているもの
(20)知らないもの



Q2団長は何という人でしょう。
(41)シャウプ博士の名前を正確に挙げたもの



Q3今アメリカから来ているシャウプ使節団は近く税制の改革について日本政府に新しいやり方を勧告するそうですが,あなたはどんなことを期待していますか。
(38)税金(率)の引下げ
(6)基礎扶養控除の引上げ 低額所得者の減税
(17)税務署の課税を公平に
(3)税務署員の態度を親切に
(10)期待しない
(12)わからない(答なし)



Q4一般に実際の所得額より低目に申告するといわれているが,どうしてだと思いますか。
(14)ありのまま申告している(低目に申告していない)
(23)更正決定があるから
(12)正直に申告したら損をするから
(16)税が高いから
(15)生活が苦しいから
(6)回避的な答
(6)その他
(8)不明



Q5あなたにとって自分で自分の所得を計算して申告する申告納税制度と,税務署からいくらいくらと納税額を決めてくる賦課徴収制度と,どちらが税金を納め易いでしょうか。
(63)申告制がよい
(15)賦課制がよい
(20)不明
(2)どちらでもよい(悪い)



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)