世論調査

職業婦人に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和23年度調査インデックスへ




調査の概要
・調査対象
(1) 母集団東京都23区内の事業所に従事する女子で常傭の職員及び労務者
(2) 標本数1,724
(3) 抽出方法層化任意見本法
 
・調査時期
 
昭和23年11月19日〜昭和23年11月30日
 
・調査方法
 
個人面接質問法
 
・回収結果
 
(1) 有効回収数(率)1,705人(98.9%)
(2) 調査不能数(率)19人(1.1%)
   −欠票内訳−
設備工事業,食料品工業,修理業,不動産取扱業に於て補助対象調査によるも見本がとれなかったもの10  調査員の誤解過失によるもの1  無効票1


調査票

I 職業について
Q1アあなたは現在のお仕事につかれてからどの位になりますか。
(36.6)〜1年
(25.2)1年〜2年
(14.3)2年〜3年
(10.7)3年〜4年
(3.2)4年〜5年
(3.5)5年〜6年
(6.5)6年〜



Q1イこれまでにお勤め先をお変えになった事がありますか。
(あるものに対して)今のお仕事は何度目ですか。
(46.6)0回
(38.3)1回
(12.1)2回
(3.0)3回以上



Q1ウあなたのお勤めの期間は全部でどの位になるでしょうか。
(17.7)〜1年
(16.9)1年〜2年
(13.9)2年〜3年
(12.8)3年〜4年
(15.4)4年〜6年
(9.8)6年〜8年
(13.5)8年〜



Q1エ現在あなたは職場でどういうお仕事をしておいでですか。
(42.0)事務員(含技術者)
(37.0)現場労務者
(3.0)店員
(10.0)サービス業
(7.0)自由業



Q1オどういう伝手でここへ就職されましたか。
(51.9)知人・友人
(15.7)家族・親戚
(13.7)広告(ラジオ・新聞)
(6.2)学校
(6.0)職業紹介所
(3.7)募集人
(3.6)その他



(ア〜オの結果は「どういう人達が調査されたか」を参照されたい)
Q2あなたはここに就職なさる時御自分の給料と仕事の内容とを両方とも前もって御存知でしたか。
(37.1)給料と仕事の内容を両方知っていた
(4.8)給料だけ知っていた
(16.1)仕事の内容だけ知っていた
(42.0)両方知らない(忘れた)



Q3現在あなたはどんな理由でお働きになっているのですか。(経済的な理由を述べた者に)給料は何にお使いになりますか。
(15.8)一家を養うため
(37.6)家計の補助
(16.2)自分の小遣にする
(14.3)家計補助と小遣と半半
(5.2)世間を知るため
(3.0)仕事を通じて社会につくすため
(5.6)その他
(2.3)別に理由なし



Q4今のお仕事に興味を持っておいでですか。
(65.9)興味を持っている
(24.3)興味なし(面白くない)
(9.8)なんともいえない



II 職業と生活について
Q5日常生活やお勤めのこと,その他いろいろのことで御不満なことがあると思いますが,ありましたらどんなことでもかまいませんから遠慮なくお聞かせ下さい。
(19.9)不満なことがある{社会的なもの(衣・食・住・交通難など)}→Q6へ
(5.1)不満なことがある{家庭的なもの(不和,無理解,育児,病人,家事が出来ない)}→Q6へ
(21.8)不満なことがある{勤務先のこと(仕事,賃金,施設がない)}→Q6へ
(1.9)不満なことがある{個人的なこと(体が弱い,能力がない)}→Q6へ
(51.3)不満はない→Q7へ



Q6(Q5であると答えた者に)
それがお勤めにさしさわり(支障)になりますか。
(39.9)支障になる
(57.9)支障にならない
(2.2)なんともいえない



Q7あなたは職業婦人としての生活を何時まで続けたいと思いますか。
(12.0)なるべく早くやめたい
(13.0)生活にゆとりが出来るまで
(34.9)結婚するまで
(4.7)結婚しても子供が出来るまで
(13.5)出来れば一生続けたい
(7.6)その他(事情によるなど)
(14.3)わからない



Q8現在の社会状態では家庭に入っても婦人が勤めに出ることが出来るでしょうか。
(38.4)出来る
(6.7)出来ない(理由){育児のため
(25.8)出来ない(理由){配給等家事のため
(1.3)出来ない(理由){体が続かない
(6.0)出来ない(理由){家庭生活がつまらなくなる
(1.2)出来ない(理由){その他
(20.6)わからない



III 労働基準法について
(一寸話は変りますが)

Q9あなたは労働基準法の名前をお聞きになった事がありますか。
(85.4)名前を聞いたことがある→Q10へ
(14.6)聞いたことがない→Q13へ



Q10(Q9であると答えた者に)
その内容は御存知ですか。
(56.1)内容を知っている→Q11aへ
(43.9)知らない→Q13へ



Q11a(Q10で知っている者に)
基準法は特に女性についての規定が色々ありますが,それにはどんなものがあるか知っているだけお聞かせ下さい。(M.A.)
(19.0)男女同一賃金の原則
(81.2)労働時間及び休日就業の制限
(20.3)深夜業の制限
(7.0)危険有害業務の就業制限
(1.1)坑内労働の禁止
(12.1)産前産後の休養
(3.1)育児時間の請求
(44.7)生理休暇の請求



Q11b【一人でいくつ答えたか】
(7.7)答えられない
(39.2)一つ答えた
(31.3)二つ
(14.8)三つ
(3.8)四つ
(2.2)五つ
(0.8)六つ
(0.1)七つ
(0.1)八つ



Q12(ア)(Q11で何れか一つでも答えた者に)
では労働基準法は働く婦人にとってよい結果をもたらすでしょうか。それとも悪い結果をもたらすでしょうか。
(76.5)良い結果になる→Q13へ
(12.3)良い点もあれば悪い点もある→Q12(イ)へ
(1.1)悪くなる→Q12(イ)へ
(4.8)変りない→Q13へ
(5.3)不明→Q13へ



Q12(アで良い点もあれば悪い点もある及び悪くなると答えた者に)
悪くなるのはどういう点だとお考えになりますか。(M.A.)
(11.1)職場が狭くなる
(26.9)時間外勤務が制限されて手当が少くなる
(20.4)仕事が制限されて却って男女平等でなくなる
(22.2)その他
(19.4)わからない



Q13あなたは職場で与えられた仕事以外に雑用に使われることがありますか。
(36.0)雑用に使われることがある→Q14へ
(64.0)ない→Q16へ



Q14(Q13で雑用に使われることのある者に)
それはお困りになりますか。
(36.5)困る→Q15へ
(57.3)困らない→Q16へ
(6.2)なんともいえない→Q16へ



Q15(Q14で困ると答えた者に)
女だから仕方がないとお考えですか。
(61.2)女だから仕方がない
(37.0)そうは思わない
(1.8)答えられない



Q16あなたの職場では男と同じ仕事をしながら男とくらべて不当に賃金が安いと思うことがありますか。
(24.1)不当に安いと思う
(44.2)思わない
(17.0)わからない
(14.7)該当しない



Q17あなたの職場では女も実力次第で男と同じように良い地位につけると思いますか。
(29.6)良い地位につける
(37.2)つけない
(19.9)わからない
(13.3)該当しない



Q18あなたは生理日でもふだんと同じように仕事をしてもさしさわりはありませんか。
(23.6)支障がある(時にある者も含む)→Q19へ
(74.7)ない→Q20へ
(1.7)答えられない→Q20へ



Q19(Q18であると答えた者に)
その時必ず生理休暇をとっていますか。
(38.6)必ずとっている→Q20へ
(61.4)必ずしもとっていない→SQへ



SQ(必ずしもとっていないと答えた者に)
なぜとらないのですか。
(16.7)とれることを知らない(制度がない)
(4.5)賃金をひかれる
(20.6)仕事が忙しい
(4.2)他人がとらない
(3.2)職場の人が理解してくれない
(12.2)その他



IV 労働組合について
(次に労働組合のことをお伺いしますが)

Q20あなたは組合に加入していますか。
(46.6)加入している
(25.2)加入していない
(28.2)組合がない



(Q21のアよりエまでは組合に加入している者に)
Q21ア組合の役員や委員をしていますか。
(11.6)委員や役員をしている
(88.4)していない



Q21イあなたはあなたの組合の活動に満足していますか。
(39.0)組合活動に満足
(29.9)不満
(31.1)なんともいえない



Q21ウあなたはあなたの組合の活動に関心を持っていますか。
(もっていない者には)何故ですか。
(52.7)関心をもっている→Q21エへ
(28.5)もっていない 理由(   )→Q22へ
(18.8)何んとも言えない→Q22へ



Q21エ(ウで関心をもっていると答えた者に)
あなたは組合の活動に積極的に参加したいと思いますか。
(思わないと答えた者に)何故ですか。
(50.5)積極的に関与したいと思う
(33.6)思わない 理由(   )
(15.9)何んとも言えない



(組合があっても加入していない者に)
Q22何故ですか。
(組合に入りたくないと答えた者に)なぜですか。
(32.6)組合に加入したくない 理由(   )
(11.6)職務上加入出来ない
(55.8)その他



(Q23のアよりウまでは組合のない者に)
Q23アあなたの職場にも組合が欲しいですか。
(50.5)組合が欲しい
(28.9)欲しくない
(20.6)わからない



Q23イ組合がないために不利だと思う事がありますか。
(37.8)不利だと思うことがある→Q23ウへ
(35.1)ない→Q24へ
(27.1)わからない→Q24へ



Q23ウ(イで不利な点があると答えた者に)
では実際にどういう点が不利だとお感じになりましたか。
(57.2)賃金
(1.4)馘首
(10.5)文化厚生施設が不備
(30.9)その他



V 社会的関心について
Q24あなたは労働省の婦人少年局を御存知ですか。
(32.8)知っている
(67.2)知らない



Q25婦人少年局はどんなことをすべきだとお考えですか。
(次にメンタルテストのような質問で失礼ですが,どうかお答え下さい)



Q26内閣総理大臣は今誰でしょうか。
(83.3)知っている
(16.7)知らない



Q27今のアメリカ大統領は誰ですか。
(77.6)知っている
(22.4)知らない



Q28(あなたの選挙区はどこですかと聞いてから)
現在あなたの選挙区から出ている代議士は誰か御存知ですか。
(18.8)知っている
(81.2)知らない



Q29現在あなたの選挙区から出ている都(県)会議員は誰か御存知ですか。
(9.2)知っている
(90.8)知らない



Q30今の東京都知事は誰でしょうか。
(30.0)知っている
(70.0)知らない



Q31衆議院議長は今誰がしていますか。
(23.3)知っている
(76.7)知らない



Q32参議院議長は今誰がしていますか。
(12.7)知っている
(87.3)知らない



<フェース・シート>
F1〔年令〕
(…)かぞえ年(   才)



F2〔学歴〕
(47.2)新制中卒以下
(46.2)旧制中卒以下
(6.6)專門(中退)以上



F3〔結婚〕
(80.3)未婚
(9.0)有夫
(10.7)死離別



F4〔子供〕
(12.1)あり
(87.9)なし



F5〔生活〕
(84.5)家族親戚と一緒
(11.1)寄宿舍・寮
(4.4)下宿・間借



F6〔家族数〕
(…)本人を含む(   人)



F7〔家族内收入者数〕
(…)(   人)



F8〔手取賃金〕
(…)一ケ月約(   円)



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)