世論調査

経済実相報告書に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和22年度調査インデックスへ




調査の概要
・調査項目
(1) 意味が判ったか
(2) どの部分に一番関心が持たれるか
(3) 経済危機と待遇改善の問題をどう考えるか
(4) 闇取引取締りは強化せねばならないと考えるか
(5) どうしたら経済危機を克服出来ると思うか
(6) 国民の要望する統計
(7) 発表の方法及形式
(8) 流通秩序確立対策要綱に対する関心度
 
・調査対象
 
(1) 母集団東京都内22区在住21才以上80才までの総人口
(2) 標本数2,500
(3) 抽出方法町の抽出される機会を等しくするために例えば中央区では91町から30番おきに取出し,3町を選ぶ。各区とも同じ方法で抽出。各町に於いて平均50名を調査するためにその町の人口に比例する如く被調査者数を算術的に抽出する。
 
・調査時期
 
昭和22年8月6日〜昭和22年8月10日
 
・調査方法
 
面接調査
 
・調査機関
 
国際統計社
 
・回収結果
 
(1) 有効回収数(率)1,962人(78.5%)
(2) 調査不能数(率)538人(21.5%)
   −欠票内訳−
転居252  旅行出張96  帰省25
死亡19  病気27  嫁人11
拒否24  その他84
計538


調査票

Q1今日本は物資が少くてどうにもならない処迄来ている様ですが,此の際どうしたら一番よいとお考へになりますか。
(12.9)国民の自覚
(…)時期が経つとか,対外状勢が変るとか,現在の機構を変へるとかしなければ駄目だ
(6.1)どうやっても駄目だ
(24.7)わからない
(10.4)その他(   )



Q1(ア)政府ではしきりに耐乏生活と言う事を言って居りますがそれについてどうお考へになりますか。
(32.4)賛成
(39.1)無理だ
(15.9)態度不明
(…)意見なし



Q1(イ)勤労者の待遇改善の要求についてはどうお考へになりますか。
(12.3)当然だ(名目賃金の値上げ)
(27.0)当然だ(実質的)
(13.8)当然だ(はっきりしない)
(19.4)押へるべきだ
(15.8)態度不明
(…)意見なし



Q1(ウ)闇取引は徹底的に取締るべきでせうか。それとも或程度認めた方が良いとお考へになりますか。
(51.9)いくらか認めよ
(23.8)徹底的に取締れ
(9.4)取締方法を変へよ
(4.2)どうやっても駄目だ
(5.2)態度不明瞭
(…)意見なし



Q1(エ)政府は今度配給を良くする為に新たに公団制とか,総合切符制とかその他色々の事を発表しましたが之で幾分でも配給は良くなるとお思ひになりますか。
(11.8)よくなる
(17.2)わからない
(…)その他(   )



Q1(オ)流通秩序確立対策要綱をお読みになりましたか。
(5.1)詳しく読んだ
(15.4)ざっと読んだ
(5.5)殆んどよまぬ
(68.5)全然よまぬ
(5.5)無記入



Q2一箇月程前に経済実相報告書(経済白書)が発表になりましたが御存知でせうか。
(46.4)知っている
(53.6)全く知らない



Q2(ア)一通り全部御覧になりましたか。
(11.4)全部
(54.8)くはしくざっと
(9.6)一部
(8.7)殆どよまぬ
(…)全然よまぬ
(…)なし



Q2(イ)一番注意を惹かれたのはどの点でせう。
(24.5)全般にわたって(   )
(11.3)個々の部分(   )
(64.2)なし



Q2(ウ)あれに発表された以外で知り度い統計が御座いますか。
(87.1)なし(   )
(8.0)ある(   )
(4.1)その他(   )



Q2(エ)発表の形式や方法をどうお考へになりますか。
(60.9)意見なし
(8.8)長すぎる
(8.6)むつかしすぎる
(…)その他(   )



<フェース・シート>
F1〔性別〕
(…)
(…)



F2〔年令〕



F3〔読んでいる新聞〕



F4〔ラジオ〕
(…)
(…)有(   )
(…)きく
(…)きかない



F5〔教育程度〕
(…)小 中退
(…)小 卒
(…)中 中退
(…)中 卒
(…)高専以上 中退
(…)高専以上 卒



F6(1)〔職業 本人 産業別 地位別〕



F6(2)〔職業 家庭内主要所得者 産業別〕



F6(3)〔職業 本人 地位別〕



F6(4)〔職業 家庭内主要所得者 地位別〕



F7(1)〔収入 本人〕



F7(2)〔家族総収入〕



F7(3)〔家族数〕



F7(4)〔家族一人当平均収入〕



F8〔調査員判断〕



F9(1)〔その他 時刻〕



F9(2)〔所要時間〕



F9(3)〔場所〕



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)