世論調査

世論調査 >  平成28年度 >  地球温暖化対策に関する世論調査 > 3 調査票

地球温暖化対策に関する世論調査

平成28年8月

(N=1,816)


1.地球温暖化問題について

Q1〔回答票1〕 あなたは,地球の温暖化,オゾン層の破壊,熱帯林の減少などの地球環境問題に関心がありますか。それとも関心がありませんか。この中から1つだけお答えください。

(40.4)(ア)関心がある
(46.8)(イ)ある程度関心がある
(10.1)(ウ)あまり関心がない
(2.4)(エ)全く関心がない
(0.2)わからない


Q2〔回答票2〕 わが国でも,すでに地球温暖化による猛暑や豪雨などが観測されており,将来にわたって自然や人間生活に様々な影響を与えることが予測されています。あなたは,どのような影響を問題だと感じますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)

(57.7)(ア)農作物の品質や収量が低下すること
(30.2)(イ)水質が悪化すること
(32.8)(ウ)渇水が増加すること
(48.5)(エ)野生生物や植物の生息域が変化すること
(63.1)(オ)洪水,高潮・高波などの自然災害が増加すること
(43.2)(カ)熱中症が増加すること
(34.6)(キ)感染症が増加すること
(17.0)(ク)工場や生産設備への被害
(44.9)(ケ)豪雨による停電や交通マヒなどインフラ・ライフラインに被害が出ること
(46.2)(コ)生活環境の快適さが損なわれること
(0.6)その他
(1.4)特に問題はない
(1.4)わからない
(M.T.=421.4)


Q3〔回答票3〕 あなたは,昨年,フランスのパリで開催された国際会議「COP(コップ)21」で採択された,温室効果ガス削減などのための新たな国際的な枠組である「パリ協定」を知っていますか。この中から1つだけお答えください。

(7.0)(ア)内容まで知っている
(52.6)(イ)名前は聞いたことがある
(39.5)(ウ)知らない
(0.8)わからない


(【資料1】を提示して,調査対象者によく読んでもらってから,以下の質問を行う。)

【資料1】
 わが国は,地球温暖化対策計画の中で,
  ・2030年度において,温室効果ガス排出量を2013年度に比べて26パーセント減の水準にするという中期目標の達成に向けて着実に取り組む
  ・地球温暖化対策と経済成長を両立させながら,長期的目標として2050年までに80パーセントの温室効果ガスの排出削減を目指す
 こととしています。

Q4〔回答票4〕 日本では,2030年度には,温室効果ガス排出量を2013年度に比べて26パーセント削減するという中期目標を掲げていることを知っていましたか。この中から1つだけお答えください。

(17.7)(ア)目標の数値も含めて知っていた
(45.0)(イ)目標があることは知っていたが,数値までは知らなかった
(36.6)(ウ)知らなかった
(0.7)わからない


Q5〔回答票4〕 また,2050年までに80パーセントの温室効果ガスの排出削減を目指すという長期的目標があることを知っていましたか。この中から1つだけお答えください。

(9.3)(ア)目標の数値も含めて知っていた
(33.8)(イ)目標があることは知っていたが,数値までは知らなかった
(55.9)(ウ)知らなかった
(1.0)わからない


2.気候変動への適応について

(【資料2】を提示して,調査対象者によく読んでもらってから,以下の質問を行う。)

【資料2】
 地球温暖化対策を進めても,世界の平均気温は上昇することが明らかになっています。
 わが国でも,すでに,気温の上昇や大雨の増加などの気候変動の影響により,高温による農作物の品質低下,動植物の分布域の変化などがあらわれており,さらに将来は,大雨や大型台風の増加,海面の上昇などにより,自然環境や人間社会などの様々な面で多様な影響が生じる可能性が明らかにされています。
 こうした地球温暖化がもたらす気候変動による被害や影響を最小化して,迅速に回復できるように対処することを「気候変動の影響への適応」と言います。

Q6〔回答票5〕 あなたは,地球温暖化がもたらす気候変動への対処について,どのくらい知っていましたか。この中から1つだけお答えください。

(4.3)(ア)内容までよく知っていた
(43.2)(イ)大体知っていた
(41.9)(ウ)あまり知らなかった
(10.1)(エ)全く知らなかった
(0.5)わからない


Q7〔回答票6〕 あなたは,今後,気候変動への対処に関する知識や情報を何によって提供されたらよいと思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)

(88.4)(ア)テレビの広報
(23.3)(イ)ラジオの広報
(60.1)(ウ)新聞や雑誌の広報
(17.3)(エ)環境省のポスター・パンフレット
(18.2)(オ)地方公共団体や民間企業などのポスター・パンフレット
(43.9)(カ)学校などの教育機関
(8.6)(キ)シンポジウムなどのイベント
(16.7)(ク)環境省のホームページ
(15.7)(ケ)地方公共団体や民間企業などのホームページ
(27.1)(コ)ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)
(0.6)その他
(1.0)特にない
(0.5)わからない
(M.T.=321.4)


3.家庭や職場で行う地球温暖化対策について

Q8〔回答票7〕 あなたは,二酸化炭素の排出が少ない低炭素型の「製品」や「サービス」や「行動」など,温暖化対策のための「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE(クール チョイス)」を知っていますか。この中から1つだけお答えください。

(5.7)(ア)内容までよく知っている→Q8SQへ
(22.4)(イ)名前は聞いたことがある→Q8SQへ
(70.9)(ウ)知らない→Q9へ
(0.9)わからない→Q9へ


(Q8で「(ア)内容までよく知っている」,「(イ)名前は聞いたことがある」と答えた方に)

Q8SQ〔回答票8〕 あなたは,「COOL CHOICE(クール チョイス)」を何で知りましたか。 この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
(N=511)

(70.3)(ア)テレビの広報
(10.4)(イ)ラジオの広報
(43.8)(ウ)新聞や雑誌の広報
(6.7)(エ)環境省のポスター・パンフレット
(5.9)(オ)地方公共団体や民間企業などのポスター・パンフレット
(3.7)(カ)学校などの教育機関
(1.8)(キ)シンポジウムなどのイベント
(4.9)(ク)環境省のホームページ
(4.5)(ケ)地方公共団体や民間企業などのホームページ
(6.8)(コ)ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)
(2.0)その他
(2.7)わからない
(M.T.=163.4)


(全員の方に)

Q9〔回答票9〕 現在,照明器具・ランプには,従来の白熱電球などのほかに,省エネ性能に優れたLED照明などがあります。あなたのお宅の照明器具・ランプについて,この中から最も近いものを1つだけお答えください。

(14.2)(ア)ほぼ全ての照明が,LED照明などである→Q10へ
(14.1)(イ)半分以上の照明が,LED照明などである→Q10へ
(15.6)(ウ)半分くらいの照明が,LED照明などである→Q10へ
(34.4)(エ)一部の照明が,LED照明などである→Q9SQへ
(19.7)(オ)ほぼ全ての照明が白熱電球などであり,LED照明などはない→Q9SQへ
(2.1)わからない→Q10へ


(Q9で「(エ)一部の照明が,LED照明などである」,「(オ)ほぼ全ての照明が白熱電球などであり,LED照明などはない」と答えた方に)

Q9SQ〔回答票10〕 LED照明などにしていないのは,どのような理由からでしょうか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
(N=982)

(35.6)(ア)LED照明などは値段が高いから
(3.4)(イ)LED照明などについてよく知らないから
(55.8)(ウ)これまでのものが使えるから
(40.4)(エ)今使っている白熱電球などを使い切ってから変えようと思っているから
(7.6)(オ)LED照明などへの切替えが面倒だから
(1.1)(カ)LED照明などの寿命が短いと聞いたから
(7.9)(キ)賃貸住宅などで,切替えができないから
(2.0)(ク)LED照明などは明るすぎるから
(1.8)(ケ)LED照明などに興味がないから
(2.4)その他
(0.7)特にない
(0.6)わからない
(M.T.=159.6)


(全員の方に)

Q10〔回答票11〕 あなたは,冷蔵庫,テレビ,エアコンなどの電化製品や家庭用品の買換えや新規購入に関して,省エネ効果をどのように考えますか。あなたのお考えに最も近いものを1つだけお答えください。

(15.4)(ア)買換えなどの時期を待たずに,積極的に省エネ効果の高い製品にする
(40.9)(イ)買換えなどの際には,性能,デザインなどより省エネ効果の高い製品を優先して選ぶ
(34.5)(ウ)買換えなどの際には,性能,デザインなどと省エネ効果を同程度に比較して選ぶ
(4.5)(エ)買換えなどの際には,省エネ効果より性能,デザインなどを優先して選ぶ
(3.2)特にない
(1.5)わからない


Q11 あなたは,仕事や家事,レジャーなどで車の運転をすることがありますか。

(71.4)あ る→Q11SQへ
(28.6)な い→Q12へ
(0.1)わからない→Q12へ


(Q11で「ある」と答えた方に)

Q11SQ〔回答票12〕 「エコドライブ」とは,急ブレーキや急発進をやめ,ていねいな運転を心がけることで,燃費をよくし,二酸化炭素排出量も減らす運転のことです。あなたが行っている「エコドライブ」がありましたら,この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
(N=1,296)

(61.9)(ア)緩やかにアクセルを踏んで発進する→Q12へ
(55.6)(イ)車間距離にゆとりをもって加速・減速の少ない運転をする→Q12へ
(55.4)(ウ)ムダなアイドリングをやめる→Q12へ
(45.7)(エ)減速時は早めにアクセルを離す→Q12へ
(48.1)(オ)自分の車の燃費を把握する→Q12へ
(26.7)(カ)不要な荷物はおろす→Q12へ
(41.1)(キ)タイヤの空気圧の点検・整備を行う→Q12へ
(34.0)(ク)走行の妨げになる駐車はしない→Q12へ
(35.6)(ケ)渋滞を避け,余裕をもって出発する→Q12へ
(1.1)その他→Q12へ
(4.3)(コ)エコドライブを行っていない→Q11SSQへ
(0.4)わからない→Q12へ
(M.T.=409.9)


(Q11SQで「(コ)エコドライブを行っていない」と答えた方に)

Q11SSQ〔回答票13〕 「エコドライブ」を行っていないのは,どのような理由からでしょうか。この中で最も近いものを1つだけお答えください。
(N=56)

(64.3)(ア)意識して運転していないから
(5.4)(イ)エコドライブを行う運転技術がないから
(8.9)(ウ)エコドライブについて知らなかったから
(7.1)(エ)エコドライブに興味がないから
(8.9)その他
(3.6)特にない
(1.8)わからない


(全員の方に)

4.地球温暖化対策のための税について

(【資料3】を提示して,調査対象者によく読んでもらってから,以下の質問を行う。)

【資料3】
 「地球温暖化対策のための税」は,税制による地球温暖化対策を強化するとともに,エネルギー利用によって発生する二酸化炭素の排出抑制のための諸施策を実施していく観点から,平成24年10月に 導入されました。導入当初から段階的に税率が引き上げられ,平成28年4月からは,石油・天然ガス・石炭などの二酸化炭素排出量に応じて,それぞれの税負担が二酸化炭素排出量1トン当たり289円に 等しくなる税率を設定しています。
 税収については,省エネルギー対策,再生可能エネルギーの普及などの施策に活用されています。

Q12 あなたは,「地球温暖化対策のための税」が導入されたことを知っていましたか。

(33.1)知っていた→Q12SQaへ
(65.0)知らなかった→Q12SQbへ
(1.9)わからない→F1へ


(Q12で「知っていた」と答えた方に)

Q12SQa〔回答票14〕 あなたは,「地球温暖化対策のための税」が導入されたことを,何で知りましたか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
(N=601)

(70.0)(ア)テレビの広報
(9.0)(イ)ラジオの広報
(50.1)(ウ)新聞や雑誌の広報
(9.2)(エ)書籍・雑誌などの記事
(6.3)(オ)国の情報発信(ホームページ,メールマガジン,広報誌,シンポジウムなど)
(6.7)(カ)地方自治体の情報発信(ホームページ,メールマガジン,広報誌,シンポジウムなど)
(6.0)(キ)ガソリンスタンドにおけるポスターなどの告知
(13.8)(ク)電気やガスの検針票,領収書など
(4.8)(ケ)ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)
(4.3)その他
(0.2)わからない
(M.T.=180.4)


(Q12で「知らなかった」と答えた方に)

Q12SQb〔回答票14〕 あなたは,今後「地球温暖化対策のための税」に関する知識や情報を何によって提供されたらよいと思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
(N=1,181)

(90.9)(ア)テレビの広報
(25.1)(イ)ラジオの広報
(62.6)(ウ)新聞や雑誌の広報
(13.2)(エ)書籍・雑誌などの記事
(19.1)(オ)国の情報発信(ホームページ,メールマガジン,広報誌,シンポジウムなど)
(21.3)(カ)地方自治体の情報発信(ホームページ,メールマガジン,広報誌,シンポジウムなど)
(22.0)(キ)ガソリンスタンドにおけるポスターなどの告知
(24.5)(ク)電気やガスの検針票,領収書など
(23.9)(ケ)ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)
(0.3)その他
(1.1)特にない
(0.6)わからない
(M.T.=304.5)


<フェイス・シート>

F1 【性】

(46.9)男性
(53.1)女性


F2 【年齢】あなたのお年は満でおいくつですか。

(1.7)18~19歳
(3.2)20~24歳
(4.7)25~29歳
(5.3)30~34歳
(7.1)35~39歳
(8.6)40~44歳
(7.7)45~49歳
(8.7)50~54歳
(6.3)55~59歳
(11.2)60~64歳
(11.3)65~69歳
(9.0)70~74歳
(7.3)75~79歳
(7.8)80歳以上


F3〔回答票15〕 【従業上の地位】あなたのお仕事についてお伺いします。あなたは,この中のどれにあたりますか。

(49.7)(ア)雇用者(役員を含む)→F3SQaへ
(8.4)(イ)自営業主(家庭内職者を含む)→F3SQaへ
(2.0)(ウ)家族従業者→F3SQaへ
(39.9)(エ)無職(主婦,主夫,学生を含む)→F3SQbへ


(F3で「(ア)雇用者(役員を含む)」,「(イ)自営業主(家庭内職者を含む)」,「(ウ)家族従業者」と答えた方に)

F3SQa 【職業】あなたのお仕事の内容は何ですか。
(N=1,092)

(具体的に記入して,下の該当する項目に○をする)
[                               ]

(5.0)管理職
(15.7)専門・技術職
(22.0)事務職
(26.8)販売・サービス・保安職
(5.0)農林漁業職
(25.1)生産・輸送・建設・労務職
(0.4)無回答


(F3で「(エ)無職(主婦,主夫,学生を含む)」と答えた方に)

F3SQb〔回答票16〕 【主婦,主夫,学生,その他の無職】あなたはこの中のどれにあたりますか。
(N=724)

(53.0)主婦
(2.6)主夫
(5.5)学生
(38.8)その他の無職


(全員の方に)

F4【世帯人員】同居しているご家族はあなたを含めて何人ですか。

(11.9)1人
(31.1)2人
(23.6)3人
(17.0)4人
(16.3)5人以上
(0.2)無回答


F5〔回答票17〕【住宅の形態】今のお住まいをこのように分けた場合,この中のどれにあたりますか。

(79.6)(ア)持ち家(一戸建)
(2.6)(イ)持ち家(マンションなどの集合住宅)
(2.4)(ウ)賃貸住宅(一戸建)
(13.5)(エ)賃貸住宅(マンションなどの集合住宅)
(1.5)(オ)勤め先の給与住宅
(0.2)その他
(0.1)わからない


[目次]  [戻る]  [次へ]
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)