世論調査

世論調査 >  平成27年度 >  東京オリンピック・パラリンピックに関する世論調査 > 3 調査票

東京オリンピック・パラリンピックに関する世論調査

平成27年6月

(N=1,873)


1.東京オリンピック・パラリンピックの周知度・関心度

Q1〔回答票1〕 あなたは,2020年に,東京で夏季オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されることを知っていますか。この中から1つだけお答えください。

(98.1)(ア)知っている
(0.7)(イ)オリンピックは知っているが,パラリンピックは知らない
(0.1)(ウ)パラリンピックは知っているが,オリンピックは知らない
(1.1)(エ)知らない
(0.1)わからない


Q2〔回答票2〕 あなたは,東京オリンピック競技大会に関心がありますか。この中から1つだけお答えください。

(30.5)(ア)非常に関心がある
(51.4)(イ)ある程度関心がある
(14.3)(ウ)あまり関心がない
(3.7)(エ)ほとんど(全く)関心がない
(0.1)わからない


Q3〔回答票3〕 あなたは,東京オリンピック競技大会を実際に競技場などに観戦に行きたいと思いますか。この中から1つだけお答えください。

(12.2)(ア)ぜひ観戦に行きたい
(39.0)(イ)できれば観戦に行きたい
(24.3)(ウ)あまり観戦に行きたいとは思わない
(24.4)(エ)観戦に行きたいとは思わない
(0.1)わからない


Q4〔回答票4〕 あなたは,東京パラリンピック競技大会に関心がありますか。この中から1つだけお答えください。

(18.4)(ア)非常に関心がある
(51.9)(イ)ある程度関心がある
(22.4)(ウ)あまり関心がない
(7.0)(エ)ほとんど(全く)関心がない
(0.2)わからない


Q5〔回答票5〕 あなたは,東京パラリンピック競技大会を実際に競技場などに観戦に行きたいと思いますか。この中から1つだけお答えください。

(4.5)(ア)ぜひ観戦に行きたい
(31.9)(イ)できれば観戦に行きたい
(33.8)(ウ)あまり観戦に行きたいとは思わない
(29.3)(エ)観戦に行きたいとは思わない
(0.5)わからない


2.東京オリンピック・パラリンピック関連のボランティアに関する意識

Q6 国際競技大会などが開催される場合,その運営に多くの人がボランティアとして参加していますが,あなたは,このようなボランティア活動について知っていますか,それとも知りませんか。

(61.3)知っている
(36.4)知らない
(2.3)わからない


Q7〔回答票6〕 あなたは,東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される際に,ボランティアとして大会に参加しようと思いますか。この中から1つだけお答えください。

(3.5)(ア)参加したい
(19.2)(イ)できれば参加したい
(34.5)(ウ)あまり参加したくない
(41.3)(エ)参加したくない
(1.5)わからない


Q8〔回答票7〕 あなたは,過去3年間にスポーツボランティアやスポーツ以外のボランティア活動に参加したことがありますか。この中から1つだけお答えください。

(4.6)(ア)スポーツボランティアとスポーツ以外のボランティアの両方の活動に参加したことがある
(2.8)(イ)スポーツボランティア活動に参加したことがある
(14.1)(ウ)スポーツ以外のボランティア活動に参加したことがある
(78.2)(エ)スポーツボランティアとスポーツ以外のボランティアのいずれの活動にも参加したことがない
(0.3)わからない


Q9〔回答票8〕 東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に,日本全国においてスポーツボランティア活動への参加を促すためには,どのような取り組みが有効と考えますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)

(36.0)(ア)募集する団体や必要な手続きなどの情報を十分周知する
(16.6)(イ)募集する団体の信頼性を高めるために認証する仕組みを設ける
(35.1)(ウ)参加のための手続きを簡易なものにする
(20.7)(エ)参加に必要な知識・技能に関する事前トレーニングを充実させる
(42.1)(オ)ボランティア休暇や有給休暇を取得しやすくする
(28.2)(カ)少しの時間でも参加できるような時間に応じた参加メニューを設ける
(26.5)(キ)仲間と一緒に参加できるようなグループ単位での参加メニューを設ける
(22.8)(ク)参加の特典ややりがい(社会貢献ができる,仲間ができるなど)を十分周知する
(23.3)(ケ)参加者の活動を社会的に評価する仕組みを設ける
(0.3)その他
(6.3)特にない
(8.3)わからない
(M.T.=266.3)


3.東京オリンピック・パラリンピックの効果等に関する意識

Q10〔回答票9〕 あなたは,東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を通じて,日本全国にどのような効果がもたらされることを期待しますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)

(39.2)(ア)スポーツ(障がい者スポーツを含む)の振興
(23.5)(イ)国民の体力向上・健康増進
(34.9)(ウ)選手の競技力の向上
(28.2)(エ)競技場などの施設の整備
(38.5)(オ)空港・鉄道・道路などの交通インフラの利便性向上
(16.9)(カ)景観や環境などに配慮した住みやすい街づくりの促進
(38.4)(キ)バリアフリーの導入など,すべての人に優しい街づくりの促進
(18.5)(ク)文化の振興
(20.1)(ケ)教育への好影響
(34.3)(コ)日本人の国際化・マナーの向上
(44.4)(サ)障がい者への理解の向上
(37.7)(シ)観光客の増加
(7.4)(ス)科学技術イノベーションの促進
(32.0)(セ)経済波及効果や雇用の創出
(32.6)(ソ)地域の活性化
(24.2)(タ)東日本大震災などの被災地の復興促進
(28.1)(チ)海外における日本理解の促進・親日感の醸成
(24.1)(ツ)日本の国際的な地位の向上
(0.2)その他
(3.2)特にない
(2.3)わからない
(M.T.=528.8)


Q11〔回答票10〕 オリンピック憲章では,オリンピック村の開村期間中,文化イベントのプログラムを計画することが規定されており,2020年の東京大会では,リオ五輪後から東京大会までの4年間,文化イベントのプログラムを全国津々浦々で行うことを予定しています。あなたは,文化イベントのプログラムに参加しようと思いますか。この中から1つだけお答えください。

(5.3)(ア)参加したい→Q11SQ1へ
(28.5)(イ)できれば参加したい→Q11SQ1へ
(31.3)(ウ)あまり参加したくない→Q12へ
(31.8)(エ)参加したくない→Q12へ
(3.1)わからない→Q12へ


(Q11で「(ア)参加したい」,「(イ)できれば参加したい」と答えた方に)

Q11SQ1〔回答票11〕 あなたが,参加したい,またはしてもよいと考える文化イベントは何ですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
(N=633)

(51.7)(ア)音楽(オペラ,オーケストラ,室内楽,合唱,吹奏楽,ジャズ,ポップスなど)
(28.9)(イ)美術(絵画,版画,彫刻,工芸,陶芸,書,写真など)
(24.0)(ウ)演劇(現代演劇,人形劇,ミュージカルなど)
(16.0)(エ)舞踊(日本舞踊,バレエ,モダンダンス,コンテンポラリーダンスなど)
(28.6)(オ)映画(アニメーションを除く)
(18.0)(カ)メディア芸術(映画を除く。マンガ,アニメーション,メディアアート(コンピュータや映像を活用したアート),ゲームなど)
(31.9)(キ)伝統芸能(雅楽,能楽,文楽,歌舞伎,地域の祭りなど)
(16.7)(ク)芸能(講談,落語,浪曲,漫才など)
(35.7)(ケ)歴史的な建物や遺跡(建造物,遺跡,名勝地(庭園など)の文化財)
(51.2)(コ)食文化(和食など)
(14.4)(サ)茶道・華道
(12.6)(シ)文学(歴史文学,日本文学,純文学など)
(16.4)(ス)ファッション(和裁,洋裁など)
(0.2)その他
(2.4)わからない
(M.T.=348.7)


(Q11で「(ア)参加したい」,「(イ)できれば参加したい」と答えた方に)

Q11SQ2〔回答票12〕 あなたは,文化イベントへの参加などの文化的な活動に,1年間に何日くらい参加することができますか。この中から1つだけお答えください。
(N=633)

(1.4)(ア)週に3日以上(年151日以上)
(3.9)(イ)週に1~2日(年51日~150日)
(31.8)(ウ)月に1~3日(年12日~50日)
(24.8)(エ)3か月に1~2日(年4日~11日)
(28.0)(オ)年に1~3日
(10.1)わからない


(全員に)

Q12〔回答票13〕 東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に,日本全国において国内外に対する日本文化の発信を効果的に行うためには,文化イベントのプログラムをどのように準備・運営することが有効と考えますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)

(56.0)(ア)国内外においてマスメディアやインターネットなどを通じた広報を強化する
(19.2)(イ)各国の駐日大使館や国際機関などに協力を要請する
(36.4)(ウ)ホームページや施設などの案内標記を多言語化する
(28.8)(エ)自治体や地域の団体・コミュニティなどを通じて直接的に周知する
(25.4)(オ)住んでいる地域やその近辺の施設で開催する
(22.3)(カ)プログラムの内容を充実させる
(9.9)(キ)出張展示などの地域間交流施策を推進する
(18.5)(ク)解説会や体験講座の開催など,文化に親しむ機会を充実させる
(10.2)(ケ)施設の開館時間(閉館時間)を早くする(遅くする)
(45.8)(コ)入場料などの価格を安くする
(23.5)(サ)文化活動に対する公的な支援や寄附・ボランティアなどの活動を促進する
(24.4)(シ)文化に関する学校教育を充実させる
(0.3)その他
(4.3)特にない
(7.5)わからない
(M.T.=332.5)


Q13〔回答票14〕 あなたは,東京オリンピック・パラリンピック競技大会を通じて,世界に対して日本の何を発信したいですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)

(23.0)(ア)高い競技力やスポーツ文化
(62.1)(イ)おもてなしの心などの日本的価値観
(48.1)(ウ)自然美,景観のよさ
(51.0)(エ)伝統的な文化・芸術
(9.4)(オ)ゲームやアニメなどのポップカルチャー
(45.3)(カ)食文化
(22.3)(キ)最先端の科学技術
(15.1)(ク)経済活力
(62.4)(ケ)安全・安心な社会
(23.2)(コ)地域の魅力
(26.9)(サ)東日本大震災から復興した姿
(0.2)その他
(2.1)特にない
(2.2)わからない
(M.T.=393.3)


Q14〔回答票15〕 あなたは,東京オリンピック・パラリンピック競技大会や世界選手権大会などの国際大会を我が国で開催することについてどう思いますか。この中から1つだけお答えください。

(63.6)(ア)好ましい
(27.3)(イ)どちらかといえば好ましい
(4.6)(ウ)どちらかといえば好ましくない
(2.2)(エ)好ましくない
(2.3)わからない


4.運動・スポーツの実施状況とスポーツ振興に関する意識

Q15〔回答票16〕 この中にあなたがこの1年間に行った運動やスポーツがあれば全部あげてください。学校の体育の授業として行ったものや,職業として行ったものは除きます。(M.A.)

(10.3)(ア)キャッチボール,ドッジボール→Q15SQa1へ
(28.9)(イ)体操(ラジオ体操,職場体操,美容体操,エアロビクス,縄跳びを含む)→Q15SQa1へ
(50.8)(ウ)ウォーキング(歩け歩け運動,散歩などを含む)→Q15SQa1へ
(5.7)(エ)ダンス(フォークダンス,ジャズダンス,社交ダンス,民謡踊り,車いすダンスを含む)→Q15SQa1へ
(17.0)(オ)ボウリング→Q15SQa1へ
(4.4)(カ)ニュースポーツ(ゲートボール,グラウンドゴルフ,インディアカなどを含む)→Q15SQa1へ
(16.9)(キ)ランニング(ジョギング)→Q15SQa1へ
(10.5)(ク)水泳→Q15SQa1へ
(9.7)(ケ)室内運動器具を使ってする運動→Q15SQa1へ
(7.7)(コ)スキー,スノーボード→Q15SQa1へ
(2.2)(サ)スケート→Q15SQa1へ
(6.7)(シ)登山(クライミングを含む)→Q15SQa1へ
(5.8)(ス)キャンプ,オートキャンプ→Q15SQa1へ
(6.2)(セ)ハイキング,ワンダーフォーゲル,オリエンテーリング→Q15SQa1へ
(5.7)(ソ)ボート,ヨット,ボードセーリング,スキンダイビング,スクーバダイビング,カヌー,水上バイク,サーフィン,釣り→Q15SQa1へ
(9.5)(タ)ゴルフ→Q15SQa1へ
(0.2)(チ)グライダー,ハンググライダー,スカイダイビング,パラグライダー→Q15SQa1へ
(7.2)(ツ)サイクリング,モーター(サイクル)スポーツ→Q15SQa1へ
(0.7)(テ)陸上競技→Q15SQa1へ
(1.8)(ト)柔道,剣道,空手,すもう,ボクシング,レスリング→Q15SQa1へ
(0.3)(ナ)弓道,アーチェリー→Q15SQa1へ
(6.7)(ニ)野球,ソフトボール→Q15SQa1へ
(5.0)(ヌ)サッカー,フットサル(ブラインドサッカーを含む)→Q15SQa1へ
(5.0)(ネ)バレーボール,バスケットボール(シッティングバレーボール,車いすバスケットボールを含む)→Q15SQa1へ
(12.0)(ノ)テニス,ソフトテニス,バドミントン,卓球(車いすテニスを含む)→Q15SQa1へ
(0.3)その他→Q15SQa1へ
(22.6)運動やスポーツはしなかった→Q15SQbへ
(0.2)わからない→Q15SQbへ
(M.T.=259.9)


(Q15で(ア)~(ノ),「その他」のいずれかを答えた方に)

Q15SQa1〔回答票17〕 その運動やスポーツを行った日数を全部合わせると,1年間に何日くらいになりますか。この中から1つだけお答えください。
(N=1,446)

(25.4)(ア)週に3日以上(年151日以上)
(27.0)(イ)週に1~2日(年51日~150日)
(27.3)(ウ)月に1~3日(年12日~50日)
(11.8)(エ)3か月に1~2日(年4日~11日)
(8.0)(オ)年に1~3日
(0.5)わからない


(Q15で(ア)~(ノ),「その他」のいずれかを答えた方に)

Q15SQa2〔回答票18〕 あなたが運動やスポーツをしたのはどのような理由からですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
(N=1,446)

(67.8)(ア)健康・体力つくりのため
(51.0)(イ)楽しみ,気晴らしとして
(52.4)(ウ)運動不足を感じるから
(6.2)(エ)精神の修養や訓練のため
(5.9)(オ)自己の記録や能力を向上させるため
(19.0)(カ)家族のふれあいとして
(38.8)(キ)友人・仲間との交流として
(19.8)(ク)美容や肥満解消のため
(0.1)その他
(0.3)わからない
(M.T.=261.5)


(Q15で「運動やスポーツはしなかった」,「わからない」と答えた方に)

Q15SQb〔回答票19〕 この1年間に,運動やスポーツをしなかったのはどのような理由からですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
(N=427)

(42.6)(ア)仕事(家事・育児を含む)が忙しくて時間がないから
(22.5)(イ)体が弱いから
(34.0)(ウ)年をとったから
(2.6)(エ)場所や施設がないから
(5.4)(オ)仲間がいないから
(1.9)(カ)指導者がいないから
(4.2)(キ)金がかかるから
(10.5)(ク)運動・スポーツは好きではないから
(4.0)その他
(3.3)機会がなかった
(5.4)特に理由はない
(0.7)わからない
(M.T.=137.0)


(全員に)

Q16〔回答票20〕 スポーツをもっと振興させるために,国や都道府県または市町村に今後どのようなことに力を入れてもらいたいと思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)

(35.9)(ア)各種スポーツ行事・大会・教室の開催
(30.6)(イ)地域のクラブやサークルの育成
(22.5)(ウ)スポーツによる出会いや交流の促進
(28.7)(エ)スポーツ指導者の養成
(20.4)(オ)スポーツに関する広報活動
(35.2)(カ)学校体育施設の開放・整備
(23.8)(キ)野外スポーツ活動施設の整備
(15.4)(ク)野外を除く各種スポーツ施設の整備
(11.2)(ケ)スポーツに関する国際交流の振興
(6.4)(コ)スポーツに関する科学的研究の促進
(14.5)(サ)スポーツボランティアの支援
(40.1)(シ)年齢層にあったスポーツ・レクリエーションプログラムの開発普及
(19.9)(ス)障がい者のスポーツ・レクリエーション活動の推進
(19.0)(セ)運動量の目安となる指針・基準の策定や健康・体力相談体制の整備
(16.7)(ソ)スポーツに係る事故・外傷・障害の防止
(5.9)(タ)力を入れてもらいたいものはない
(0.9)その他
(4.5)わからない
(M.T.=351.4)


F1 【性】

(46.8)男性
(53.2)女性


F2 【年齢】あなたのお年は満でおいくつですか。

(3.2)20~24歳
(4.5)25~29歳
(6.2)30~34歳
(7.6)35~39歳
(9.0)40~44歳
(9.2)45~49歳
(7.9)50~54歳
(8.3)55~59歳
(9.7)60~64歳
(12.0)65~69歳
(10.1)70~74歳
(7.0)75~79歳
(5.1)80歳以上


F3〔回答票25〕 あなたのお仕事についてお伺いします。あなたは,この中のどれにあたりますか。

(50.1)(ア)雇用者(役員を含む)→F3SQaへ
(9.9)(イ)自営業主(家庭内職者を含む)→F3SQaへ
(2.0)(ウ)家族従業者→F3SQaへ
(37.9)(エ)無職(主婦,主夫,学生を含む)→F3SQbへ


(F3で「(ア)雇用者(役員を含む)」,「(イ)自営業主(家庭内職者を含む)」,「(ウ)家族従業者」と答えた方に)

F3SQa 【職業】あなたのお仕事の内容は何ですか。
(N=1,163)

(6.1)管理職
(15.4)専門・技術職
(19.2)事務職
(30.1)販売・サービス・保安職
(4.4)農林漁業職
(24.8)生産・輸送・建設・労務職


(F3で「(エ)無職(主婦,主夫,学生を含む)」と答えた方に)

F3SQb 【主婦,主夫,その他の無職】あなたは主婦(主夫)ですか。
(N=710)

(56.1)主婦
(2.8)主夫
(41.1)その他の無職


[目次]  [戻る]  [次へ]
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)