世論調査

世論調査 >  平成27年度 >  住生活に関する世論調査 > 2 調査結果の概要

4.高齢期の住宅,居住地についての意向

(1) 高齢期における理想の住宅

 65歳以上の高齢期において,どのような住宅に住むことが理想と考えるか聞いたところ,「持ち家(新築・一戸建住宅)」と答えた者の割合が40.9%,「持ち家(中古・一戸建住宅)」と答えた者の割合が8.2%,「持ち家(新築・マンション)」と答えた者の割合が8.3%,「持ち家(中古・マンション)」と答えた者の割合が4.1%,「民営の賃貸住宅」と答えた者の割合が2.8%,「都道府県・市区町村営住宅」と答えた者の割合が3.2%,「都市再生機構(UR),公社などの賃貸住宅」と答えた者の割合が1.1%,「高齢者向け住宅(サービス付き高齢者向け住宅,有料老人ホームなど)」と答えた者の割合が16.7%,「介護保険施設(特別養護老人ホームなど)」と答えた者の割合が3.8%,「いずれでもよい」と答えた者の割合が7.8%となっている。
 性別に見ると,「高齢者向け住宅(サービス付き高齢者向け住宅,有料老人ホームなど)」と答えた者の割合は女性で高くなっている。
 年齢別に見ると,「持ち家(新築・一戸建住宅)」と答えた者の割合は60歳代,70歳以上で高くなっている。(図15表15(CSV形式:3KB)別ウインドウで開きます

(2) 高齢期における理想の居住地

 高齢期(65歳以上)における理想の居住地として,どのような場所であることを重視するか聞いたところ,「医療・介護・福祉施設へのアクセスの良い場所」を挙げた者の割合が78.7%と最も高く,以下,「日常的な買い物などを行う生活関連施設などへのアクセスの良い場所」(68.0%),「公共交通機関へのアクセスの良い場所」(65.0%),「地震,台風などの自然災害に対して安全な場所」(44.2%),「犯罪,交通事故などに対して安全な場所」(41.5%),「騒音・振動,大気汚染などが少ない場所」(37.8%)などの順となっている。(複数回答,上位6項目)
 都市規模別に見ると,「公共交通機関へのアクセスの良い場所」を挙げた者の割合は大都市で高くなっている。
 性別に見ると,「医療・介護・福祉施設へのアクセスの良い場所」,「日常的な買い物などを行う生活関連施設などへのアクセスの良い場所」,「地震,台風などの自然災害に対して安全な場所」を挙げた者の割合は女性で高くなっている。
 年齢別に見ると,「日常的な買い物などを行う生活関連施設などへのアクセスの良い場所」,「公共交通機関へのアクセスの良い場所」,「地震,台風などの自然災害に対して安全な場所」,「犯罪,交通事故などに対して安全な場所」,「騒音・振動,大気汚染などが少ない場所」を挙げた者の割合は50歳代で高くなっている。(図16表16(CSV形式:4KB)別ウインドウで開きます

[目次]  [戻る]  [次へ]
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)