世論調査

世論調査報告書
平成17年7月調査

地球温暖化対策に関する世論調査

<お願い>

本報告書の内容を引用された場合,その掲載部分
の写しを下記宛に御送付下さい。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電 話 03(3581)0070   
F A X 03(3580)1186   


http://survey.gov-online.go.jp/

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

1.地球温暖化問題について
 (1) 地球環境問題に対する関心
 (2) 温室効果ガス排出量増加の周知度
 (3) 地球温暖化がもたらす影響への関心
 (4) 京都議定書の周知度
 (5) 京都議定書目標達成計画の周知度
 (6) 産業部門における温室効果ガス削減対策のあり方
   ア 産業部門における積極的な温室効果ガス削減の方策

2.家庭や職場で行う地球温暖化対策について
 (1) 日常生活における地球温暖化防止の取り組み
 (2) 家庭でできる地球温暖化対策
   ア 電化製品等を選ぶ際の省エネ意識
 (3) 省エネ効果を考慮して選んだ電化製品等
 (4) 「クール・ビズ」の周知度
 (5) クール・ビズ(夏の軽装)の取り組み
   ア クール・ビズ(夏の軽装)に取り組んでいる理由
   イ 夏の軽装の取り組み時期
   ウ クール・ビズ(夏の軽装)に取り組んでいない理由
 (6) 家庭で行う地球温暖化対策を訴える方法
 (7) 自動車からの二酸化炭素排出量削減のために推進すべき取り組み

3.地球温暖化対策の国際的な取り組みについて
 (1) 「京都メカニズム」活用のあり方
 (2) 今後の国際的取り組みのあり方

4.環境税について
 (1) 環境税導入の賛否
   ア 環境税導入に賛成の理由
   イ 環境税の使途
   ウ 環境税導入に反対の理由

5.サマータイム制度について
 (1) サマータイム制度の周知度
 (2) サマータイム制度導入による生活面への影響
 (3) サマータイム制度導入の賛否
   ア サマータイム制度導入に賛成の理由
   イ サマータイム制度導入に反対の理由
   ウ サマータイム制度導入に賛成の条件

3 調査票

4 集計表






世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成17年度調査インデックスへ
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)