世論調査

世論調査報告書
平成15年5月調査

消防・救急に関する世論調査

<お願い>

本報告書の内容を引用された場合,その掲載部分
の写しを下記宛に御送付下さい。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電話 03(5253)2111  内線82780〜82783
FAX 03(3580)1186              

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

1. 消防・救急に対する印象について
 (1)消防・救急への全般的な印象
  ア 良い印象の内容
  イ 悪い印象の内容

2. 消防・救急の業務について
 (1)消防・救急がこれまで役立ってきたこと
 (2)第1に119番に通報する事象の認識
 (3)消防車を呼んだ経験
  ア 消防車到達までの時間
 (4)救急車を呼んだ経験
  ア 救急車到達までの時間

3. 消防車や救急車の緊急走行について
 (1)歩行者として消防車や救急車の接近時の対応
 (2)運転者として消防車や救急車の接近時の対応
 (3)緊急走行する消防車や救急車の印象

4.救急について
 (1)「需要に合わせた整備が必要である」との意見について
 (2)「出動件数を抑制する必要がある」との意見について
 (3)搬送費用の負担について

5.消防団について
 (1)消防団について
 (2)消防団員への入会希望について
  ア 消防団に入らない理由

6.自主防災組織について
 (1)日ごろから心掛けていること
 (2)自主防災組織への関心
 (3)参加したい自主防災組織の活動

7.住宅の防火対策について
 (1)住宅火災対策器具の設置等の状況
 (2)一戸建て住宅の火災防止対策に対する関心
 (3)住宅火災対策器具の設置義務化の是非について

8.消防・救急体制の整備について
 (1)消防・救急業務の主体について
 (2)消防力の基準について
 (3)消防・救急体制の整備について

3 調査票






世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成15年度調査インデックスへ
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)