世論調査

世論調査報告書
平成15年5月調査

交通安全に関する世論調査

<お願い>

本報告書の内容を引用された場合,その掲載部分
の写しを下記宛に御送付下さい。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電話 03(5253)2111  内線82780〜82783
FAX 03(3580)1186              

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

1. シートベルトの着用について
 (1)後部座席でのシートベルトの着用状況
  ア 後部座席でシートベルトを着用する理由
  イ 後部座席でシートベルトを着用しない理由
 (2)高速道路で後部座席でのシートベルトの着用状況
  ア 高速道路で後部座席でシートベルトを着用する理由
  イ 高速道路で後部座席でシートベルトを着用しない理由
 (3)シートベルトの着用を推進するための対策

2. 飲酒運転の防止について
 (1)飲酒運転に対する罰則等の引上げについての周知度
 (2)罰則等の引上げ以前の飲酒運転に対する考え方
 (3)現在の飲酒運転に対する考え方
  ア 飲酒運転は絶対にしてはいけないと思っている理由
 (4)飲酒運転の防止を徹底するための対策

3. 自動二輪車の二人乗りについて
 (1)一般道路での自動二輪車の二人乗りの条件に対する考え方
  ア 厳しくすべき条件として最も重要なこと
 (2)高速道路での自動二輪車の二人乗り禁止についての周知度
 (3)高速道路での自動二輪車の二人乗り解禁の可否
  ア 高速道路での二人乗りを認める場合の条件で一般道路との関係でよいと思うもの
  イ 厳しくすべき条件として最も重要なこと

4.歩行者及び高齢者について
 (1)歩行中の交通事故に対する不安の頻度
 (2)歩行者としての不満や困っていることて
  ア 自転車が歩道を通り危ないと思う理由
 (3)高齢者の交通事故を防ぐための対策

5.交通安全の広報について
 (1)交通安全についてどのような場で取りあげたらよいか

3 調査票






世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成15年度調査インデックスへ
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)