世論調査

世論調査報告書
平成16年2月調査

科学技術と社会に関する世論調査

<お願い>

本報告書の内容を引用された場合,その掲載部分
の写しを下記宛に御送付下さい。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電話 03(3581)0070    
F A X 03(3580)1186   


http://survey.gov-online.go.jp/

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

1. 科学技術への関心等
 (1) 科学技術についてのニュースや話題への関心
 (2) 科学技術に関する知識の情報源
 (3) 科学者や技術者からの情報発信に対する意見
    【1】 わかりやすく説明されれば大抵の人は理解できる
    【2】 知る機会や情報を提供してくれるところは十分にある
 (4) 科学者や技術者の話への関心
   ア 話を聞いてみたい分野
   イ 話を聞いてみたいとは思わない理由
 (5) 科学者や技術者への親近感

2. 科学技術の発展に対するイメージ
 (1) 科学技術の発展により向上したもの
    【1】 個人個人の生活の楽しみ
    【2】 物の豊かさ
    【3】 労働条件
    【4】 健康状態
    【5】 社会や生活の安全性
 (2) 科学技術の発展に伴う課題
    【1】 細分化し、専門家でなければわからなくなる
    【2】 悪用されたり、誤って使われたりする危険性が増える
    【3】 進歩が速すぎるため、ついていけなくなる
 (3) 科学技術の発展のプラス面とマイナス面
 (4) 科学技術の発展を不安に思う分野
 (5) 科学技術に関する意見
    【1】 日本の科学技術は、諸外国に比べ進んでいる
    【2】 社会の新たな問題は科学技術によって解決される
    【3】 国際的な競争力を高めるためには、科学技術を発展させる必要がある
    【4】 身近な生活の安全と国の総合的な安全の確保のため、高い科学技術の水準が必要である
    【5】 科学的研究は、人類に新たな知識をもたらすという意味で不可欠である
    【6】 科学技術が発展すると、我々の生活はより健康で快適なものになる
    【7】 学校での理科や数学の授業は、生徒の科学的センスを育てるのに役立っている
    【8】 科学技術に触れることの面白さや楽しさが感じられなくなっている
    【9】 物質的な豊かさだけでなく、心の豊かさも実現するものであるべきである
   【10】 科学技術に関する政策の形成には、国民自身の参画がより一層必要となってくる

3. 発展を期待する科学技術の分野
 (1) 科学技術が貢献すべき分野
 (2) 国や公的機関が取り組むべき分野

3 調査票






世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成15年度調査インデックスへ
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)