世論調査

世論調査報告概要
平成14年8月調査

児童の性的搾取に関する世論調査

<お願い>

本概要の内容を引用された場合、その掲載部分の
写しを下記あてにご送付ください。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電話 03(5253)2111  内線82780〜82783

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

  1. インターネット等について
    (1)インターネットに接続でき,自由に使える機器
    (2)インターネットを利用する頻度

  2. 出会い系サイトについて
    (1)出会い系サイトに対する印象
    (2)出会い系サイトの利用
      ア 出会い系サイトの男女の扱い
      イ 出会い系サイトの種類
      ウ 出会い系サイトにアクセスしたきっかけ
      エ 出会い系サイトの課金方法
      オ 出会い系サイトへの書き込みや返信の回数
      カ 出会い系サイトを通じた,面識のない人との接触
      キ 出会い系サイトで知り合った人と,直接会った後の状況
    (3)出会い系サイトを18歳未満の者が利用することに対する意識
      ア 18歳未満の者の利用条件
    (4)出会い系サイトに関する広告メールの受信状況
    (5)出会い系サイトに関する広告メールに対する問題の有無
      ア 問題があると思う理由
      イ 問題がないと思う理由
    (6)出会い系サイトに関連する18歳未満の者の被害者の増加の周知度
    (7)出会い系サイトに関連する犯罪から18歳未満の者を守る役割の大きい者
    (8)出会い系サイトに関連する犯罪から18歳未満の者を守るために必要なこと

  3. 児童ポルノについて
    (1)児童ポルノの単純所持が違反ではないことの周知度
    (2)児童ポルノを見た経験
    (3)周りに児童ポルノを持っている人の存在
    (4)児童ポルノの入手等について勧誘された経験
    (5)児童ポルノの単純所持に対する規制の必要性
      ア 規制すべきだと思う理由
      イ 規制すべきだと思わない理由
      ウ 児童ポルノのうち,性的虐待に対する単純所持規制の必要性
    (6)性欲を興奮・刺激することに限定することへの賛否
    (7)児童ポルノに該当しないもののうち,性的虐待を受けている写真等の規制の必要性
    (8)絵画やイラスト等への規制の必要性
      ア 規制すべき内容
    (9)18歳以上の者が児童の振りをする画像の規制の必要性
      ア 規制すべきだと思う理由
      イ 規制すべきだと思わない理由
    (10)インターネット上の児童ポルノの流通を防止するための役割が大きい者
    (11)インターネット上の児童ポルノの流通を防止するために必要な対策


3 調査票





世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成14年度調査インデックスへ
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)