世論調査

世論調査報告書
平成15年2月調査

公的年金制度に関する世論調査

<お願い>

本概要の内容を引用された場合、その掲載部分の
写しを下記宛に御送付下さい。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電話 03(5253)2111  内線82780〜82783

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

1. 老後の生活について
 (1)老後の生活について考える頻度
 (2)老後の生活設計の中での公的年金の位置付け
 (3)社会保障などの分野における最も重要な課題

2. 公的年金制度について
 (1)公的年金制度の情報源
 (2)公的年金制度に対する関心
  ア 公的年金制度に対する関心を持ち始めた時期
  イ 公的年金制度に対する関心の内容
  ウ 公的年金制度に対する関心がない理由
 (3)公的年金制度の仕組みや役割についての認識

3. 公的年金制度の改正について
 (1)次期改正に向けた動きについての周知度
 (2)公的年金制度の給付と負担についての考え方

4.公的年金の給付と負担について
 (1)公的年金の財政見通しの周知度
 (2)今後の公的年金の給付と負担のあり方について
 (3)公的年金の給付と負担の調整方法についての考え方

5.パートタイマー等について

6.第3号被保険者制度について
 (1)専業主婦等の年金保険料の負担についての周知度
 (2)専業主婦等の年金保険料の負担についての考え方

7.年金制度の中での少子化対策について

3 調査票






世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成14年度調査インデックスへ
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)