世論調査

世論調査報告概要
平成15年2月調査

人権擁護に関する世論調査

<お願い>

本概要の内容を引用された場合、その掲載部分の
写しを下記あてにご送付ください。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電話 03(5253)2111  内線82780〜82783

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

1. 人権問題について
 (1)基本的人権についての周知度
 (2)人権侵害の推移
 (3)人権侵害の経験
   ア (経験がある者に)人権侵害の内容
 (4)人権尊重と権利主張による他人への迷惑

2. 主な人権課題に関する意識について
 (1)人権課題に対する関心
 (2)女性に関する人権上の問題点
 (3)女性の人権擁護のために必要なこと
 (4)子どもに関する人権上の問題点
 (5)子どもの人権擁護のために必要なこと
 (6)高齢者に関する人権上の問題点
 (7)高齢者の人権擁護のために必要なこと
 (8)障害者に関し、どのような問題が起きているか
 (9)障害者の人権擁護のために必要なこと
 (10)同和問題を知ったきっかけ
   ア 同和問題に関し、どのような問題が起きているか
   イ 同和問題の解決に必要なこと
 (11)アイヌの人々に関する人権問題の周知度
   ア アイヌの人々に関し、どのような問題が起きているか
   イ アイヌの人々の人権擁護のために必要なこと
 (12)外国人の人権擁護についての考え方
 (13)外国人が不利益な取扱いを受けることについての考え方
 (14)HIV感染者等に関し、どのような問題が起きているか
 (15)HIV感染者等の人権擁護のために必要なこと
 (16)ハンセン病患者・元患者等に関し、どのような問題が起きているか
 (17)ハンセン病患者・元患者等に関する人権擁護のために必要なこと
 (18)犯罪被害者等に関し、どのような問題が起きているか
 (19)犯罪被害者等の人権擁護のために必要なこと
 (20)インターネットによる人権侵害に関し、どのような問題が起きているか
 (21)インターネットによる人権侵害の解決に必要なこと

3. 人権擁護に関する啓発活動について
 (1)どのような啓発活動が効果的と思うか
 (2)国の人権擁護施策に対する要望

3 調査票






世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成14年度調査インデックスへ
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)