世論調査

世論調査報告概要
平成14年7月調査

男女共同参画社会に関する世論調査

<お願い>

本概要の内容を引用された場合、その掲載部分の
写しを下記あてにご送付ください。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電話 03(5253)2111  内線82780〜82783

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

  1. 男女の地位に関する意識について
    (1) 各分野の男女の地位の平等感
     ア 家庭生活における男女の地位の平等感
     イ 職場における男女の地位の平等感
     ウ 学校教育の場における男女の地位の平等感
     エ 政治の場における男女の地位の平等感
     オ 法律や制度の上での男女の地位の平等感
     カ 社会通念・慣習・しきたりなどにおける男女の地位の平等感
    (2) 社会全体における男女の地位の平等感
    (3) 男女があららゆる分野で平等になるために重要なこと

  2. 職業生活について
    (1) 働いている理由
    (2) 職場で女性は不当に差別されているか
     ア 不当に差別されている具体的な内容
    (3) 働いていない理由
    (4) 働く意向
    (5) 女性が職業をもつことについての考え
    (6) 様々な職業分野で女性が増える方がよいか
     ア 政策・方針の決定にかかわる役職で女性が増える方がよいと思うもの

  3. 家庭生活について
    (1) 家庭における家事分担
     ア 掃除
     イ 洗濯
     ウ 食事のしたく
     エ 食事の後かたづけ,食器洗い
    (2) 家庭における最終決定者
     ア 家計費管理
     イ 貯蓄・投資
     ウ 土地,家屋の購入
     エ 夫の就職・転職
     オ 妻の就職・転職
     カ 家庭における全体的な実権
    (3) 結婚観,家庭観等に関する意識
      1) 結婚について
      ア 結婚は個人の自由であるから、結婚してもしなくてもどちらでもよいか
      2) 家庭について
      ア 夫は外で働き、妻は家庭を守るべきであるか
      イ 女性は結婚したら、自分自身のことより、夫や子どもなど家族を中心に考えて生活した方がよいか
      ウ 結婚しても必ずしも子どもをもつ必要はないか
      3) 離婚について
      ア 結婚しても相手に満足できないときは離婚すればよいか
      イ 一般に、今の社会では離婚すると女性の方が不利であるか

3 調査票





世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成14年度調査インデックスへ
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)