世論調査

世論調査報告概要
平成13年9月調査

障害者に関する世論調査

<お願い>

本概要の内容を引用された場合、その掲載部分の
写しを下記あてにご送付ください。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電話 03(5253)2111  内線82780〜82783

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

  1. 障害者に対する意識について
    (1)「ノーマライゼーション」の周知度
    (2)「ノーマライゼーション」の考え方について
    (3)「障害者の日」の周知度

  2. 障害者とのふれあいについて
    (1)行事や催しへの参加意向
    (2)障害のある人の活躍について家庭で話す機会
    (3)話しをしたり,手助けをしたことがあったか
    (4)交流や催し,ボランティア活動の参加経験の有無
    (5)今後の参加意向
    (6)工夫すれば障害のある人々にも利用しやすくなると思うことの有無

  3. 障害者に対する施策等について
    (1)「障害者基本計画」の周知度
    (2)「市町村障害者計画」策定に当たっての意見や要望
    (3)企業や民間団体に対する要望
    (4)「アジア太平洋障害者の十年」の周知度
    (5)国や地方公共団体に対する要望


3 調査票





世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成13年度調査インデックスへ

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)