世論調査

世論調査報告概要
平成13年7月調査

地球温暖化防止とライフスタイルに関する世論調査

<お願い>

本概要の内容を引用された場合、その掲載部分の
写しを下記あてにご送付ください。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電 話 03(5253)2111  内線82780〜82783

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

  1. 地球温暖化防止について
    (1) 地球環境問題に対する関心
    (2) 地球温暖化問題の原因についての周知度
    (3) 温室効果ガスの排出量増加の周知度
    (4) 排出量の民生部門と産業部門の比較に関する周知度
    (5) 地球環境問題や環境保全に関する情報の入手先
    (6) 京都議定書の周知度
    (7) 地球温暖化防止について個人努力の効果の周知度
    (8) 地球温暖化防止のための個人の日常生活においての取り組み
    (9) 地球温暖化防止のため変えるべき個人の生活スタイル
    (10)地球温暖化防止のため地方公共団体として取り組むべきこと
    (11)地球温暖化防止のため国として取り組むべきこと

  2. サマータイム制度
    (1) サマータイム制度の周知度
     ア サマータイム制度の情報の入手先
    (2) サマータイム制度が導入された場合生活面で考えられること
    (3) サマータイム制度導入に対する賛否
     ア サマータイム制度導入に賛成の理由
     イ サマータイム制度導入に反対の理由


3 調査票




世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成13年度調査インデックスへ

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)