世論調査

世論調査報告概要
平成13年10月調査

外交に関する世論調査

<お願い>

本概要の内容を引用された場合、その掲載部分の
写しを下記あてにご送付ください。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電話 03(5253)2111  内線82780〜82783

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

  1. 日本と諸外国との関係について
    (1)日本とアメリカ
     ア アメリカに対する親近感
     イ 現在の日本とアメリカとの関係
    (2)日本とロシア
     ア ロシアに対する親近感
     イ 現在の日本とロシアとの関係
    (3)日本と中国
     ア 中国に対する親近感
     イ 現在の日本と中国との関係
    (4)日本と韓国
     ア 韓国に対する親近感
     イ 現在の日本と韓国との関係
    (5)日本と東南アジア諸国
     ア 東南アジア諸国に対する親近感
     イ 現在の日本と東南アジア諸国との関係
    (6)日本と南西アジア諸国
     ア 南西アジア諸国に対する親近感
     イ 現在の日本と南西アジア諸国との関係
    (7)日本とEU諸国
     ア EU諸国に対する親近感
     イ 現在の日本とEU諸国との関係
    (8)日本と中・東欧諸国
     ア 中・東欧諸国に対する親近感
     イ 現在の日本と中・東欧諸国との関係
    (9)日本と中南米諸国
     ア 中南米諸国に対する親近感
     イ 現在の日本と中南米諸国との関係
    (10)日本とアフリカ諸国
     ア アフリカ諸国に対する親近感
     イ 現在の日本とアフリカ諸国との関係
    (11)北朝鮮への関心度

  2. 経済協力について
    (1)今後の経済協力のあり方
     ア 経済協力を進める理由
     イ 経済協力を進めない理由
    (2)今後の経済協力の重点地域
     ア アジア地域の中での経済協力の重点地域

  3. 国連における日本の役割について
    (1)国連平和維持活動への参加についての考え方
    (2)国連安全保障理事会の常任理事国入りについての賛否
     ア 日本の常任理事国入りに賛成する理由
     イ 日本の常任理事国入りに反対する理由
    (3)国連を通じて行う国際協力の重要分野

  4. 国際社会における役割等について
    (1)外国における日本の立場の理解について
     ア 日本の立場を伝えていないと思う理由
    (2)WTO貿易交渉で望むこと
    (3)セーフガードの発動についての賛否
     ア セーフガード発動に賛成する理由
     イ セーフガード発動に反対する理由
    (4)京都議定書について
    (5)海洋国家としての海洋政策の重点分野
    (6)海賊問題に対する日本の対応
    (7)海洋環境問題に対する重点分野
    (8)国際社会における日本の役割


3 調査票





世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成13年度調査インデックスへ

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)