世論調査

2 調査結果の概要


8 功績評価について

問 8  功績の評価は、個々の候補者ごとに、その功績内容等について先例との比較衡量を行った上で、個別・具体的に行われています。また、多分野にわたる功績のある候補者については、すべての功績について総合的に評価が行われています。
 功績の評価について、次の中からあなたのお考えに近いものをいくつでもお選び下さい。

  1.  地域社会の発展に尽くした人に対する評価を高める
  2.  経済の発展、雇用の確保に尽くした人に対する評価を高める
  3.  教育や芸術文化、科学技術の発展に尽くした人に対する評価を高める
  4.  医療や社会福祉に尽くした人に対する評価を高める
  5.  警察官、自衛官、消防士など危険性の高い業務に尽くした人、特に殉職した人や、民間人で警察・消防活動に協力して危難に遭った人に対する評価を高める
  6.  へき地の医師・看護婦・助産婦や養護施設・保育園の保母など人目につきにくい分野で業務に尽くした人に対する評価を高める
  7.  保護司や民生・児童委員などボランティアで公共の仕事に尽くした人に対する評価を高める
  8.  国際社会に貢献した人に対する評価を高める
  9.  上記以外の分野の人に対する評価を高める(分野:            )
  10.  その他(                          )

表11

 分野間の比較で見ると「地域社会の発展に尽くした人に対する評価を高める」を挙げた者の割合は地方自治体の首長・議会議長,各種団体役員で,「教育や芸術文化、科学技術の発展に尽くした人に対する評価を高める」を挙げた者の割合は学識者,マスコミ関係者・自由業者で,それぞれ高くなっている。
 分野毎に見ると,地方自治体の首長・議会議長で「地域社会の発展に尽くした人に対する評価を高める」を挙げた者の割合が最も高くなっている。

図11


目次戻る次へ
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)