世論調査

人権擁護に関する世論調査(平成9年7月)

総理府広報室

ホームへ 世論調査インデックスへ 平成9年度調査インデックスへ

調査の概要

1.調査の目的 人権擁護に関する国民の意識を調査し,今後の施策の参考とする。
2.調査項目 ・ 人権の問題について
・ 人権尊重と権利の主張による他人への迷惑について
・ 子ども,高齢者,女性,外国人の人権擁護について
・ 人権擁護委員について
・ 人権擁護機関に対する要望
3.調査対象 ・ 母集団 全国20歳以上の者
・ 標本数 3,000 人
・ 抽出法 層化2段無作為抽出法
4.調査時期 平成9年7月10日~7月20日
5.調査方法 調査員による面接聴取
6.調査実施委託機関 社団法人 新情報センター
7.回収結果
(1)有効回収数(率)   2,148人(71.6%)
(2)調査不能数(率)    852人(28.4%)


調査票


Q1 あなたは,基本的人権は侵すことのできない永久の権利として,憲法で保障されていることを知っていますか。
( 79.9) 知っている
( 20.1)知らない


Q2 〔回答票1〕 新聞やテレビなどで「人権問題」とか「人権が侵害された」というニュースが報道されることがありますが,あなたは,この5~6年の間に,我が国で,人権が侵害されるようなことは次第に少なくなってきたと思いますか,あまり変わらないと思いますか,それとも次第に多くなってきたと思いますか。この中ではどうでしょうか。
( 9.4)(ア)少なくなってきた
( 40.3)(イ)あまり変わらない
( 39.6)(ウ)多くなってきた
( 10.7)わからない


Q3 あなたは,今までに,ご自分の人権が侵害されたと思ったことがありますか,それともそういうことはありませんか。
( 12.2)ある(SQ1へ)
( 87.8)ない(SQ5へ)


SQ1 それは, どのような場合ですか。差し支えなければお聞かせください。(F. A. -M. A. )
(N=261)
( 42.5)あらぬ噂,他人からの悪口,かげ口
( 11.5)名誉・信用のき損,侮辱
( 1.5)警察官の不当な取扱い
( 3.1)暴力,強迫,強要(社会的地位,慣習,脅迫などにより,本来義務のないことをやらされたり,権利の行使を妨害された)
( 1.5)犯罪,不法行為のぬれぎぬ
( 5.4)悪臭・騒音等の公害
( 15.3)差別待遇(人種・信条・性別・社会的身分等により,不平等又は不利益な取扱いをされた)
( 2.3)村八分
( 4.2)使用者による労働強制等の不当な待遇
( 0.4)水道・ガス等を止められたような住居の安全に関するもの
( 0.0)社会福祉施設での不当な取扱い
( 19.5)プライバシーの侵害
( 0.8)セクシュアル・ハラスメント
( 2.3)特定の人に執拗につきまとわれる
( 7.7)その他(        )
( 4.2)なんとなく
( 8.8)答えたくない

(M. T. = 131.0)


SQ2 そのときにどうされましたか。どなたかへ相談したことがありますか,それと  もご自分で処理されましたか。(F. A. -M. A. )
(N= 261)
( 13.8)友人,同僚,上司(SQ4へ)
( 12.6)両親,兄弟,子ども,親せき(SQ4へ)
( 3.1)弁護士(SQ4へ)
( 1.9)警察(SQ4へ)
( 1.9)法務局(SQ3へ)
( 0.8)人権相談所(SQ3へ)
( 1.1)人権擁護委員(SQ3へ)
( 4.6)市町村役場(SQ4へ)
( 4.2)その他(      )(SQ4へ)
( 28.0)自分で処理(解決)した(Q4へ)
( 33.7)何もしなかった(Q4へ)
( 1.9)忘れた(Q4へ)
(M. T. = 107.7)


SQ3 (法務局,人権相談所,人権擁護委員)に相談されて,満足な結果が得られましたか,それとも満足な結果は得られませんでしたか。
(N=10)
( 30.0)満足な結果が得られた
( 70.0)満足な結果は得られなかった
( - )一概に言えない

(ここまで聞いたらQ4へ)


SQ4 〔回答票2〕では,法務局や人権相談所,人権擁護委員に相談されなかったのはなぜですか。この中から1つだけお答えください。
(N=87)
( 24.1)(ア)法務局や人権相談所,人権擁護委員の存在を知らなかったから
( 5.7)(イ)法務局や人権相談所,人権擁護委員の所在を知らなかったから
( 11.5)(ウ)法務局や人権相談所,人権擁護委員に相談しても解決しないと思ったから
( 37.9)(エ)法務局や人権相談所,人権擁護委員に相談しなくても他の方法で解決できると思ったから
( 17.2)その他(        )
( 3.4)わからない

(ここまで聞いたらQ4へ)


(Q3で「ない」と答えた者に)

SQ5 〔回答票3〕もし,あなたが,ご自分の人権を侵害されたと思った場合,まず  どのような対応をしますか。この中から1つだけお答えください。
(N= 1,887)
( 6.0)(ア)黙って我慢する
( 20.3)(イ)相手に抗議する
( 40.5)(ウ)身近な人に相談する
( 1.9)(エ)有力者に相談する
( 5.7)(オ)弁護士に相談する
( 4.1)(カ)警察に相談する
( 7.9)(キ)法務局や人権相談所,人権擁護委員に相談する
( 4.9)(ク)市役所や町役場に相談する
( 1.1) その他(        )
( 7.6) わからない


次に,人権擁護委員についてお伺いします。

Q4 〔回答票4〕各市町村に人権擁護委員がいて,このような地域住民の人権を守るための活動を行っていますが,このうち,あなたが知っているものをいくつでもあげてください。(M. A.)
( 10.9)(ア)人権思想の普及,高揚のための広報活動(SQへ)
( 15.8)(イ)人権侵害の被害者救済のための活動(SQへ)
( 10.2)(ウ)資力に乏しい人に対する裁判費用の援助のための活動(SQへ)
( 28.5)(エ)人権問題に関する相談活動(SQへ)
( 0.3) その他(        )(SQへ)
( 50.2) 知っているものはない(Q5へ)
( 10.1) わからない(Q5へ)
(M. T. = 126.1)


SQ 〔回答票5〕このような人権擁護委員の活動を何からお知りになりましたか。この中からいくつでもあげてください。(M. A. )
(N= 853)

・ 人権思想の普及,高揚のための広報活動
・ 人権侵害の被害者救済のための活動
・ 資力に乏しい人に対する裁判費用の援助のための活動
・ 人権問題に関する相談活動

( 52.5)(ア)国や県,市町村などの出版物や広報紙(誌)
( 40.2)(イ)新聞
( 36.8)(ウ)テレビ,ラジオ
( 9.8)(エ)ポスター,リーフレット,パンフレット
( 9.4)(オ)本や雑誌
( 16.8)(カ)人から聞いた
( 6.2) その他(    )
( 1.8) 忘れた・わからない

(M. T. = 173.5)


Q5 〔回答票6〕このような人権擁護委員の活動のうち,あなたが特に力を入れてほしいと思うのはどのような活動でしょうか。この中からいくつでもあげてください。(M. A. )
( 20.3)(ア)人権思想の普及,高揚のための広報活動
( 45.0)(イ)人権侵害の被害者救済のための活動
( 31.0)(ウ)資力に乏しい人に対する裁判費用の援助のための活動
( 41.4)(エ)人権問題に関する相談活動
( 0.6) その他(    )
( 14.8) わからない

(M. T. = 153.2)


Q6 〔回答票7〕あなたは,人権擁護委員としては,特にどのような人が望ましいと思いますか。この中から3つまであげてください。(3M. A. )
( 24.0)(ア)政党色のない人
( 18.7)(イ)健康で活動力のある人
( 37.0)(ウ)人格の円満な人
( 48.7)(エ)人生経験が豊かで物ごとに理解のある人
( 4.8)(オ)社会的地位や経済力のある人
( 71.4)(カ)公平な見方をする人
( 61.4)(キ)人の秘密が守れる人
( 0.5) その他(    )
( 1.9) わからない
(M. T. = 268.4)


Q7 〔回答票8〕あなたは,人権擁護委員としては,どのような年代の人が望ましいと思いますか。この中から1つだけお答えください。
( 0.4)(ア)20歳代
( 3.8)(イ)30歳代
( 22.9)(ウ)40歳代
( 49.5)(エ)50歳代
( 15.4)(オ)60歳以上
( 3.7) その他(        )
( 4.2) わからない


次に,子ども,高齢者,女性,外国人の人権擁護についてお伺いします。

Q8 〔回答票9〕 子どもに関する事柄で,人権上問題があると思われるのはどのようなことですか。この中からいくつでもあげてください。(M. A. )
( 65.1)(ア)「仲間はずれ」や「無視」,身体への直接攻撃や相手が嫌がることをしたり,させたりするなど,いじめを行う
( 56.9)(イ)いじめをしている人や,いじめられている人を見て見ぬふりをする
( 21.5)(ウ)授業中,先生が騒いだ子どもをなぐる
( 25.1)(エ)親がいうことを聞かない子どもをせっかんする
( 34.6)(オ)学校や就職先の選択など自分の意見について,大人がその意見を無視する
( 0.6)  その他(      )
( 4.3)  特にない
( 4.4)  わからない
(M. T. = 212.5)


Q9 〔回答票10〕あなたは,子どもの人権を守るのに必要なことはどのようなことだと思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M. A. )
( 30.5)(ア)子どもの人権相談所や電話相談所を充実する
( 17.1)(イ)子どもの人権を守るための啓発広報活動を推進する
( 12.9)(ウ)体罰禁止を徹底させる
( 10.0)(エ)校則や規則を緩やかなものにする
( 51.7)(オ)成績だけを重んじる教育の在り方を改める
( 28.8)(カ)大人に,子どもが独立した人格であることを教育する
( 39.4)(キ)教師の人間性,資質を高める
( 40.5)(ク)家庭内の人間関係を安定させる
( 53.2)(ケ)子どもに,他人に対する思いやりを教える
( 34.0)(コ)子どもの個性を尊重する
( 36.4)(サ)子どもにたくましく生きるための「生きる力」を身に付けさせる
( 0.5) その他(      )
( 1.4) 特にない
( 3.0) わからない
(M. T. = 359.4)


Q10 〔回答票11〕 高齢者に関する事柄で,人権上問題があると思われるのはどのようなことですか。この中からいくつでもあげてください。(M. A. )
( 30.7)(ア)経済的に自立が困難なこと
( 43.1)(イ)働ける能力を発揮する機会が少ないこと
( 32.1)(ウ)悪徳商法の被害者が多いこと
( 27.0)(エ)病院での看護や養護施設での扱いが悪いこと
( 43.2)(オ)高齢者を邪魔者扱いし,つまはじきにすること
( 34.7)(カ)高齢者の意見や行動を尊重しないこと
( 0.2) その他(      )
( 4.7) 特にない
( 3.6) わからない
(M. T. = 219.1)


Q11 〔回答票12〕あなたは,高齢者の人権を守るのに必要なことはどのようなことだと思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M. A. )
( 31.4)(ア)高齢者のための人権相談所や電話相談所を開設する
( 17.7)(イ)高齢者の人権を守るための広報活動を推進する
( 59.5)(ウ)高齢者が自立して生活しやすい環境にする
( 33.7)(エ)高齢者の就職機会を確保する
( 17.4)(オ)高齢者に対する犯罪の取締りを強化する
( 36.9)(カ)高齢者を思いやる意識を高めるための啓発活動を行う
( 43.7)(キ)高齢者と他の世代との交流を促進する
( 0.5) その他(      )
( 2.5) 特にない
( 2.7) わからない
(M. T. = 245.9)


Q12 〔回答票13〕女性に関する事柄で,人権上問題があると思われるのはどのようなことですか。この中からいくつでもあげてください。(M. A. )
( 31.1)(ア)男女の固定的な役割分担意識(「男は仕事,女は家庭」など)を他の人に押しつけること
( 47.3)(イ)職場における差別待遇
( 29.7)(ウ)家庭内における夫から妻に対する暴力(酒に酔ってなぐるなど)
( 35.5)(エ)職場におけるセクシュアル・ハラスメント(性的いやがらせ)
( 30.4)(オ)売春・買春(いわゆる「援助交際」を含む)
( 14.6)(カ)内容に関係なく女性の水着姿,裸体や媚びたポーズなどを使用した広告
( 18.7)(キ)女性のヌード写真などを掲載した雑誌,新聞
( 20.5)(ク)アダルト・ビデオ,ポルノ雑誌
( 17.1)(ケ)女性の働く風俗営業
( 15.1)(コ)「令夫人」,「婦人」,「未亡人」のように女性だけに用いられる言葉
( 0.3) その他(      )
( 8.5) 特にない
( 6.7) わからない
(M. T. = 275.6)


Q13 〔回答票14〕あなたは,女性の人権を守るのに必要なことはどのようなことだと思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M. A. )
( 29.2)(ア)女性のための人権相談所や電話相談所を開設する
( 20.2)(イ)女性の人権を守るための広報活動を推進する
( 59.4)(ウ)結婚,出産,育児,介護に関係なく生涯女性が働くことができる環境を整備する
( 23.0)(エ)公的機関や企業が採用・登用等で女性の参画を促進するための特別な措置を講じる
( 23.6)(オ)女性の裁判官,取調官,相談担当者等の配置や人数を増やす
( 18.4)(カ)女性に対する犯罪の取締りを強化する
( 33.5)(キ)男女平等に関する教育を充実する
( 19.1)(ク)マスコミ等の倫理に関する自主的取組を促進する
( 0.5) その他(      )
( 5.0) 特にない
( 5.6) わからない
(M. T. = 237.6)


Q14 〔回答票15〕日本に居住している外国人は,生活上のいろいろな面で差別されていると言われていますが,外国人の人権擁護について,あなたの意見は次のどちらに近いですか。
( 65.5)(ア)日本国籍を持たない人でも,日本人と同じように人権は守るべきだ
( 18.5)(イ)日本国籍を持たない人は日本人と同じような権利を持っていなくても仕方がない
( 11.5) どちらともいえない
( 4.5) わからない


Q15 〔回答票16〕日本に居住している外国人が不利益な取扱いを受けることがありますが,あなたはこのことについてどう思いますか。この中から1つだけお答えください。
( 39.9)(ア)外国人に対する差別だ
( 26.3)(イ)風俗・習慣や経済状態が違うのでやむを得ない
( 19.3)(ウ)日本の事情に慣れるまでトラブルがあっても仕方がない
( 2.9)(エ)外国人だから不利益な取扱いを受けても仕方がない
( 1.4) その他(      )
( 10.3) わからない


次に,権利に関する意見についてお伺いします。

Q16 〔回答票17〕「近ごろ,人権尊重が叫ばれる一方で,権利のみを主張して,他人の迷惑を考えない人が増えてきた」という意見がありますが,あなたは,この意見についてどう思いますか。この中ではどうでしょうか。
( 34.7)(ア)非常にそう思う
( 48.2)(イ)かなりそう思う
( 12.9)(ウ)あまりそうは思わない
( 0.4)(エ)全くそうは思わない
( 3.8) わからない


最後に,人権擁護機関に対する要望についてお伺いします。

Q17 〔回答票18〕 今後,国などの人権擁護機関はどのようなことに力を入れていけばよいと思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M. A. )
( 28.0)(ア)人権思想を広めるための広報活動を推進する
( 47.0)(イ)人権問題に関する相談のための機関・施設を充実する
( 50.1)(ウ)人権が侵害された被害者の救済を充実する
( 23.9)(エ)人権に関する情報の収集及び提供を充実する
( 48.3)(オ)国や地方自治体,民間団体等の関係機関が連携を図り,一体的な人権啓発活動を推進する
( 0.8) その他(       )
( 3.3)  特にない
( 5.4) わからない
(M. T. = 206.8)


ホームへ 世論調査インデックスへ 平成9年度調査インデックスへ

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)