世論調査

「省エネルギー・新エネルギーに関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成07年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    省エネルギー・新エネルギーに関する国民の意識を調査し、今後の施策の参考とする。

  • 調査項目
    (1)省エネルギーへの関心
    (2)日常生活における省エネルギーの実行
    (3)リサイクルに関する意識
    (4)新エネルギーへの関心

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  平成8年2月1日〜平成8年2月11日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,220人(74.0%)
    (2) 調査不能数(率) 780人(26.0%)

    −不能内訳−
    転居 69 長期不在 64 一時不在 300
    住所不明 16 拒否 302 その他
    29

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1 〔回答票1〕 省エネルギーが話題になっていますが、あなたは、このことについて、どの程度関心がありますか。この中から1つだけお答えください。
    (18.9) (ア) 非常に関心がある
    (60.5) (イ) ある程度関心がある
    (16.4) (ウ) あまり関心がない
    ( 3.3) (エ) まったく関心がない
    ( 1.0) わからない

    Q2 〔回答票2〕 最近、地球が温暖化する問題やオゾン層の破壊など、いわゆる地球環境問題が国際的にも話題になっていますが、あなたは、このことを知っていますか。この中から1つだけお答えください。
    (32.1) (ア) よく知っている
    (54.0) (イ) ある程度知っている
    (10.6) (ウ) あまり知らない
    ( 2.5) (エ) まったく知らない
    ( 0.8) わからない

    Q3 〔回答票2〕 地球が温暖化する問題の解決のためには、省エネルギーを推進することが必要であると言われていますが、あなたは、このことを知っていますか。この中から1つだけお答えください。
    (25.9) (ア) よく知っている
    (48.2) (イ) ある程度知っている
    (20.8) (ウ) あまり知らない
    ( 3.5) (エ) まったく知らない
    ( 1.5) わからない

    Q4 〔回答票3〕 最近におけるエネルギー消費の急激な増加や、地球環境問題に積極的に対応するためには、省エネルギーの推進を強化する必要があるという考え方がありますが、あなたは、この考え方についてどのように思いますか。この中から1つだけお答えください。
    (42.2) (ア) そう思う
    (45.2) (イ) ある程度そう思う
    ( 5.8) (ウ) あまりそうは思わない
    ( 0.9) (エ) そうは思わない
    ( 5.9) わからない

    Q5 〔回答票4〕 政府では、毎年、夏季と冬季の省エネルギー対策を決め、各家庭などで省エネルギーに協力していただけるよう、ポスターやテレビなどを通じて、「室温を過度に温めすぎてはいませんか」、「エネルギー消費効率の高い暖房機器を選びましょう」などのお願いをしていますが、あなたは、このことについて、どの程度ご存じでしょうか。この中から1つだけお答えください。
    (14.0) (ア) 聞いたことがあり、お願いの内容を詳しく知っている →SQへ
    (36.7) (イ) 聞いたことがあり、お願いの内容をある程度知っている →SQへ
    (27.2) (ウ) 聞いたことはあるが、お願いの内容までは知らない →SQへ
    (20.8) (エ) 聞いたことがない →Q6へ
    ( 1.4) わからない →Q6へ

    SQ 〔回答票5〕 あなたは、そのことを何によって、知りましたか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (N=1,728)
    (81.1) (ア) テレビ
    (12.6) (イ) ラジオ
    (49.5) (ウ) 新聞
    ( 9.6) (エ) 雑誌
    (12.8) (オ) ポスター
    ( 5.5) (カ) パンフレット
    ( 1.6) その他
    ( 1.7) わからない
    (M.T.=174.4)


    (全員に)
    Q6 〔回答票6〕 あなたは、日常生活の中で、省エネルギーのために、何か具体的に心掛けていることはありますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (21.5) (ア) 自動車の燃費効率のよい運転に心掛けている
    (15.0) (イ) 鉄道やバスなどの公共輸送機関を利用するよう心掛けている
    (28.4) (ウ) 省エネ型の家電製品を使うよう心掛けている
    (59.7) (エ) 過度の暖房によって、室温が上がりすぎないよう心掛けている
    (24.9) (オ) 置き場所を工夫したり、こまめに手入れするなど暖房機器の効率的な使用に心掛けている
    (11.6) (カ) 断熱材を利用している
    ( 1.0) その他
    (17.4) 特に心掛けていることはない
    ( 0.9) わからない
    (M.T.=180.5)


    Q7  あなたのご家庭では、エアコンや石油ファンヒーターなどのように、温度設定ができる暖房機器を使っていますか。それとも、使っていませんか。
    (77.0) 使っている →SQへ
    (22.0) 使っていない →Q8へ
    ( 0.9) わからない →Q8へ

    SQ 〔回答票7〕 設定温度は、ふだん何度くらいにしていますか。この中から1つだけお答えください。
    (N=1,710)
    (34.1) (ア) 20度以下
    (27.8) (イ) 21〜22度
    (17.6) (ウ) 23〜24度
    ( 8.0) (エ) 25度以上
    (10.8) (オ) 特に設定温度を決めていない
    ( 0.1) その他
    ( 1.7) わからない

    Q8 〔回答票8〕 あなたのご家庭で、使用している省エネ型の家電製品を、この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (38.1) (ア) エアコン →SQへ
    (25.0) (イ) 冷蔵庫 →SQへ
    (17.1) (ウ) テレビ →SQへ
    (23.9) (エ) 照明器具(蛍光灯、電球など) →SQへ
    (16.6) (オ) 洗濯機 →SQへ
    (11.9) (カ) 掃除機 →SQへ
    (33.4) (キ) ファンヒーター →SQへ
    ( 0.6) その他 →SQへ
    (24.4) (ク) 省エネ型の家電製品を使っていない →Q9へ
    ( 8.8) わからない →Q9へ
    (M.T.=199.8)


    SQ 〔回答票9〕 あなたは、省エネ型電化製品を購入する際に、どこからの情報に基づいて、購入する製品を選んでいますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (N=1,484)
    (30.1) (ア) テレビ
    (16.6) (イ) 新聞
    ( 8.8) (ウ) 雑誌
    ( 4.8) (エ) ポスター
    (41.4) (オ) パンフレット
    (55.7) (カ) 販売員の説明
    ( 2.0) その他
    ( 3.9) わからない
    (M.T.=163.3)


    Q9 〔回答票10〕 あなたは、省エネルギーを推進するためには、どのようなことが最も大切だと思いますか。この中から1つだけお答えください。
    ( 8.7) (ア) 政府による指導
    ( 9.9) (イ) 企業での節約
    ( 3.2) (ウ) 学校での教育
    (72.6) (エ) 消費者一人一人の心掛け
    ( 2.9) (オ) 政府による広報
    ( -) その他
    ( 2.7) わからない

    続いて、サマータイムについて伺います。
    Q10 〔回答票11〕 「サマータイム制度」とは、太陽の恵みを生かし、明るい時間を有効に活用しようとするもので、夏などの、昼間の明るい時間が長い期間、法律などにより、全国の時計を標準時よりも1時間進める制度です。あなたは、この「サマータイム制度」について、知っていますか、それとも知りませんか。この中ではどうでしょうか。
    (52.5) (ア) 知っている
    (22.1) (イ) 言葉は聞いたことがある
    (24.2) (ウ) 知らない
    ( 1.2) わからない

    Q11 〔回答票12〕 サマータイム制度を導入すれば、照明に使う電気の節約などにより省エネルギーに役立つとされるほか、会社などの終わった後(いわゆるアフターファイブ)に、明るい時間が増えるため、ゆとりが生まれ、ボランティア活動などが活発化すると期待する人もいます。しかし、一方で、時刻合わせが面倒であったり、残業時間が増える恐れがあるなどと心配する人もいます。あなたは、サマータイム制度を導入することについて、どのように考えますか。この中から1つだけお答えください。
    (13.8) (ア) 賛成 →SQaへ
    (32.9) (イ) どちらかといえば賛成 →SQaへ
    (20.9) (ウ) どちらかといえば反対 →SQbへ
    ( 9.4) (エ) 反対 →SQbへ
    (23.0) わからない →Q12へ

    SQa 〔回答票13〕 サマータイム制度の導入に賛成なのは、どのような理由からでしょうか。この中から1つだけお答えください。
    (N=1,036)
    (35.5) (ア) エネルギーの節約になるから
    (26.4) (イ) 余暇時間の拡大になるから
    (21.1) (ウ) 太陽(日光)を活用する習慣をつけることはよいことだから
    ( 7.6) (エ) 仕事の能率が上がるから
    ( 2.4) (オ) 先進国の大半が導入しており、国際協調になるから
    ( 6.2) (カ) 健康によいから
    ( -) その他
    ( 0.8) わからない

    SQb 〔回答票14〕 サマータイム制度の導入に反対なのは、どのような理由からでしょうか。この中から1つだけお答えください。
    (N=673)
    (21.5) (ア) 省エネルギーにつながるといっても、それほど効果があるとは考えられないから
    (37.7) (イ) 生活のリズムが乱れるから
    (11.6) (ウ) 導入すると事実上終業時間が守られず長時間労働につながるから
    (11.3) (エ) 日本の風土になじまないから
    ( 3.4) (オ) 睡眠不足になるから
    (12.2) (カ) 切替日において時刻合わせが面倒だったり、混乱したりするから
    ( 1.0) その他
    ( 1.2) わからない

    次に新エネルギーについて伺います。
    Q12 〔回答票15〕 あなたは、これまでに「新エネルギー」という言葉を聞いたことがありますか。この中から1つだけお答えください。
    ( 7.6) (ア) 言葉を聞いたことがあり、具体例についても詳しく知っている
    (17.7) (イ) 言葉を聞いたことがあり、具体例についてもある程度知っている
    (29.0) (ウ) 言葉を聞いたことはあるが、具体例についてまでは知らない
    (42.6) (エ) 言葉を聞いたことがない
    ( 3.2) わからない

    Q13 〔回答票16〕 この中から、あなたが、聞いたことがあるものをいくつでもあげてください。(M.A.)
    (56.1) (ア) 太陽光発電システム(太陽電池を利用して発電)
    (92.6) (イ) ソーラーシステム(太陽熱温水器)
    (40.7) (ウ) 廃棄物発電(ごみ発電)
    (65.0) (エ) クリーンエネルギー自動車(電気自動車、天然ガス自動車など)
    ( 3.0) どれも聞いたことがない
    ( 0.9) わからない
    (M.T.=258.2)


    Q14(1) 〔回答票17〕 太陽光発電システムとは、太陽電池などを屋根に取り付け、太陽光を利用して発電するシステムです。現在は利用があまり進んでいませんが、将来価格が下がった場合、あなたは、このシステムを利用したいと思いますか。この中から1つだけお答えください。
    (19.3) (ア) 利用したい(既に設置している) →SQaへ
    (40.6) (イ) どちらかといえば利用したい →SQaへ
    (11.2) (ウ) どちらかといえば利用したくない →SQbへ
    (13.5) (エ) 利用したくない →SQbへ
    (15.4) わからない →Q14(2)へ

    SQa 〔回答票18〕 では、太陽光発電システムの価格(設置費用を含む)がいくらであれば利用してもよいと思いますか。この中から1つだけお答えください。
    (N=1,331)
    (85.8) (ア) 100万円未満
    ( 4.4) (イ) 100万円〜200万円未満
    ( 0.2) (ウ) 200万円〜300万円未満
    ( 0.2) (エ) 300万円以上
    ( 9.4) わからない

    SQb 〔回答票19〕 その理由をこの中から1つだけお答えください。
    (N=548)
    ( 5.1) (ア) 屋根に設置することにより外観が悪くなるから
    (13.3) (イ) 屋根に設置することは危険だと思うから
    (18.8) (ウ) 借家、アパートなどのため、勝手に設置できないから
    (10.0) (エ) 日当たりが悪い、曇りがちなどのため、あまり効果がないから
    (38.1) (オ) 設置当初、ある程度の費用がかかるから
    ( 4.7) その他
    ( 8.6) 特にない
    ( 1.3) わからない

    (全員に)
    Q14(2) 〔回答票20〕 ソーラーシステム(太陽熱温水器)とは、装置を屋根などに取り付け、太陽の熱を給湯などに利用するシステムです。(但し、太陽光発電とは異なり、発電はできません。)現在は利用があまり進んでいませんが、将来価格が下がった場合、あなたは、このシステムを利用したいと思いますか。この中から1つだけお答えください。
    (26.9) (ア) 利用したい(既に設置している) →SQaへ
    (35.4) (イ) どちらかといえば利用したい →SQaへ
    (13.7) (ウ) どちらかといえば利用したくない →SQbへ
    (14.5) (エ) 利用したくない →SQbへ
    ( 9.5) わからない →Q15へ

    SQa 〔回答票21〕 では、ソーラーシステム(太陽熱温水器)の価格(設置費用を含む)がいくらであれば利用してもよいと思いますか。この中から1つだけお答えください。
    (N=1,382)
    (68.6) (ア) 20万円未満
    (20.7) (イ) 20万円〜40万円未満
    ( 3.7) (ウ) 40万円〜60万円未満
    ( 0.7) (エ) 60万円以上
    ( 6.4) わからない

    SQb 〔回答票22〕 その理由をこの中から1つだけお答えください。
    (N=626)
    ( 6.7) (ア) 屋根に設置することにより外観が悪くなるから
    (15.7) (イ) 屋根に設置することは危険だと思うから
    (19.8) (ウ) 借家、アパートなどのため、勝手に設置できないから
    (13.7) (エ) 日当たりが悪い、曇りがちなどのため、あまり効果がないから
    (26.5) (オ) 設置当初、ある程度の費用がかかるから
    ( 8.6) その他
    ( 7.8) 特にない
    ( 1.1) わからない

    (全員に)
    Q15 〔回答票23〕 政府では、太陽光発電の利用を進めるため、平成6年度から個人の住宅に太陽光発電システムを設置する人に対して、補助金(設置費用の半分相当額)を出す制度を開始しています。この制度をご存じですか。この中から1つだけお答えください。
    ( 4.5) (ア) 詳しく知っている
    (22.2) (イ) 聞いたことはあるが、詳しくは知らない
    (71.1) (ウ) 聞いたことはない
    ( 2.2) わからない

    Q16 〔回答票24〕 ごみ発電は、ごみを燃料にして、ごみを処理すると同時に発電することにより、新たに石油などの資源を消費せず、二酸化炭素などの発生を抑える環境にやさしいシステムです。しかし、価格が高いこと等から、利用が進みません。そこで、個人へのごみ処理費用の負担を増やし、その資金を使って、利用を進めるべきだという意見がありますが、あなたは、このことについてどのように考えますか。この中から1つだけお答えください。
    (35.9) (ア) 個人の負担を多少増やしてでも、ごみ発電の利用を進めるべき
    (39.7) (イ) 個人の負担を増やしてまで、ごみ発電の利用を進める必要はない
    ( 6.2) (ウ) そもそもごみ発電の利用を進める必要はない
    (18.2) わからない

    Q17 〔回答票25〕 電気自動車、天然ガス自動車などのクリーンエネルギー自動車は、ガソリンを使う通常の自動車などに比べて、環境にやさしいという利点がありますが、価格の面では、通常の自動車よりも2〜3倍高くなっています。都市部の渋滞が激しい道路において専用走行地帯を設けたり、人混みの多い駅前に専用駐車スペースを設けるなど、他の自動車よりも優遇することによって、クリーンエネルギー自動車の普及を進めることについて、あなたは、どのようにお考えになりますか。この中から1つだけお答えください。
    (41.3) (ア) 他の自動車よりも優遇してでも、クリーンエネルギー自動車の普及を進めるべき
    (32.2) (イ) 他の自動車よりも優遇してまで、クリーンエネルギー自動車の普及を進める必要はない
    ( 6.7) (ウ) そもそもクリーンエネルギー自動車の普及を進める必要はない
    (19.9) わからない

    Q18 〔回答票26〕 政府では、太陽光発電などの新エネルギーの普及を進めるため、国や地方自治体の庁舎に積極的に導入したり、太陽光発電システムを設置する一般家庭などに対して、その設置費用の一部を補助するなど、様々な施策を行っています。このことについて、あなたはどのようにお考えになりますか。この中から1つだけお答えください。
    (24.3) (ア) 他の施策に優先して行うべき
    (56.0) (イ) 他に優先することがあるため、余裕がある場合に限って行うべき
    ( 3.9) (ウ) 新エネルギーの普及を進める必要はない
    (15.9) わからない

    最後に、リサイクルについて伺います。
    Q19  あなたは、リサイクルという言葉を知っていますか。
    (96.9) 知っている →Q20へ
    ( 3.1) 知らない →Q22へ

    Q20 〔回答票27〕 あなたは、リサイクルに関して、どのようなことを実行していますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (N=2,152)
    (59.4) (ア) むだなものを買わない、まだ使えるものは捨てないなど、ごみの量ができるだけ少なくなるよう心掛けている
    (24.6) (イ) 古着を作り直したり、中古品を他の用途に利用したりしている
    (74.4) (ウ) ごみの分別収集に協力している
    (29.7) (エ) 集団回収などのボランティア活動や学校などで行うバザーに積極的に参加している
    (36.2) (オ) スーパーなどで行っているトレイや牛乳パックなどのリサイクルに協力している
    ( 3.7) (カ) リサイクルに関するセミナー、シンポジウム等に参加している
    ( 0.3) その他
    ( 7.8) 特にやっていることはない
    ( 0.1) わからない
    (M.T.=236.2)


    Q21 〔回答票28〕 最近、トイレットペーパー、コピー用紙など、いろいろなリサイクル製品が販売されるようになりましたが、買い物をする時などに、リサイクル製品を見かけますか。この中から1つだけお答えください。
    (N=2,152)
    (42.3) (ア) よく見かける →SQへ
    (40.0) (イ) ときどき見かける →SQへ
    (12.3) (ウ) 見かけない →Q22へ
    ( 2.0) (エ) そもそも販売されていることを知らなかった →Q22へ
    ( 3.4) わからない →Q22へ

    SQ 〔回答票29〕 あなたは、リサイクル製品を購入していますか。この中から1つだけお答えください。
    (N=1,770)
    (15.8) (ア) 他の製品に比べて価格が多少高くとも、購入している
    (51.2) (イ) 他の製品に比べて価格が高くなければ、購入するようにしている
    ( 3.2) (ウ) 他の製品に比べて価格が安くても、購入していない
    (27.6) (エ) 特にリサイクル製品か否かに注意して、買い物をしていない
    ( 2.3) わからない

    (全員に)
    Q22 〔回答票30〕 一部の製品には、リサイクルのためのマークが付いています。あなたの見たことのあるマークを、この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (78.2) (ア) (アルミ缶) →SQへ
    (70.9) (イ) (スチール缶) →SQへ
    (29.4) (ウ) (ペットボトル) →SQへ
    ( 7.7) (エ) (ニカド電池) →SQへ
    (16.9) どれも知らない →Q23へ
    ( 2.0) わからない →Q23へ
    (M.T.=205.0)


    (Q22で、いずれかのマークを見たことがある者に)
    SQ  こうしたマークは、分別収集を促進する目的で付けられていますが、あなたは、マークの目的について知っていましたか。それとも、知りませんでしたか。
    (N=1,801)
    (68.6) 知っていた
    (31.4) 知らなかった

    (全員に)
    Q23 〔回答票31〕 ビールびんや一升びんなどは、原形のまま回収された後再使用されています。あなたは、今後ともこうした再使用容器(リターナブル容器)を利用すべきだと思いますか。この中から1つだけお答えください。
    (69.5) (ア) ごみの排出抑制等に役立つので、積極的に利用すべき
    (21.8) (イ) 経済性、利便性があれば利用すべき
    ( 5.8) (ウ) 特に再使用容器(リターナブル容器)の利用にはこだわらない
    ( 2.9) わからない

    Q24  ごみの分別収集を行っている市町村と行っていない市町村がありますが、あなたの住んでいる市町村では分別収集を行っていますか。それとも、行っていませんか。
    (91.0) 分別収集を行っている
    ( 7.2) 分別収集を行っていない
    ( 1.8) わからない

    Q25 〔回答票32〕 あなたの市町村で、ごみの分別収集を行う(続ける)べきであると思いますか。
    (87.6) (ア) 行う(続ける)べきである
    ( 9.7) (イ) どちらかといえば行う(続ける)べきである
    ( 0.6) (ウ) どちらかといえば行わない(続けない)方がよい
    ( 0.6) (エ) 行わない(続けない)方がよい
    ( 1.5) わからない

    Q26  平成3年度から「リサイクル推進月間」が制定され、リサイクルに関連したテレビ・新聞広告、イベントなどが行われています。あなたは、この「リサイクル推進月間」が何月かご存じですか。
    (11.3) 知っている
    (88.7) 知らない

    Q27 〔回答票33〕 リサイクルに関連した広報やイベントなどについて、あなたは、どのようなものを見聞きしたことがありますか。この中からいくつでもお答えください。(M.A.)
    (57.2) (ア) テレビのスポットCM
    (50.5) (イ) 新聞・雑誌の広告
    ( 3.0) (ウ) 電光板ニュース
    (17.6) (エ) リサイクル・フェアなどの各種イベント
    ( 2.5) その他
    (16.4) どれも知らない
    ( 4.4) わからない
    (M.T.=151.5)


    Q28 〔回答票34〕 あなたは、リサイクルを推進するためには、どのようなことが最も大切だと思いますか。この中から1つだけお答えください。
    (11.5) (ア) 政府による指導
    (14.0) (イ) 企業の努力
    ( 4.7) (ウ) 学校での教育
    (63.9) (エ) 消費者一人一人の心掛け
    ( 3.8) (オ) 政府による広報
    ( 0.3) その他
    ( 1.8) わからない

    <フェース・シート>
    F1  〔性〕
    (46.2) 男性
    (53.8) 女性

    F2  〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
    ( 5.9) 20〜24歳
    ( 6.0) 25〜29歳
    ( 8.0) 30〜34歳
    ( 9.1) 35〜39歳
    (10.5) 40〜44歳
    (12.4) 45〜49歳
    (10.1) 50〜54歳
    (10.0) 55〜59歳
    (10.3) 60〜64歳
    ( 8.9) 65〜69歳
    ( 8.9) 70歳以上

    F3  〔職業〕あなたのご職業は何ですか。(職業の内容を具体的に記入してから、下の該当する項目に○をつける。)
    <自営業主>
    ( 4.1) 農林漁業
    ( 6.9) 商工サービス業
    ( 0.9) 自由業
    <家族従業者>
    ( 1.8) 農林漁業
    ( 4.0) 商工サービス・自由業
    <被傭者>
    ( 2.4) 管理職
    ( 2.5) 専門技術職
    (17.7) 事務職
    (21.6) 労務職
    <無職>
    (23.8) 主婦
    ( 1.9) 学生
    (12.4) その他の無職

    F4 〔回答票35〕 〔使用暖房器具〕お宅では、何によって暖房していますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (41.1) (ア) エアコン
    (23.0) (イ) 電気ストーブ
    (55.8) (ウ) 石油ストーブ
    ( 7.0) (エ) ガスストーブ
    (48.0) (オ) 石油ファンヒーター
    ( 6.2) (カ) ガスファンヒーター
    (60.8) (キ) 電気こたつ
    (45.5) (ク) 電気カーペット
    ( 1.6) (ケ) 集中暖房(セントラル・ヒーティング)
    ( 2.2) (コ) その他
    ( 0.4) (サ) 暖房はしていない
    (M.T.=291.4)


    F5 〔回答票36〕 〔住宅の形態〕今のお住まいをこのように分けた場合、どれにあたりますか。
    (72.3) (ア) 持ち家(一戸建て)
    ( 3.8) (イ) 持ち家(マンションなどの集合住宅)
    (13.0) (ウ) 民間の賃貸住宅(借家、アパート、マンション等すべてを含む)
    ( 7.3) (エ) 公営・公団・公社の賃貸住宅
    ( 3.4) (オ) 勤め先の給与住宅(社宅、寮、公務員住宅等)
    ( 0.0) その他
    ( -) わからない

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ平成07年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)