世論調査

「食生活・農村の役割に関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成05年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    食生活・農村の役割についての国民の意識を調査し,今後の施策の参考とする。

  • 調査項目
    (1)日ごろの食生活について
    (2)農業や農村の果たす役割
    (3)食料の生産・供給のあり方

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  平成5年11月18日〜平成5年11月28日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,219人(74.0%)
    (2) 調査不能数(率) 781人(26.0%)

    −不能内訳−
    転居 77 長期不在 50 一時不在 331
    住所不明 21 拒否 286 その他
    16

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    はじめに,あなたの日ごろの食生活についてお伺いします。
    Q1(1)  あなたは,ご自分の食生活について,どのように感じていますか。次のそれぞれの項目について,「そう思う」,「そうは思わない」でお答えください。まず,「(1)栄養のバランスがとれている」についてはどうでしょうか。〔次に(2)〜(5)について聞く。〕(1)栄養のバランスがとれている
    (66.3) そう思う
    (17.4) そうは思わない
    (13.8) どちらともいえない
    ( 2.4) わからない

    Q1(2)  (2)規則正しい食事をしている
    (75.2) そう思う
    (18.0) そうは思わない
    ( 6.7) どちらともいえない
    ( 0.2) わからない

    Q1(3)  (3)おいしいものや好きなものを食べている
    (60.7) そう思う
    (24.4) そうは思わない
    (14.3) どちらともいえない
    ( 0.6) わからない

    Q1(4)  (4)有害物質のない安全な食品をとっている
    (50.7) そう思う
    (19.5) そうは思わない
    (23.3) どちらともいえない
    ( 6.4) わからない

    Q1(5)  (5)品質や鮮度のよい食品をとっている
    (82.1) そう思う
    ( 5.3) そうは思わない
    (10.1) どちらともいえない
    ( 2.6) わからない

    Q2 〔回答票1〕 あなたは,今後の食生活をどのようにしたいと思いますか。この中から2つまであげてください。(2M.A.)
    (56.7) (ア) カロリーや塩分のとりすぎに気をつける
    (28.2) (イ) ビタミンや食物繊維など,体調を整える成分を多く含む食品を選ぶように心がける
    (49.7) (ウ) 栄養のバランスのとれた食事を行うよう心がける
    (28.3) (エ) 食品添加物など化学物質のなるべく含まれていない安全なものを摂取するよう心がける
    ( 3.1) (オ) おいしさや雰囲気を考えたグルメ志向の食事を楽しむ
    ( 5.8) (カ) 手軽に調理,食事ができる食品を選ぶ
    (14.0) (キ) 調理の楽しみを含め,家庭での食事が楽しめるよう心がける
    ( 0.5) その他
    ( 2.9) 特にない
    ( 0.5) わからない
    (M.T.=189.5)


    Q3(1)  あなたは,ふだん食料品を購入する際,どのように行動していますか。次のそれぞれの項目について,「そうしている」,「そうしていない」でお答えください。まず,「(1)価格が多少高くても,新鮮,良質なものであれば購入する」についてはどうでしょうか。〔次に(2),(3)について聞く。〕(1)価格が多少高くても,新鮮,良質なものであれば購入する
    (69.4) そうしている
    (10.9) そうしていない
    (19.6) どちらともいえない

    Q3(2)  (2)価格が多少高くても,包装,外観のよいものであれば購入する
    ( 5.9) そうしている
    (78.1) そうしていない
    (16.0) どちらともいえない

    Q3(3)  (3)価格が多少高くても,便利で手間のかからないものであれば購入する
    (22.2) そうしている
    (50.9) そうしていない
    (26.9) どちらともいえない

    次におコメについてお伺いします。
    Q4(1)  あなたは,おコメと日本人の食生活について,どのようにお考えですか。次のそれぞれの項目について,「そう思う」,「そうは思わない」でお答えください。まず,「(1)おコメは日本人の主食として最もふさわしい」についてはどうでしょうか。〔次に(2)〜(6)について聞く。〕(1)おコメは日本人の主食として最もふさわしい
    (94.1) そう思う
    ( 2.1) そうは思わない
    ( 3.5) どちらともいえない
    ( 0.4) わからない

    Q4(2)  (2)日本人はおコメをもっと食べる方がよい
    (55.9) そう思う
    (18.6) そうは思わない
    (23.8) どちらともいえない
    ( 1.7) わからない

    Q4(3)  (3)おコメは栄養に富む食べ物だ
    (69.6) そう思う
    (13.0) そうは思わない
    (13.4) どちらともいえない
    ( 4.0) わからない

    Q4(4)  (4)おコメを食べると太る
    (15.0) そう思う
    (71.6) そうは思わない
    (10.5) どちらともいえない
    ( 3.0) わからない

    Q4(5)  (5)おコメは健康によい
    (81.5) そう思う
    ( 4.8) そうは思わない
    (10.7) どちらともいえない
    ( 3.0) わからない

    Q4(6)  (6)おコメ中心の食事はパン中心の食事に比べ調理に時間がかかる
    (44.8) そう思う
    (38.7) そうは思わない
    (10.9) どちらともいえない
    ( 5.6) わからない

    Q5 〔回答票2〕 日本人の食生活は,米を中心として,これに野菜,魚,肉,牛乳などがバランスよく組み合わされた「日本型食生活」ともいうべき食事内容になっています。あなたは,これからも,このような「日本型食生活」を続けていくことについてどう思いますか。この中ではどうですか。
    (81.1) (ア) 良いことだと思う
    (16.5) (イ) ある程度良いことだと思う
    ( 0.6) (ウ) あまり良いことだとは思わない
    ( 0.1) (エ) 良いことだとは思わない
    ( 1.2) どちらともいえない
    ( 0.5) わからない

    次に,あなたが,今お住まいになっている地域の住みやすさについてお伺いします。
    Q6 〔回答票3〕 あなたが,今お住まいになっている地域は住みやすいと思いますか,それとも住みにくいと思いますか。この中ではどうですか。
    (54.7) (ア) 住みやすい
    (37.9) (イ) まあ住みやすい
    ( 5.9) (ウ) やや住みにくい
    ( 1.0) (エ) とても住みにくい
    ( 0.5) わからない

    Q7 〔回答票4〕 あなたが,今お住まいになっている地域をもっと住みやすいところにするためには,特にどのような点を改善する必要があると思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (15.7) (ア) 自然環境
    ( 8.1) (イ) 防災対策
    (10.6) (ウ) 飲用水
    (26.5) (エ) 下水道・ゴミ・し尿処理
    (33.8) (オ) 道路・交通安全対策・交通手段
    (18.3) (カ) 広場・公園
    ( 6.1) (キ) 住民運動・連帯感
    ( 7.5) (ク) 街並・景観
    (11.4) (ケ) 静けさ
    ( 7.0) (コ) 治安・風紀
    (13.9) (サ) スポーツ・娯楽を楽しむ機会
    (11.4) (シ) 教育・文化環境
    (16.9) (ス) 保健・医療
    (15.0) (セ) 日常の買い物・飲食
    ( 5.4) (ソ) 観光レクリエーションの振興
    ( 7.3) (タ) 就業の機会
    ( 1.9) その他
    (17.8) 特にない
    ( 1.4) わからない
    (M.T.=236.1)


    次に,農業や農村の持つ役割についてお伺いします。
    Q8 〔回答票5〕 あなたは,農村の持つ役割の中で,どのようなものが特に重要だと思いますか。この中から2つまであげてください。(2M.A.)
    (73.2) (ア) 食料を生産する場としての役割
    (36.0) (イ) 地域の人々が働き,かつ生活する場としての役割
    (18.3) (ウ) 水資源を貯え,土砂崩れや洪水などの災害を防止する役割
    (11.3) (エ) 伝統文化を保存する場としての役割
    ( 5.5) (オ) 保健休養などのレクリエーションの場としての役割
    (22.3) (カ) 農村での生活や農業体験を通しての野外における教育の場としての役割
    ( 0.2) その他
    ( 2.8) 特にない
    ( 4.0) わからない
    (M.T.=173.5)


    Q9 〔回答票6〕 あなたは,子どもの教育にとって,農村での生活や農業体験がどのような意味を持つと思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (51.3) (ア) 広大な自然に接することができる
    (48.0) (イ) 生き物を観察・採集するなど,生き物に触れる機会が得られる
    (51.3) (ウ) 学校や家庭では得られない貴重な体験ができる
    (29.7) (エ) 広い場所でのびのびと遊ぶことができる
    (32.3) (オ) 親(または大人)が働く姿を間近に見ることができる
    (29.6) (カ) 多世代家族の中で生活することによって,人間性が豊かになる
    (15.6) (キ) 民俗,伝統など,地域文化に接することができる
    (40.3) (ク) 採れたての食べ物を食べることによって,食べ物や農業への興味がわく
    (45.3) (ケ) 食物が生産される過程を知ることができる
    (24.5) (コ) 実際に自分で体験することによって,学校の勉強に役立つ
    ( 0.2) その他
    ( 2.5) 特にない
    ( 2.6) わからない
    (M.T.=373.2)


    Q10 〔回答票7〕 あなたは,農業と自然環境・国土保全との関係をどのようにお考えですか。この中から,あなたのお考えに近いものをあげてください。
    (61.4) (ア) 農業は,緑,大気,水等の維持培養を図り,洪水などの災害を防止するなど,自然環境と国土の保全に貢献している
    (20.2) (イ) 農業は,農薬や化学肥料の使用などにより自然環境を悪化させている
    ( 0.1) その他
    (12.2) 一概には言えない
    ( 6.1) わからない

    Q11 〔回答票8〕 近年,我が国では農業の停滞,農村の過疎化・高齢化が進むとともに,農業・農村の持つ国土・環境の保全といった機能の維持が困難な地域が出てきています。これからの農業・農村に関する政策についてはどうしたらよいと考えますか。この中ではどうでしょうか。
    (30.6) (ア) 農業・農村も経済社会活動の一環であるから経済効率性を最重視すべきである
    (42.4) (イ) 経済効率性の向上に努めつつ,国土・環境保全などの機能をより一層重視すべきである
    (13.1) (ウ) 経済効率性の観点よりも,国土・環境保全などの機能を重視すべきである
    ( 0.2) その他
    (13.7) わからない

    次に,食料品の価格や食料の生産・供給についてお伺いします。
    Q12 〔回答票9〕 最近,外国の食料品と国内の食料品の価格に差がある,いわゆる内外価格差が話題になっていますが,外国の食料品に比べた我が国の食料品について,あなたのお考えに近いのはどれでしょうか。この中ではどうでしょうか。
    (44.3) (ア) 割高感はあるが,新鮮,良質で,変化に富んだ多様な食料品が手に入る
    (10.7) (イ) 割高感があり,新鮮,良質で,変化に富んだ多様な食料品が手に入らない
    (22.4) (ウ) 割高感はなく,新鮮,良質で,変化に富んだ多様な食料品が手に入る
    ( 6.3) (エ) 割高感はないが,新鮮,良質で,変化に富んだ多様な食料品が手に入らない
    ( 1.3) その他
    (15.1) わからない

    Q13 〔回答票10〕 これまで,我が国の食料事情は,全体として満足すべき状況にあるといわれてきましたが,あなたは,将来にわたり,食料の供給に不安はないとお考えですか,それとも不安があるとお考えですか。この中ではどうでしょうか。
    (17.1) (ア) 非常に不安がある →SQへ
    (53.9) (イ) ある程度不安がある →SQへ
    (23.1) (ウ) あまり不安はない →Q14へ
    ( 4.0) (エ) 全く不安はない →Q14へ
    ( 1.8) わからない →Q14へ

    SQ 〔回答票11〕 では,不安があるとお考えになるのは,どのような理由からでしょうか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (N=1,577)
    (33.7) (ア) 世界の人口が増える一方で,食料の増産には限界があるため
    (39.7) (イ) 長期的に見て,地球環境問題の深刻化により,資源,エネルギーの利用が制限される恐れがあるため
    (22.4) (ウ) 長期的に見て,砂漠化の進行などにより,世界的に農地が減っていく恐れがあるため
    (66.3) (エ) 異常気象や災害による内外の不作の可能性があるため
    (35.3) (オ) 国際情勢の変化により,食料や石油等の生産資材の輸入が大きく減ったり,止まったりする可能性があるため
    ( 2.7) その他
    ( 0.8) わからない
    (M.T.=201.0)


    Q14 〔回答票12〕 今後,我が国の食料を安定的に確保するためには,いろいろな政策が考えられますが,あなたは,どのような政策が重要だと思いますか。この中から2つまであげてください。(2M.A.)
    (77.4) (ア) 国内で生産できるものは,生産性の向上を図りつつ,できるかぎり国内で生産する
    (20.1) (イ) 輸入先を多方面に広げるなど,輸入の安定化を図る
    (14.9) (ウ) 食料輸出国との友好関係を強化する
    (30.6) (エ) 国内の不作や輸入の一時停止に備えて,政府などによる食料の備蓄を増やす
    (29.1) (オ) 開発途上国への農業技術協力などによって,世界的な食料の増産に協力する
    ( 0.3) その他
    ( 4.3) わからない
    (M.T.=176.7)


    Q15 〔回答票13〕 あなたは,我が国の食料の生産・供給のあり方について,原則としてどのようにお考えですか。この中からあなたのお考えに近いものを1つだけあげてください。
    (17.4) (ア) 外国産の方が安い食料については,輸入する方がよい
    (32.7) (イ) 外国産より高くても,食料は,生産コストを引き下げながら国内で作る方がよい
    (44.7) (ウ) 外国産より高くても,少なくとも米などの基本食料については,生産コストを引き下げながら国内で作る方がよい
    ( 0.5) その他
    ( 4.7) わからない

    Q16 〔回答票14〕 それでは,農業,農村の食料供給のあり方について,あなたは,どのようなことを期待しますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (44.5) (ア) 輸入に頼らないでよいように,より多くの食料を生産すること
    (42.8) (イ) 生産コストを引き下げ,より安い食料を供給すること
    (48.0) (ウ) できるだけ安定的に食料を供給すること
    (54.9) (エ) 農薬の使用量を減らすなど,安全な食料を供給すること
    (36.5) (オ) 味や新鮮さなど品質のよい食料を供給すること
    (25.3) (カ) 消費者のニーズに対応できる多種多様な食料を供給すること
    ( 0.2) その他
    ( 2.4) わからない
    (M.T.=254.7)


    <フェース・シート>
    F1  〔性〕
    (45.1) 男性
    (54.9) 女性

    F2  〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
    ( 5.5) 20〜24歳
    ( 6.2) 25〜29歳
    ( 7.8) 30〜34歳
    (10.1) 35〜39歳
    (13.0) 40〜44歳
    (10.5) 45〜49歳
    (11.0) 50〜54歳
    (10.5) 55〜59歳
    ( 9.7) 60〜64歳
    ( 7.4) 65〜69歳
    ( 8.3) 70歳以上

    F3  〔本人職業〕あなたのご職業は何ですか。(具体的に記入して下の該当する項目に○をつける。)
    <自営業主>
    ( 4.3) 農林漁業
    ( 8.6) 商工サービス業
    ( 0.8) 自由業
    <家族従業者>
    ( 3.3) 農林漁業
    ( 4.2) 商工サービス業
    ( 0.1) 自由業
    <被傭者>
    ( 2.3) 管理職
    ( 0.8) 専門・技術職
    (18.9) 事務職
    (21.9) 労務職
    <無職>
    (23.8) 主婦
    ( 1.0) 学生
    ( 9.9) その他の無職

    F4  〔農家・非農家〕お宅は農家ですか,非農家ですか。
    (16.5) 農家 →F5へ
    (83.5) 非農家 →F6へ

    F5 〔回答票15〕 〔専業・兼業農家〕お宅は,このように分けた場合どれにあたりますか。
    (N=367)
    (19.6) (ア) 農業だけ(専業農家)
    (30.2) (イ) 農業が主(第1種兼業農家)
    (49.9) (ウ) 農業以外が主(第2種兼業農家)
    ( 0.3) わからない

    F6  〔世帯内の地位〕あなたと世帯主との関係をお聞きしたいのですが。主としてお宅の生活を支えていらっしゃるのはあなたですか,あなた以外の方ですか。
    (44.7) 対象者本人(実質上の世帯主) →F8へ
    (55.3) 対象者本人以外 →F7へ

    F7  〔世帯主職業〕(主として)お宅の生活を支えている方のご職業は何ですか。(具体的に記入して下の該当する項目に○をつける。)
    (N=1,228)
    <自営業主>
    ( 9.5) 農林漁業
    (17.9) 商工サービス業
    ( 1.7) 自由業
    <被傭者>
    ( 5.1) 管理職
    ( 1.2) 専門・技術職
    (27.4) 事務職
    (28.7) 労務職
    ( 8.4) 無職

    F8 〔回答票16〕 〔世帯収入〕お宅の収入は,ご家族全部合わせて,去年1年間でおよそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか。ボーナスを含め,税込みでお答えください。
    (12.0) (ア) 300万円未満
    (10.6) (イ) 300万円〜400万円未満
    (18.4) (ウ) 400万円〜600万円未満
    (16.4) (エ) 600万円〜800万円未満
    ( 9.1) (オ) 800万円〜1,000万円未満
    ( 9.5) (カ) 1,000万円以上
    (24.0) わからない

    F9 〔回答票17〕 〔世帯構成〕お宅の世帯はどの世帯にあたりますか。この中ではどうでしょうか。
    ( 5.0) (ア) 1人世帯
    (17.9) (イ) 夫婦のみの世帯
    (52.0) (ウ) 親と子の2世代世帯
    (24.2) (エ) 親と子と孫の3世代世帯
    ( 0.9) その他の組み合せの世帯

    F10 〔回答票18〕 〔住居形態〕現在のお住まいはこのように分けた場合,どれにあたりますか。
    (71.7) (ア) 持ち家(一戸建て)
    ( 5.8) (イ) 持ち家(共同住宅・分譲マンションなど)
    ( 5.8) (ウ) 公営住宅・公団・公社の賃貸住宅
    (12.1) (エ) 民間の賃貸住宅(貸家・アパート・マンションなどをすべて含む)
    ( 4.4) (オ) 勤め先の給与住宅(社宅・寮・公務員住宅など)
    ( 0.2) その他

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ平成05年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)