世論調査

「労働時間・週休2日制に関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成03年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    国民の労働時間の短縮や週休2日制促進に関する意識を調査し,今後の施策の参考とする。

  • 調査項目
    (1)労働時間の短縮
    (2)週休2日制
    (3)夏期連続休暇
    (4)年次有給休暇

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上65歳未満の者
    (2) 標本数 5,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  平成3年7月11日〜平成3年7月21日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 3,769人(75.4%)
    (2) 調査不能数(率) 1,231人(24.6%)

    −不能内訳−
    転居 113 長期不在 106 一時不在 547
    住所不明 27 拒否 395 その他
    43

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1 〔回答票1〕 あなたのふだんの生活は,仕事や家事,学業などで精一杯ですか,それとも好きなことをしたり,休むゆとりがありますか。この中ではどうでしょうか。
    (11.4) (ア) かなりゆとりがある
    (45.6) (イ) ある程度ゆとりがある
    (28.3) (ウ) あまりゆとりがない
    (13.8) (エ) ほとんどゆとりがない
    ( 0.8) わからない

    Q2 〔回答票2〕 あなたは,今後,日本の年間の労働時間をどのようにしたらよいと思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (13.6) (ア) ドイツ,フランスなみの1,600時間程度に短縮すべきだ →SQa1へ
    (48.1) (イ) 政府の目標としている1,800時間程度に短縮すべきだ →SQa1へ
    (19.5) (ウ) 現状の2,040時間程度でよい →SQbへ
    ( 1.4) (エ) もっと働くべきだ →SQbへ
    ( 9.9) 一概にいえない →Q3へ
    ( 7.5) わからない →Q3へ

    〔Q2で「(ア)ドイツ,フランスなみの1,600時間程度に短縮すべきだ」「(イ)政府の目標としている1,800時間程度に短縮すべきだ」と答えた者に〕
    SQa1 〔回答票3〕 それでは,労働時間の短縮を進めたほうがよいと思う理由は何ですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (N=2,326)
    (16.4) (ア) 先進国では短縮が進んでおり,日本でも短縮が求められているから
    (59.5) (イ) 精神的,肉体的な疲労が回復するから
    (26.4) (ウ) 勤労意欲が増し,能率があがるから
    (16.5) (エ) 仕事の機械化・合理化が進み,働く時間が少なくてもよいから
    (58.7) (オ) 余暇を活用し,充実した生活ができるから
    (42.6) (カ) 家族・子供との触れ合いができるから
    ( 7.3) (キ) 家事ができるから
    ( 0.1) その他
    ( 0.6) わからない
    (M.T.=228.2)


    SQa2 〔回答票4〕 あなた自身の労働時間を短縮する場合に,どのような方法がよいと思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=2,326)
    (16.5) (ア) 1日の労働時間を短縮したほうがよい
    (33.0) (イ) 週休日が増えたほうがよい
    (21.2) (ウ) 連続してまとめてとれる休暇が増えたほうがよい
    (27.1) 働いていない
    ( 0.3) その他
    ( 1.9) わからない
    [SQa2を聞いたらQ3へ]
    〔Q2で「(ウ)現状の2,040時間程度でよい」「(エ)もっと働くべきだ」と答えた者に〕
    SQb 〔回答票5〕 それでは労働時間の短縮を進めなくてもよいと思う理由は何ですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (N=787)
    ( 4.2) (ア) 日本人はもっと働くべきだと思うから
    (10.2) (イ) 経済発展が阻害されるから
    ( 3.6) (ウ) 韓国や台湾など新興工業国・地域(NIEs)との競争に負けるから
    ( 7.6) (エ) 日本では時期尚早であるから
    (37.2) (オ) 所得が減少する心配があるから
    (17.9) (カ) レジャー費などの支出が増加するから
    (55.7) (キ) 現在程度の休日があれば十分だから
    (17.9) (ク) 休日が増えると暇をもてあますから
    ( 4.1) (ケ) 子供や配偶者の世話が増えるから
    ( 2.4) その他
    ( 4.1) わからない
    (M.T.=164.8)


    〔全員に〕
    Q3 〔回答票6〕 「労働時間を短縮すると,なまけぐせがつき勤勉性が失われる」という意見がありますが,あなたはどう思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (13.8) (ア) そう思う
    (59.8) (イ) そうは思わない
    (24.4) (ウ) 一概にいえない
    ( 2.0) わからない

    Q4 〔回答票6〕 それでは,「労働時間の短縮により,高齢者や女性が働きやすくなるのでよい」という意見についてどう思いますか。
    (55.2) (ア) そう思う
    (17.3) (イ) そうは思わない
    (23.1) (ウ) 一概にいえない
    ( 4.5) わからない

    Q5 〔回答票6〕 「労働時間の短縮により,ゆとりをもって深く考えたり,自由に発想する時間が増え,日本人の創造性を伸ばすこととなるのでよい」という意見についてどう思いますか。
    (50.8) (ア) そう思う
    (15.8) (イ) そうは思わない
    (26.8) (ウ) 一概にいえない
    ( 6.7) わからない

    Q6 〔回答票6〕 「毎日同じだけ働くよりも,忙しい時期には長く働き,暇な時期に多く休むことにより,全体として労働時間が短くなるほうがよい」という意見についてどう思いますか。
    (40.5) (ア) そう思う
    (29.1) (イ) そうは思わない
    (26.8) (ウ) 一概にいえない
    ( 3.6) わからない

    Q7 〔回答票7〕 あなたは,収入と労働時間との関係についてどう思いますか。あなたのお考えはどちらに近いですか。
    (41.3) (ア) 収入が増えることよりも労働時間が短くなることが望ましい
    (26.3) (イ) 労働時間が長くなっても収入が増えることが望ましい
    (28.6) 一概にいえない
    ( 3.8) わからない

    Q8 〔回答票8〕 仕事の密度と労働時間との関係について,あなたのお考えに最も近いものを1つあげてください。
    (33.9) (ア) 仕事が若干きつくなっても,労働時間が短くなるほうが望ましい
    (33.4) (イ) 仕事の密度,労働時間とも現状のままでよい
    (14.0) (ウ) 労働時間が若干長くなっても,もっとのんびり仕事をしたい
    (15.5) どれともいえない
    ( 3.2) わからない

    Q9 〔回答票9〕 あなたは,残業することについてどう思いますか。この中ではどうでしょうか。
    ( 7.2) (ア) 残業することは必要だと思う
    (55.8) (イ) 残業することはある程度必要だと思う
    (19.8) (ウ) 残業する必要はあまりないと思う
    (11.9) (エ) 残業する必要はないと思う
    ( 5.4) わからない

    Q10 〔回答票10〕 それでは休日出勤をすることについてどう思いますか。この中ではどうでしょうか。
    ( 4.6) (ア) 休日出勤をすることは必要だと思う
    (31.9) (イ) 休日出勤をすることはある程度必要だと思う
    (31.2) (ウ) 休日出勤をする必要はあまりないと思う
    (27.1) (エ) 休日出勤をする必要はないと思う
    ( 5.1) わからない

    Q11(1) 〔回答票11〕 あなたは,商業・サービス業や公的サービス機関に勤める人々の,週休2日制を進めるためには休業日が増えてもよいと思いますか,従業員は交替で休んでも業務は行うほうがよいと思いますか,それとも週休2日制は行わないほうがよいと思いますか。((1)から(8)までそれぞれについて聞く。)(1)一般小売店(鮮魚店,やおやなど)
    (23.2) (ア) 週休2日制を進めるためには休業日が増えてもよい
    (58.9) (イ) 従業員は交替で休んでも業務は行うほうがよい
    (15.5) (ウ) 週休2日制は行わないほうがよい
    ( 2.4) わからない

    Q11(2) 〔回答票11〕 (2)食堂,レストランなど
    (20.7) (ア) 週休2日制を進めるためには休業日が増えてもよい
    (63.7) (イ) 従業員は交替で休んでも業務は行うほうがよい
    (13.4) (ウ) 週休2日制は行わないほうがよい
    ( 2.2) わからない

    Q11(3) 〔回答票11〕 (3)デパート,スーパーなどの大型店舗
    (18.7) (ア) 週休2日制を進めるためには休業日が増えてもよい
    (64.8) (イ) 従業員は交替で休んでも業務は行うほうがよい
    (14.4) (ウ) 週休2日制は行わないほうがよい
    ( 2.1) わからない

    Q11(4) 〔回答票11〕 (4)病院などの医療機関
    ( 4.4) (ア) 週休2日制を進めるためには休業日が増えてもよい
    (67.2) (イ) 従業員は交替で休んでも業務は行うほうがよい
    (27.1) (ウ) 週休2日制は行わないほうがよい
    ( 1.3) わからない

    Q11(5) 〔回答票11〕 (5)警察・消防
    ( 3.5) (ア) 週休2日制を進めるためには休業日が増えてもよい
    (65.0) (イ) 従業員は交替で休んでも業務は行うほうがよい
    (29.6) (ウ) 週休2日制は行わないほうがよい
    ( 1.9) わからない

    Q11(6) 〔回答票11〕 (6)学校などの教育機関
    (31.5) (ア) 週休2日制を進めるためには休業日が増えてもよい
    (18.7) (イ) 従業員は交替で休んでも業務は行うほうがよい
    (44.1) (ウ) 週休2日制は行わないほうがよい
    ( 5.7) わからない

    Q11(7) 〔回答票11〕 (7)官庁(市役所,役場など)の窓口業務
    (20.9) (ア) 週休2日制を進めるためには休業日が増えてもよい
    (54.7) (イ) 従業員は交替で休んでも業務は行うほうがよい
    (23.0) (ウ) 週休2日制は行わないほうがよい
    ( 1.4) わからない

    Q11(8) 〔回答票11〕 (8)官庁(市役所,役場など)の窓口以外の業務
    (36.5) (ア) 週休2日制を進めるためには休業日が増えてもよい
    (42.7) (イ) 従業員は交替で休んでも業務は行うほうがよい
    (18.4) (ウ) 週休2日制は行わないほうがよい
    ( 2.5) わからない

    Q12 〔回答票12〕 「商業・サービス業や公的サービス機関に勤める人の週休2日制を実現するために,消費者や利用者としても多少の不便やサービスの低下は我慢すべきだ」という意見についてどう思いますか。この中ではどうでしょうか。
    ( 8.6) (ア) 全くそう思う
    (53.7) (イ) ある程度そう思う
    (22.3) (ウ) あまりそう思わない
    ( 7.7) (エ) 全くそう思わない
    ( 5.3) 一概にいえない
    ( 2.3) わからない

    Q13 〔回答票13〕 あなたは,一般的に職業に就いている人の夏休みは連続して何日ぐらいあったほうがよいと思いますか。日曜日なども含めてお答えください。この中ではどうでしょうか。
    (18.1) (ア) 3〜5日
    (46.6) (イ) 6日,7日
    (24.8) (ウ) 8〜10日
    ( 8.3) (エ) 11日以上
    ( 2.3) 特になくてもよい

    Q14  〔本人職業〕あなたの職業は何ですか。(職業の内容を具体的に記入してから,下の該当する項目に○をする。)
    <自営業主>
    ( 3.1) 農林漁業 →フェース・シートへ
    ( 9.7) 商工サービス業 →フェース・シートへ
    ( 1.0) 自由業 →フェース・シートへ
    <家族従業者>
    ( 1.8) 農林漁業 →フェース・シートへ
    ( 5.8) 商工サービス業 →フェース・シートへ
    ( 0.4) 自由業 →フェース・シートへ
    <被傭者>
    ( 2.8) 管理職 →Q15へ
    ( 0.5) 専門技術職 →Q15へ
    (19.6) 事務職 →Q15へ
    (26.5) 労務職 →Q15へ
    <無職>
    (23.7) 主婦 →フェース・シートへ
    ( 1.3) 学生 →フェース・シートへ
    ( 3.7) その他の無職 →フェース・シートへ

    〔Q15〜Q17は「被傭者」のみに聞く,「被傭者」以外の者はフェース・シートへ〕
    Q15 〔回答票14〕 あなたは,夏の間に何日ぐらい連続して休めますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,864)
    (42.5) (ア) 3〜5日 →SQ1へ
    (21.1) (イ) 6日,7日 →SQ1へ
    (13.8) (ウ) 8〜10日 →SQ1へ
    ( 3.6) (エ) 11日以上 →SQ1へ
    ( 6.4) (オ) 何日ぐらい連続して休めるかはわからない →Q16へ
    ( 8.6) (カ) 3日以上の連続した休みはとれない →Q16へ
    ( 0.8) その他 →Q16へ
    ( 3.2) わからない →Q16へ

    SQ1 〔回答票15〕 それでは,どのような方法で休みますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,510)
    (48.5) (ア) 職場で一斉に休む
    (39.5) (イ) 職場で交替で休む
    (11.6) (ウ) 個人の都合で休む
    ( 0.4) その他

    SQ2 〔回答票16〕 あなたは,今年の夏の間の連続休暇を何に使う予定でしょうか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)(既に夏の間の連続休暇を使ったという者は何に使ったかを聞く。)
    (N=1,510)
    (29.9) (ア) 何もしないでのんびりする
    (16.2) (イ) テレビ,ラジオ,新聞,雑誌等の見聞き
    (40.9) (ウ) 家族とのだんらん
    (20.3) (エ) 友人などとの交際
    (14.4) (オ) 軽い運動やスポーツ
    (24.5) (カ) 趣味・娯楽・鑑賞・見物
    ( 6.5) (キ) 読書・学習活動
    ( 2.8) (ク) 地域や社会のための活動
    (14.9) (ケ) 飲食・ショッピング
    (16.8) (コ) ドライブ
    (19.3) (サ) 帰省
    (19.0) (シ) 日帰りの行楽
    (28.4) (ス) 宿泊旅行
    ( 3.2) その他
    ( 2.8) わからない
    (M.T.=259.8)


    Q16 〔回答票17〕 あなたは,去年の1年間に,年次有給休暇を何日とりましたか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,864)
    (26.6) (ア) 1〜5日 →SQaとSQbを聞いてQ17へ
    (22.9) (イ) 6〜10日 →SQaを聞いてQ17へ
    (10.7) (ウ) 11〜15日 →SQaを聞いてQ17へ
    (11.1) (エ) 16日以上 →SQaを聞いてQ17へ
    (22.0) とらなかった →SQbを聞いてQ17へ
    ( 6.7) わからない →Q17へ

    SQa 〔回答票18〕 それでは年次有給休暇を何に使いましたか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (N=1,330)
    (25.6) (ア) 自分の病気
    (12.0) (イ) 家族の病気
    (28.6) (ウ) 冠婚葬祭
    (33.9) (エ) 家庭の都合(冠婚葬祭以外)
    (36.3) (オ) 休養
    (37.8) (カ) スポーツ,レジャー,旅行,娯楽・教養
    ( 2.9) その他
    (M.T.=177.2)


    〔Q16で「(ア)1〜5日」「とらなかった」と答えた者に〕
    SQb 〔回答票19〕 それでは年次有給休暇を6日以上使わなかった理由は何ですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (N=906)
    (16.3) (ア) 病気や急な用事のために残しておく
    (32.7) (イ) 後で多忙になるし,同僚にも迷惑になる
    ( 2.1) (ウ) 仕事が楽しい
    (15.7) (エ) 職場の雰囲気が,年次休暇をとりにくい
    ( 6.3) (オ) 休んでもすることがない
    ( 0.9) (カ) 手続きが面倒だから
    ( 1.5) (キ) 査定に影響するから
    ( 5.3) (ク) 上司がいい顔をしないから
    ( 4.3) (ケ) 精皆勤手当がもらえないから
    (17.4) その他
    (26.8) 特に理由はない
    (M.T.=129.4)


    Q17 〔回答票20〕 あなたは,年次有給休暇の一定日数について,職場で計画的にあらかじめ日を定めて消化することについてどう思いますか。
    (N=1,864)
    (45.3) (ア) 年次有給休暇の消化を促進するために望ましい
    (29.9) (イ) 自由に年次有給休暇をとれなくなるので望ましくない
    (16.4) どちらともいえない
    ( 8.3) わからない

    〔フェース・シート〕
    F1  〔性別〕
    (45.8)
    (54.2)

    F2  〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
    ( 6.3) 20〜24歳
    ( 7.6) 25〜29歳
    ( 9.9) 30〜34歳
    (12.3) 35〜39歳
    (16.5) 40〜44歳
    (11.4) 45〜49歳
    (11.8) 50〜54歳
    (12.5) 55〜59歳
    (11.6) 60〜64歳

    F3 〔回答票21〕 〔世帯収入〕お宅の収入は,ご家族全員の分をあわせて,去年1年間でおよそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか。・・・・・・ボーナスを含め,税込みでお答えください。
    ( 3.5) (ア) 200万円未満
    (18.7) (イ) 200万円以上〜400万円未満
    (25.2) (ウ) 400万円以上〜600万円未満
    (17.6) (エ) 600万円以上〜800万円未満
    ( 8.3) (オ) 800万円以上〜1,000万円未満
    ( 9.0) (カ) 1,000万円以上
    (17.6) わからない

    〔F4以下は,Q14で「管理職」「専門技術職」「事務職」「労務職」に○がついた者に聞く〕
    F4  〔就業形態〕あなたは常勤で働いていますか。それとも常勤ではありませんか。
    (N=1,864)
    (90.7) 常勤
    ( 9.3) 常勤でない

    F5  〔共働きの別〕あなたの配偶者は職業を持っていますか。
    (N=1,864)
    (50.8) 持っている
    (27.9) 持っていない
    (21.4) 配偶者はいない

    F6 〔回答票22〕 〔勤め先の産業〕あなたのお勤め先の産業は,この中のどれにあたりますか。
    (N=1,864)
    ( 0.9) (ア) 農林水産業
    (10.8) (イ) 鉱業,建設業
    (29.7) (ウ) 製造業(食料品,繊維,出版・印刷,機械等)
    (12.9) (エ) 卸売業,小売業,飲食店(商品・材料等の卸売,小売,飲食店)
    ( 5.4) (オ) 金融・保険業,不動産業(銀行・信託,不動産取引,賃貸等)
    (10.2) (カ) 運輸・通信業,電気・ガス・水道・熱供給業
    (19.7) (キ) サービス業(旅館,洗濯・理容,娯楽,医療,宗教,教育等)
    (10.1) (ク) 公務員(国家公務員,地方公務員等)
    ( 0.2) その他

    F7 〔回答票23〕 〔勤め先の従業者数〕あなたの勤め先の従業者は本社,支社,支店,出張所等を含めておよそ何人ですか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,864)
    (29.6) (ア) 30人未満
    (19.7) (イ) 30人以上〜100人未満
    (13.8) (ウ) 100人以上〜300人未満
    ( 9.1) (エ) 300人以上〜1,000人未満
    (16.0) (オ) 1,000人以上
    (10.1) (カ) 官公庁
    ( 1.6) わからない

    F8 〔回答票24〕 〔週休制〕あなたの週休制はこの中のどれですか。
    (N=1,864)
    (24.2) (ア) 完全週休2日制
    ( 4.1) (イ) 月3回週休2日制
    (26.8) (ウ) 月2回週休2日制
    (10.1) (エ) 月1回週休2日制
    (29.9) (オ) 週休1日制
    ( 4.9) その他

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ平成03年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)